× Q 翻訳訳語辞典
nerve   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いきおい
   
borrow some nerve from the sake: 少し酒のいきおいを借りる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 233

   
steady one’s nerves: 気を落ち着ける ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 370
sb’s taut nerves slacken: はりつめた気もぬける 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 38
気分
   
take the edge off one’s nerves: 気分の角がとれる 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 110
耳目
   
hit a national nerve: 全国の耳目を集める ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 17
心臓
   
have a pretty good nerve to do ...: 〜だなんて相当な心臓だ アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 81
神経
   
wear on sb’s nerves too easily: (人が)いるとかえって神経にさわるんだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 164
strike a raw nerve: 神経をぴりぴりさせる タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
lose one’s nerve: 神経がおかしくなっている グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 306
grate on one’s nerves: (だれかの)神経にさわる デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 113
can be quite an assault on the nerves: まちがいなく神経を傷つける プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 87
中枢
   
a nerve center: 中枢部 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 29
痛いところ
   
strike a nerve: 痛いところをつく トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 260
度胸
   
have the nerve to take a chance and hire sb: (人を)思いきって抜擢する度胸をもつ ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 288
get enough nerve: そうするだけの度胸がつく デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 102
   
... get sb’s nerves fine-honed: 〜のせいで頭がしゃんとしてくる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 107
不安
   
lose one’s nerve: 不安に負ける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 181
be in a frenzy of nerves and anticipation: 期待と不安で心は千々に乱れている ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 90
腹をすえてかかる
   
it is the time for nerves now: いよいよ腹をすえてかかる時である クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 254
冷静さ
   
lose one’s nerves: 冷静さを失う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 439
   
have long got on sb’s nerves: とうから(人の)癇にさわっている 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 367

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the rawest nerve: 最も生々しいかんじんな点
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 63
one’s nerves are shot: 気を遣う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 160
one’s nerve: (人の)度胸のよさ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 375
lose one’s nerve: なんだか張り合いがなくなる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 112
lose one’s nerve: 狂乱状態になる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 235
lose one’s nerve: 緊張に耐えられなくなる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 293
lose one’s nerve: 尻込みする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 88
loose one’s nerve: 怖じ気がつく
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 74
hit a nerve: 刺激する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 293
get on sb’s nerves: うるさい
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 85
get on one’s nerves: 頭にくる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 14
get on one’s nerves: 頭に来る
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 119
be one’s nerves: 気のせいだ
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 70
be a bundle of nerves: 心配性だ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 43
what an effing load of nerve: ちくしょう、なんという図々しさだ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 318
toughen up one’s nerve: 意を決する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 40
the nerves begin to go: ほとほと途方にくれる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 12
that works on my nerves: それがどうも面白くない
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 304
summon up enough nerve suddenly to do: 急に〜する気になる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 170
sb’s sullenness gets on one’s nerves: (人の)仏頂づらがカンにさわる
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 214
sb’s nerves are in a pretty poor state: (人は)神経衰弱だ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 43
have the nerve to do ...: 勇敢にも〜する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 292
have got a nerve: 強か者(したたかもの)だ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 193
have bad effect on sb’s nerve: 癪にさわる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 275
have a nerve to do: 大胆にも〜する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 173
have a lot of sense and a lot of nerve: 機転もきくし、性根もすわっている
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 17
get up the nerve to ...: 〜する決心がつく
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 21
get one’s nerves under control: 神経の不安な状態をコントロールする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
get on sb’s nerves: (人を)苛立たせる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 17
get on sb’s nerves: 気ぜわしいと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 18
get on sb’s nerves: 血がのぼる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 58
get on sb’s nerves: 面倒臭くなる
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 96
get on sb’s nerve: (人には)気にくわない
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 26
get on one’s nerves rather: 癪にさはる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 29
get on one’s nerves: 〜が気になる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 64
every nerve in one’s body: (人の)体のすみずみ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 77
even one lose one’s nerve: さすがに(人は)怕くなる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 127
be not one of those guys with iron nerves: 度胸の据わった男ではない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 64
be got a lot of nerve: 傍迷惑なことをするなあ、と思う
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 474
be enough to shake nerves of steel: いくら気の強い女でもあわてるにきまっている
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 40
be enough to shake nerves of steel: どんなにしっかりした女でもあわててしまう
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 42
be enough to shake nerves of steel: どんなに気丈な女でもあわててしまう
as if sick with nerves: おっかなびっくりで
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 237
act as though one’s nerve have failed: 決心の動揺を示す
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 409
a raw nerve with him: (人の)こととなると口がわるい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
certainly have a nerve doing: 〜するとはたいした度胸の持主だ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 216
every nerve in sb’s body: 五体の全神経
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 28
like the sound of a frayed nerve vibrating: ほころびた神経がふるえるとこんな音かと思うような
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 61
make sb glad for the otherwise nerve-grating sth: さもなければ神経に障る〜がそのときばかりはありがたい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 188
have not the nerve to tell sb ...: 〜と(人に)告げる神経を持ち合わせていない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 101
go nerve-dead: 気持ちまで死んでしまう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 293
nerve-drilling:神経にきりきりとくい込む
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 283
nerve-racking:神経をまいらせる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 388
an unpleasant, even nerve-racking task: 神経を使う厭な任務
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 319
be nerve-racking: 我慢比べだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 557
ツイート