× Q  ?  翻訳訳語辞典
breaks
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the sun breaks above the mountains: 太陽が山の端から顔をのぞかせる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 261
sky breaks up into long steaks of blue: 雲の切れ間から青空が覗く ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 447
suddenly the breaks are applied: 急ブレーキをかけられる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 101
Yet he brazenly breaks in during the day: にもかかわらず、ハッカーは白昼堂々と侵入を重ねている ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 259
a bitter laugh of mockery breaks from the lips of younger man: 年若い男の脣から痛烈な嘲笑がほとばしりでる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 222
a cry of pain breaks from one’s lips: 苦悩の叫びが(人の)脣から洩れる ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 146
another voice breaks in: もうひとつの声が割り込む ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 151
that case breaks: あの事件が起きる クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 434
the peace breaks: 平穏があっさりと崩れ去る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
sb’s heart breaks: どうしようもなく滅入る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 103
till the filament breaks: 切れるまで セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 159
the weather breaks down: 天候がくずれる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 78
the sun breaks free of the clouds: 雲間から陽が射しこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
that’s the breaks: しようがない 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 141
reality breaks through to sb: ある実感がにじみ出ている 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 17
one’s face breaks into a good-natured smile: たちまち人が好さそうに相好を崩す 三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 150
nearly breaks one’s heart: ひどいしょげようだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 409
it breaks sb’s heart to think of ...: 〜を考えただけで(人が)泣く フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 413
if trouble breaks out: ヤバい事態が発生したときは オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 67
all hell breaks loose: 大混乱だ 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 26
all hell breaks loose: 地獄を野放しにしたような騒ぎだ ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 216
all hell breaks loose: 天地がひっくり返る騒ぎが持ち上がる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 30
a mood of wild triumph breaks out: 底抜けの勝利のムードにわき返る ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 371
a large fight breaks out: すさまじい喧嘩が火を噴く オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 46
with multiple tea breaks: その上、日に何度もお茶を飲む メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 49
a sarcastic grin breaks over sb’s face: にやりと笑う 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 37
ツイート