× Q 翻訳訳語辞典
Cook   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
起こる
   
what’s cooking: 何が起こるか トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
熟す
   
'They should cook some more,' he said: 「もうちょいと熟さないとね」彼は言った メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 213
焼き物
   
salmon cooked with sorrel: スイパを添えた鮭の焼き物 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 226
炊く
   
can hardly cook one’s rice: 飯も炊けんようになる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 111
料理
   
start cooking: 料理にかかる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 91
料理を用意する
   
have cook: 料理を用意している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 278

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb was cooked: (人)はお手上げだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 177
cooked chicken: すぐ食べられるチキン
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 91
cook for oneself: 自炊する
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 117
get the Cook’s Tour of the house: ひとわたりこの家のなかを駆け足観光旅行させてもらう
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 18
you are cooking with gas: たいしたもんだよ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 408
with no job and nothing cooking: 仕事にも特権にもまったくめぐまれていない
バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 26
the most rewarding eaters sb have ever cooked for: 料理の腕をふるってもてなしがいのある最高のお客
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 11
one’s goose would be cooked: 万事休すだ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 424
leaned to cook with admirable skill: 料理の腕もめきめきあがった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 277
have never been able to cook for sb: 手の込んだおかずを食べさせてない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
give ... to sb’s cook: (人に)料理してもらってくれと〜を届ける
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 133
feel the sun cook: 太陽に身をまかせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 137
feel one’s noggin cooking: 頭がカッカしてくる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 33
do not cook or clean too good: 料理はだめ、掃除は苦手
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 42
cooked food that sb has prepared: (人の)煮炊きした食事
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 155
cook up a storm: いろんな料理を作ってみる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 160
be a good cook: 料理の腕がすばらしい
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 130
give sb a Cook’s tour: 案内で見て回る
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 138admirable
She's a marvelous worker, an excellent cook, and so house-proud!: たいへん働き者で、腕のたつ料理人、そのうえ屋敷の管理にはそりゃ熱心でしてね!
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 22
be a bit of a cook oneself: 料理人はだしだ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 92
eternal sth transmuted by a cook: 料理人の手で見事な変貌をとげたかの普遍的な(物)
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 21
an excellent cook: 腕のたつ料理人
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 22
make a flight from the trouble, in one’s own cook’s dress: 今度の騒ぎで、使っているコックの服を着て、辛うじて逃げ出す
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 135
some cook who had gotten every hen in the coop: 鶏小屋じゅうのめんどりを征服したおんどり
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 106
a gifted cook: 腕のいい料理人
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 131
Suddenly the boy's head hung limp within the crook of the cook's massive arm: 少年がコックの頑丈な腕のなかで急にぐったり首を垂れた
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 81
respected ship’s cook: 料理長殿
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 96
short-order cook: 安直な料理をつくるコック
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
Tweet