× Q  ?  翻訳訳語辞典
keeps
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s religion keeps sb from doing any athletic stuff: 宗教上の理由でいっさいスポーツに手を出さない プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
he keeps on sipping away: ちびりちびりとよく飲む奴だ 丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 11
I’ll bet whatever sock sb keeps sb’s mad-money in is flat: へそくりをカラにしちゃったことだけはまちがいないわね スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 143
one’s laughter keeps bubbling up inside one: (人の)笑いは体の中で尾を引いている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
wrap sb in a cloak of gentleness which keeps sb from the harshness of the world outside: 柔らかな雰囲気に包みこんで(人を)外気から守る 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 129
sb’s elbow keeps jabbing close to ...: 腕がしきりに〜にあたる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 12
Just don't put up with this creep who keeps calling: しつこく家に電話をかけてくる変態野郎がいるけど、相手にしないように カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 127
the drink keeps sloshing over the cup’s rim: カップの縁から中身がぼとぼと下にこぼれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 422
the cocaine keeps flowing: コカインが効いている バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 176
while one is talking, one keeps glancing at sb: (人の)目をのぞき込むように話す 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
the place keeps Saturday hours: 土曜日の営業時間がそこにしるされている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 236
it keeps sb out of house: (人を)外へひっぱりだしている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 234
if this keeps up: この分でいくと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 473
extreme poverty keeps falling: 極度の貧困率がこのまま下がり続ける ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 3
sb’s warmth keeps the winter cold at a distance: 身うちに冬の寒夜をものともせぬ温気がこもる 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 100
be played for keeps: 本気でたたかわされる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 407
one thought keeps leading sb another: いろんなことが次々に頭に浮かぶ オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 76
if extreme poverty keeps falling: 極度の貧困率がこのまま下がり続け ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 3
the mucus keeps rising in one’s throat: 喉からこみ上げて来る 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 12
Who keeps track?: いちいち覚えてませんよ クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 91
ツイート