× Q 翻訳類語辞典

ようやく  

あげくの果て ついに とどのつまり 到頭 必竟 所詮 挙げ句 挙げ句のはて 挙げ句の果て 挙句 挙句の果て 漸く 畢竟 竟に 約まるところ 約まる所 終に 結句 結局 迚もかくても 遂に

いよいよ ややに 初めて 弥々 弥弥 愈々 愈愈

and の訳語→ 〜が、 が、〜 したあげく したまま しては〜し しても だが〜 と〜の別なく ながら のうえ の上で〜する もあり〜もある あげく あるいは いいえね いいかい いましも いやそれより おかげで かつ が、その実〜 けれど ことに さて さらにいうなら さらに付け加えさせて頂くなら しかも したがって してみれば しながら じっさい すると するとどうだろう そういえば そういったとたん そうなったら そうなれば そこへもって来て そしてついに そのあとで そのうえ そのくせ その間 その瞬間 そもそも それからな それだけならまだしも それで それでも それとても それなのに それにさ それにね それに何といっても それも それ故 たびに だいたい だからこそ だけど だの ついては つと つまりな ですから では というわけで とくに ところで とたん とはいうものの ともども どうやら なににもまして なのになんだ なるほど なんで にも ので ふうん まあいい またあとを まだある もうひとつ もちろん やおら やはり ブレンド プラス 以下 以来 一所に 一方 加えて 果たして 含めて 共に 兼ねる 実際 上に 第一 同時に 頼りに ...

barely の訳語→ 〜したかせぬかに そこそこ にも足りない あやうく かすかに かつかつに からくも かろうじて これっぽっちも しかねる すれすれに せいぜい ちょっとやそっとじゃ どうしても なんとか ほとんど ほとんど〜しない ほとんど〜に近い ぼんやりと まだ まともに〜もしない めったに〜ない もう少しのところで ものの ろくに ろくに〜しない ろくに〜ない 何秒とたたぬうちに 危うく 手を加えていない 足らず

before の訳語→ ・・・から〜する から、また し、やがて〜 したあとで したところで したのは した末に、はじめて して〜する してから〜する しないうちに しないように しなければ、〜ない するまで するまでには する暇もなく ということになって、やっと に先立って ぬうちに まで〜しない までに よりも早くに を待たず うち かつて から けっきょく最後には この前 これまでに さっきまでは してはじめて そこへ その前に それからやっと それまでのあいだ とうに ないまま なかで にあたって には ぬ先から はじめて ひまもなく ふくまれていない まだ〜しかねているうちに まだ〜しないうちに まだ〜でなかった時代 まで までは もうそろそろ やっと よりはやく より早く 以前 以前にも 一足先に 一度も 暇もないうちに 過去に 眼前を 近い 後に 後まわしで 今まで 今度は 最後は 際に 真ん前に 先から 先に 先刻 前に 前にも 前もって 前回 早くに 置いて 直前 途中で 抜きで 面前で 目の前に 目の前の 目前に ...

eventually の訳語→ 〜が落ちである したら今度は の末 あちこちたらいまわしにされたあげく あとで ある日 あれこれ〜した結果 あれこれ相談の末 あわてて いずれ いずれは いつか いつしか いつの間にか しだいに しばらくしてやっと しまいに しまいには そうこうしているうち そのあと そのうち そのうちに それでとうとう そんなことから〜になった そんなことをしたら〜してしまう そんなこんなで、ついに だんだん つまるところ とうとう のちに まもなく やがて やがては ややあって ゆくゆくは 何時の間にか 窮極のところで 業を煮やした 今度こそ 最後に 最後には 最終的に 最終的には 思いあぐねて 終る 辛くも 当然

finally の訳語→ 〜しはじめる するに至る のやむなきに至る あげくに あれこれの末に いったん いつかは ここらで この時になって これで しかたがないから しばらくして しばらく考えた末に しびれをきらして しびれを切らしたように しまう しんがりに すっかり ずいぶんたってから そして そしてそうこうするうちに そしてそれが終わると そしてやっと そのあとに そのうちにやっと そのときになってようやく そろそろ たまりかねて ついに奥の手 とうとう我慢できなくなったのか はっきり ばかりは ひいては ひとしきりして まして もうのっぴきならない やっとのことで ようやくのことで ようよう 意を決したように 意を決して 一応 運命的な 押し問答の末 久しぶりに 決定的な 結果 結果的には 結局のところ 結論からいうと 結論に 考えたあげくに 行きつくところまで行きついたとき 最後のほうは 最後の最後になって 仕方がない 仕方がないから 思案の末に 初めのうちこそともかく 少しあとで 辛うじて 辛抱しきれなくなる 晴れて 遅まきながら 長い道程だった 突如 無事に

fully の訳語→ あまさず いやというほど しかと しっかり すべてを ちゃんと つくづく てっきり はっきりと まったく まともに まる まるまる もっとも よく スーツ フル 一通り 完全なかたちで 完全に 喜んで 充分 充分に 十二分に 詳しく 是面的に 正直に 精密 洗いざらい 全部 揺るぎない

gradually の訳語→ いつのまにか しだいに〜してくる すこしずつ だんだんと どんどん ひとつひとつ細かい階段を踏むように ぼつぼつと ゆっくりと 次第に 徐々に 少しずつ 漸次 段々と

laboriously の訳語→ あえぎあえぎ たどたどしく だいじそうに ていねいに のろのろと 営々として

last の訳語→ いちばん奥 いまの いよいよという がかり ぎりぎりの ここ この これきり しまい しまいの しんがり しんがりの せんだって それまで つづく で終わる なごりの はずれ ぴんとしている まっとうする もっとも〜ない もつ 何よりも 過去 解けぬ 去り際に 見おさめとなる 今年の 最期の 最近の 最後 最後の 最後のひとり 最後の生き残り 最後の部分 最後部の 最終 残った 死ぬ前の 切れ端 先ほどの 先刻の 先年の 続く 長つづきがする 長持ちする 直前の 吐きすてる 別れの 亡くなる 末っ子 末期の 唯一の

nearly の訳語→ 〜しかける しそうになる くらい あらかた あわや いいかげんに うっかり かける かなり かねない かれこれ かれこれ〜近く けんまく さながら すんでに すんでのことで すんでのことに たいがい たいてい ちかい ちょっと どうにか ばかりに ひどい ほぼ もうかれこれ もうすこしで よほど〜と思う 一時は〜に見える 危うく〜しそうになる 近く 今にも 身近で 大方 同然だ 殆ど

now の訳語→ 〜が済む あたり あとは あらためて いい? いいから いい加減に いまこの瞬間 いまさら いまだから いまとなっては いまにして いまにも いまは おやおや が、いまは こうなっては ここから先は ここでは ここは このとき この期になって この時点で これでやっと こんどはやおら さあってばさ さてと しばらく前から すでに そうよ そこにゆくと そのため そら行け それでは でも とうとうきたよ ところが とりあえずは なら はじめる はやくしろ まあ まずは もう もうすっかり もとより もはや よーし ようやく〜になる んーと 一刻も早く 何はともあれ 近ごろ 近頃 現在 現在では 現代では 後で 此の頃は 今から考えると 今こそ 今さら 今でも 今となっては 今にして思へば 今になって 今の 今のところ 今は 今はもう 今や 今後は 今更 今度ばかりは 今日 最近では 事情を聞いてみれば 早くも 待て 当面の 目下 ...

only の訳語→ 〜ぐらいなもの しかない ですむことである にすぎない の域を脱していない をどうにもできない 以外立入禁止 あくまでも あとはただ〜 いかにも いつも決まって かえって〜する かぎる かりにも きり こそなれ さえ さもなければ〜もせぬ しょせん じゃなきゃあ すくなくとも せめて そこそこしか たかが たたでさえ ただ〜である ただし ただの〜 ただもう たった だけ だけだ だけは ちょっと〜しただけ つい でしかない でならない といっても とどめる とにかく なにぶんの のみ はじめての はやい ばかり ひとえに ひとつしか ほかない ほかに〜はない ほんの まぎれもなく まだほんの まだやっと まったくの までだ むしろ むろん もっぱら よく見ると わずか 一心で 何でもない 何とか 何のことはない 却って 限らず 弱冠 専用 他にはない 変りはない 本当に 無二の 目標を限り 唯一 ...

rare の訳語→ いつになく いつもならほとんど〜しない きちょう ごくまれ ざらにはいないりっぱな ざらにはお目にかかれない そうそうはない たまたま たまの まれな まれに見る めずらしく めったにない めったに経験することのない めったに見られない めったに味わうことのない 異例の 一時的の 奇蹟的な 希少価値が高い 希有な 稀な 貴重な 珍しい 滅多にない

reach の訳語→ あがってやってくる ある いたる かがむ からみつける きこえる くる こえる さぐる さしかかる たどりつく つかまる つかむ つく つないでもらう なる のばす のぼりつめる ひろがり もぐりこむ もたらされる ポスト リーチ 悪があがきする 会う 開ける 勧める 陥る 帰る 響く 近づく 行く 四面楚歌 取り上げる 手がとどく 手が伸びる 手に取る 手に落ちる 手をかける 手をさしのべる 手をつける 手をのばす 手をやる 手を触れる 手を伸ばす 手を突っ込む 手を入れる 拾いあげる 出てくる 出る 上がる 触れる 伸ばす 浸す 染み渡る 達する 探りあてる 探る 知れわたる 通じる 突き止める 届く 届けられる 入りこむ 入りする 入る 入れる 飛びつく 漂ってくる 付近を通り過ぎる 無理をする 来る 落ちる 連絡がつく 連絡をつける 連絡をとる 腕をさしいれる

reluctantly の訳語→ いいにくそうに いやいや おずおずと おそるおそる しにくい しぶしぶ しぶしぶながら しまいとする なかなか のそのそ はずまぬ口調で やむなく 気重げに 泣き泣き 仕方なく 釈然としない気持で 重い足どりで 寝起きの悪い 心ならず 心ならずも 心をのこしながら 惜しむように 大儀そうに 不承不承ながら 未練げに 未練たっぷりに

scarcely の訳語→ 〜に及ばない できないほど むりだ ろくすっぽ 読む

somehow の訳語→ 〜だが でまた ある意味で いささか いずれは〜だろう かえって そしてなんとなく それでいて それとなく とかく とにもかくにも ともすると どういうものか どういう方法でか どうかこうか どうかすると どうしてか どうしてかはわからんけど どうしてだか どうにかこうにか どこか どこかで どこからか どことなく どことはなしに どこをどう迷ったものか なぜか なにかの折に なんだか なんとかして なんとなく なんらかのかたちで なんらかの形で なんらかの手段で なんらかの方法で ひどく ひょっとしたら ひょっとして もしかすると 何か 何かしら 何かの拍子で 何がなし 何となく 何らかの 奇妙に 気がついたときには 懸命に 心なしか 多少 多少なりとも 必死で 不思議に

then の訳語→ が、たちまち〜 してから あとから あのころ ある日のこと おまけに が、それもつかのま けれども ここにおいて この際 これでも こんどは さらに しかし しかるのち しばらくすると じゃ すぐ すぐまた そういっていただくと そうこうするうち そうしておいて そうすれば そこで そこまでいって そしてほどなく そのあとは そのうちにまた そのたびに そのときになって その後 その頃 その場合 それ それから先は それが済むと それでは一つ それを聞くと そんなら だが だったら だとすれば ついで つぎの瞬間 つづけて と、そこで ところが、そのうちに ところがつづけて ところがどうだ とすると とすれば となると と言う傍から と思ううちに と思うと にもかかわらず ふたたび ほどなく また もうあとは もしそうだったら よしよし 一瞬、間をおいて 間もなく 急に 結局は 後は 思いなおしたように 思うと 次には 次の瞬間 次の瞬間には 少したってみると 続いて 遅まきながら、やっと 突然 二度目は 年月が流れ ...

till の訳語→ 〜したら して しないうちは なくらい あれでは ならぬうちに 前には

until の訳語→ 〜し、〜する したあとまで したとき するうち〜 するほど する段になると ときは ならないうちは ほど が、やがて〜 こんどの したときには しないうちから しなければ ついには ついには〜 と、 と〜するうちに ほどに までの間 やがて〜 気がついてみると 遂には

そのほかの「よう」で始まる語句・表現

よう ようく ようこそ ようし ようす ようすである ようすをうかがう ようすを窺う ようすを見る ようだ ようで ようである ようですな ようですよ ような ようなことは ようなもの ような気 ような気がする ような男 ような真似をする ような顔をする ような類の ように ようにして ようにする ようになる ように映る ようやく〜する ようやくまた ようやく取り掛かる ようやく止まる ようやく言う ようよう


ツイート