× Q 翻訳類語辞典

ただ  

ただただ ひとり もっぱら 一に 偏に 単に 只々 只只 唯々 唯唯 啻に 壱に 専ら 独り

たった 一人 僅々 僅僅 高々 高だか

although の訳語→ 〜くせに しつつ だというのに とはいえ ながら にしろ はありながら いくら〜 かといって くせに しかしまた じつは〜だけれど それなのに ただし でも といって もっとも もっとも、〜だけれど もっとも〜 もっとも〜だが わりに

anyway の訳語→ 〜しまった に変わりはない いいから いずれにしても いずれにしろ いずれにせよ いずれは いまとなっては いやでも かまわず けど ことに さて じゃあ すでに せいぜい せめてもの そうでなくたって そもそも それでなくても それでも それなりに それに それにかまわず それにしても それにしても、とにかく それにまあ それにもかかわらず それはさて それはさておき それはそうと それはともかく それはともかくとして ただでさえ たとえそうなったとしても だいたい だが ちっとは でなくても でも、とにかく とにかく とにかくね とにかくよ ともあれ とりあえず とれはともかく どうせ どう転んでも どっちにしても どっちみち どのみち どの道 なにぶん ま、それはいい まあ まあ、これでとにかく まあいい もともと やっと わたしとしては 一応 何しろ 少なくとも 第一 念のために

bum の訳語→ おやじ ならず者 めぐんでもらう ろくでなし わるい 手抜き

except の訳語→ 〜だけが例外で でなくて ないかぎり はこの限りではない を別にすれば 以外 いないわけではない いや かぎる ただ・・・・・ ただ〜するだけだ ただ〜だが ただ〜だけ ただ〜だけだ ただ〜程度だ ただし〜はしない ただひとつ見当たらないのは〜 だけの だとすると ちがっているのは・・・の点だけだ ところが 外に 強いて言えば 限る 惜しむらくは

however の訳語→ いかなる〜にせよ いや、しかし おまけに が、 これに反して しかし しかしですね そうかといって そのくせ その代り それでもあえて それに反して そんな〜ではあるけれど ただそれが たとえ〜でも ですけど ところがどうして とはいうものの どうであれ 一方

instead の訳語→ 〜どころか はなくて よりも あきらめる かえって さしおいて しかたないから そこで そこで、そのかわりに そのかわり そのかわりに それは思いとどまって そんなことより では ところがなんと ところがなんとしたことか のみならず ひとりでに むしろ 案に相違して 以外に 意に反して 思い直して 直す

meaningless の訳語→ からな くだらないこと そっけない 愚劣な 出鱈目みたいな 唐突すぎる 無意味 訳の解らない

merely の訳語→ 〜したまでである じゃないかな だけ に過ぎない なり じゃ ただ〜したかったまでである ただの〜だ ちょっと ちらりとでも ばかり ばっかり ほんの まったく 辛うじてかすかに 単なる 黙って

nothing の訳語→ 〜だったわけではない いや、べつに お流れ けっして〜ではない ご破算 ささいなこと すべて〜ない ぜんぜん無名の どうでもいい どれひとつとっても〜ない どれもこれも ない なしのつぶて なにごと なにごとも〜ない なにひとつ なにも なにも〜ない なんとも なんら に¥何も ひとこと べつに まったくなにひとつ もののかずではない ものの数ではない ゼロ 一切しない 一切ない 一度も〜しない 何か 何でもない 何とも 何につけても〜ない 何の〜も〜ない 何ひとつ 何ほどのこともない 何も〜しない 何も〜はない 何一つ 何物でもない 虚空 仕方がない 重要でも何でもないこと 他愛もない 地図にも載っていないような小さな 別に 返答なし 無内容な 名もない 有象無象 屁みたいなもの

perhaps の訳語→ 〜か かな かな? かも かもしれない か何か したようだ じゃありませんか だろう だろうか だろうと思う ではないか ではないかと思う というところかな という感じですね と言えようか のであろうか は考えられる あるいは あるまいか いい いくらなんでも おそらく おそらく〜のだ おそらくは かしら かも知れない きっと きっと〜 きっと〜だろう ことによると こともある しいて言えば してくれないか してみると しょうが そう そういうことになるかな そういうことになるかもしれない そろそろ〜かもしれない ただ〜のきらいがある たとえば たぶん たぶん〜にちがいない だと思います つまり できれば というところだろうが どうやら〜らしい どちらかと言えば なにか〜は? にも ひょっとすると ひょっとすると〜かもしれない まるで もしかしたら もしかすると もしかすると〜かもしれない やや らしく 察するところ〜に違いない 場合によっては 多分 多分に〜かもしれない

plain の訳語→ あたりさわりのない ありきたりの おもてにでる くだけた すっきりと そのまま ただの なにも芸のない なめらかに なんの変哲もない はっきりする ふつうの わかりやすい シンプルな 隠しようがない 月並みな 見栄えのしない 質朴な 十人並み 素通し 単純 不器量 平原 平野部 並みの器量 本物の 明々白々

purely の訳語→ 〜でしかない あくまでも ごく 根も葉もない 純粋に 純然たる 全く 素朴な

quite の訳語→ あまり あんまり いっこうに いとも いまにも うまく うんと えらい えらく かなり かなりの かなり手きびしく がらりと きれいさっぱり きわめて くらい けっこう この上なく ごくごく さっぱり しかと しかとは じつに驚くべき すぐ すこぶる すごく すっかり すばらしい そのもの それこそ たいした だいぶ だた ちっとも ちょっとした つい とっくの とんだ どうしても どうにも どうも なかなか なかなかの なるほど なんとも言えなく はっきり はっきりとは ひしひしと ひとしきり ぴったり へべれけに ほとほと ほとんど ほぼ ほんとうに ほんとに もう もちろん もっと ゆうに よく よくよく大した よほど よほどの ナンバーワン 一向 何だか 完全な 完全に 顔負けの 結構 厳密に 実に 充分 充分ある 十分 重々 少しも 少なからず 心から 随分 全部 相当難儀な 多少は 大した 大分 如何にも 満ちる 妙に 明らかに 露ほども

rather の訳語→ 〜が先だ とも思える ほうがいい ほうがまだましだ いいかげん いかにも いくらか いささか いっそ いっそ〜したい いつになく かわりに このさい さすがに さぞ すこし ずいぶん それはもう それよりか だったら つとめて ではなく というより というよりは ともすれば どことなく どちらかというと どちらかといえば なかば なくって なんだか なんて なんとなく なんとはなしに はなはだ ばかに ひどく まずまずの まだまだ めっきり ややともすると より正確には わざと わずかに わりあい 案外 依然 何の 感じの 気味 極めて 近い 思いのほか 小さな 少々 少しばかり〜 頗る 心持ち 多少 避け

sheer の訳語→ すごい その どうしようもない 際立った 純粋な 単純に 天啓ともいうべき 途方もない 比類のない 不退転の

silently の訳語→ おとなしく さめざめと しずかに じっと そっと だまったまま だまっている ひそかに ひそやかに ひと言も話さない ぼんやりと まじまじと もくもくと ものも言わずに 暗に 暗黙のうちに 一言も言わない 押し黙り〜する 音もなく 音を立てずに 何も言わずに 何も答えないで 口の中で 心の中で 心の中では 心中ひそかに 声には出さず 声は立てずに 声もなく 声をのんで 静かに 足音忍ばせて 沈黙がちに 動かぬ 物も言わずに 密かに 無言で 無言のまま 黙々と 黙ったまま 黙りこくって 冷静に

solitary の訳語→ たった一人 ひとりで静かに ぽつんと ポツンと 孤独な 自分ひとりの 人ッ子一人いない寂しい 人気のない

sometimes の訳語→ 〜ことがある することがある することもある することもあるもんじゃよ することもしばしばである という例もある によっては も珍しくない ある あるときには あるんです ある時は いつも えてして しばしば するいっぽう することが たまには ちょいちょい ちょくちょく ついつい ときおり ときたま ときとして ときどきある ときに ときには どうかして どうかすると どうかすると〜することがある まま ままある ままあること めずらしくない めずらしくはない 或時は 往々にして 往々にして出てくる 何度か 間々 時々 時たま 時として 時とすると 時には 時によっては 時によると 時もある 俗に 例だってある

that の訳語→ 〜から っての という事実 以上 あっちのほう あれじゃあ あんな あんなに いつものように いまの かの こいつ こいつは こと この これが さっきの そういう そういえば そこ そっち その程度のことは その分 それ それだけ そんなの そんなもの そんな訳で とでもいったような などと には まあそんなもの 気がして 情報 世の中 先ほどの 彼の 様子 類のもの 例によって 例の

though の訳語→ 〜しているくせに すると だとしても とはいいながら と前置きしたうえで ながらも にしても のわりには ああ いいえ しかしながら しかも そして だけどね だだし ではあったものの というのに といっても どうも何だね ないにしろ むろん 元来〜であるが 他方 反面

totally の訳語→ あまりに いちめんだらけ がらっと きわまる ぐったりと しまいまで ずっと とことん とても とりつく島もない どうしようもなく どこから見ても ひとくちに言えば まことに まるきり まるっきり まんざら ものの見事に 何も 格段の 完全にいかれた 完璧に 根本的に 甚だしく 全然 大丈夫だ 断じて 文句なしだ 文句なしに 殆ど 本格的に

simply の訳語→ 〜とだけ あっさり あっさりした口調で あながち あまりにも かろうじて さっさと さりげなく ざっくり そっけなく ただ〜するばかりである ただそれだけ ただひたすら ただ単に たんなる とばかり とりもなおさず のだ のっけから のらりくらりと はじめ ふっと ほんのちょっと ぽつりと まさに まず までだ めんどうなことはせずに やっとのことで 易々と 一言だけ 一口 何もしないで 皆目 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 素直に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 到底 頭から 猛烈に

そのほかの「ただ」で始まる語句・表現

ただ〜するばかり ただ〜の感はあったけどね ただいぶかるばかりだ ただいま ただうろうろと ただごとではない ただごとではない音 ただし ただし〜ならべつ ただしい ただしく ただし書き ただし書きのない ただじっと ただす ただただ ただただ、〜と祈るばかり ただちに ただでさえ ただでもらえる ただなかで ただならず ただならぬ ただならぬ気配 ただならぬ緊張 ただならぬ表情 ただの ただの〜にすぎない ただのいちどもない ただの一度も ただの笑いもの ただの紙クズ ただはすみそうもない ただひたすら ただひたすら繰り返す ただひとこと ただひとつの ただひとりの ただみたいなもの ただもう ただやたらに ただよう ただよってくる ただよわせる ただらぬ ただれている ただ今 ただ呆然と ただ夢中で ただ無意味に ただ者ではない ただ通りすがりに ただ驚嘆のほかはない


ツイート