× Q 翻訳訳語辞典
roar   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ざわめき
   
the pleasing, distant roar of Broadway: はるかなブロードウェイの快いざわめき O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 194
どよもし
   
the roar of the city arises like muffled drums: 外からはパリ市のどよもしが、まるで葬送用の鼓隊のように送られてくる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 134
ひろまる
   
roar in the air like a flight of bees: まるで蜜蜂が唸りをあげて宙を飛ぶような勢いで町中にひろまる カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 45
わめく
   
roar roar: わめいたのなんの ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 284

喚声
   
thunderous roar: 雷鳴のような喚声 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
歓声
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 251
叫び
   
hot roar of the stadium crowd: 熱狂的な観衆の叫び トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 145
轟然と〜する
   
roar overhead, lost in ...: 頭上を轟然とかすめ去る マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
吹き荒れる
   
roar through one’s head: 頭のなかで吹き荒れる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
大きなうなりをあげる
   
start with a roar: 大きなうなりをあげて発進する スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
大笑いする
   
roar at oneself: 自分の冗談に大笑いする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
胴間声
   
answer with a roar: 胴間声で答える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 90
拍手喝采
   
Abel was delighted by the roar that went up and smiled to himself: アベルは拍手喝采に酔って内心ほくそえんだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 22
爆音
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 385
吼えたてる
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 314
咆哮
   
the roar of eternity: 永遠の咆哮 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
can hear ... above the roar of the winds: 風の咆哮に乗っかるようにして〜が耳に入ってくる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 120

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

roar with laughter: 笑いころげる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 167
roar with laughter: 大口をあいて笑う
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 140
roar with laughter: 腹を抱えて笑う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
roar with laughter: 呵々大笑する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 236
roar with laughter: 哄笑する
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 188
roar so loud: いきなりワッと大声をたてる
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 17
roar out lustily: どっと笑い出す
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 95
roar of laughter: 哄笑
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 88
roar down the road: 暴走する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
roar by ...: 〜の舷側をうなりをあげて過ぎ去る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
game roars: 熱戦がくりひろげられている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 286
be roaring low: 轟然たる低空飛行にはいっている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 9
a loud roar: どおと激しい音
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 114
there came a great roar of sound: 大きな音が轟いた
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 17
the roar of the crowd: 地の底から湧き上がってくるような群衆のどよめき
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
roar with such fury that there is instant silence: 〜のはげしい一喝で、たちまち教室内は静まる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 101
roar with laughter at ...: 〜に大笑いする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 276
roar through the night: 轟然と闇を裂いてゆく
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 91
roar support for sb: (ひとに)大声援を送る
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 108
roar down on ...: 〜の上に轟々たるうなりをあげてのりかかる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 150
one’s voice roar out at sb: 雷のようなどなり声が(人の)鼓膜をふるわせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
it its the rush and roar of rain that sb typified: (人の)予言したのは、沛然たる豪雨の来襲だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 185
give sb a solid roar of appreciation: 吠えるような喚声をあげて(人を)迎える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
give off a deafening roar: 大音響を発する
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 416
every valley is filled with the roar of floodwater: 谷川という谷川は水量をまし
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 162
a roar in the water: 水がじゃぼじゃぼと鳴る
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 9
a great roar went up from the crowd: ぐおっと吠えるような喚声が客席からあがった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 385
roar out for ..., ... and all the ...: 〜の〜のと、ありとあらゆる〜をよこせとわめく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
roar by the Ulysses: ユリシーズの舷側をうなりをあげて過ぎ去る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 155
a deafening roar: 耳をつんざく大音響
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 199
a deep, muffled roar: ずしーんと底鳴りのする轟音
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 294
be engulfed in the roar of exploding bomb, the rattle of the guns replying: 爆音と砲声がたちこめている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 42
roar out for ...: 〜をよこせとわめく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 33
crowd’s roar gathers throat: 観衆のどよめきがひときわ高まる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 241
the muffled roar: にぶい轟音
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 321
a muffled roar: にぶい爆発音
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 342
over the roar of the engines: 爆音に消されぬ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 127
the roar of the crowd as the pack rounded the third turn and went hell-for-election down the backstretch: 第二コーナーをまわった馬群が猛烈な勢いでバックストレッチに入っていくときのあのどよめき
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 233
the roar of exploding bomb, the rattle of the guns replying: 爆音と砲声
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 42
Tweet