× Q 翻訳訳語辞典
self
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
   
return to one’s normal self: はっと我に立ち帰る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 240
rejection of the “small selfin favor of the “larger self”: 小我を捨てて大我を取ること 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 164
   
one’s other self: (人の)別の顔 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 135
   
my true self: 自然な私 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
自分
   
childhood self: 子供の頃の自分 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 156
存在
   
diminishing what little remains of sb’s sense of self: (人の)存在のわずかな気配すらもかき消すような言い方だ フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 52
   
tan one’s leathery old self: なめし皮みたいな色のくたびれた体を焼く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 371

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

sb’s ... self: 〜としての(人)
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 47
one’s solitary self: 孤独
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
egotistical self: 己れ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
the reasoned conviction of a self governing body: 自治を旨とする個人の確信
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 100
learn the dynamic nature of the physical self: 自然界のエネルギーの性質を学ぶ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
it is just sb’s normal self: いつもこうなのだ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 69
be your own charming self: 持ち前の魅力を発揮しろ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 246
be one’s usual relaxed self as one walk silently: いつもの通り沈黙がちに落付き払った歩調をすまして運んで行く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 78
be one’s old self again: もとどおりの〜になる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 33
be one’s invariable self: ふだんとまったくかわらない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 226
be not one’s usual self: まるで平生と違う
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 99
be back to one’s fast-talking, good-natured self: さっきと同様、上機嫌な早口にもどる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 231
be a severe blow to sb’s self esteem: 〜が、(人の)自尊心を傷つける
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 103
another side of oneself, a separate self altogether: 半面の(人)でありもう1人の(人)
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 273
a coldly impartial scrutiny of one’s inner self: 冷たい眼で自分を内省する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 41
be absolutely self-contained: このうえなく落着き払っている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 127
absurd self-assurance: 厚かましさ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 251
unlike one’s accustomed self: (人の)柄にもなく
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 294
engage in self-serving activities: 自己保身策に走る
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 54
have actually exhibited self-control: 自己抑制に成功してきた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
adopt the tone of one who explains the self-obvious to a child: 自明の理を子供に説明する大人のような口調になる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 89
somewhere beneath the sweet agony of self-denial: この悩ましく甘い自己放棄の裡に
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 87
speak with the self-congratulatory air: その声には自己満悦の響きがある
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
jazzed-up air of self-importance: 強調された尊大な雰囲気
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
the natural air of self-sufficiency and self-congratulation: ごく天然自然なので文句を言う気にもなれぬ自画自賛
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 111
all sb’s self-control helps sb: いかなる自制も無力である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 46
it took all one’s self-control to prevent sb from doing: その瞬間、〜しそうになったが、やっとのことでおさえた
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 164
sb’s almost Oriental self-effacement: (人の)東洋的なまでの自己消去
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 466
be not always self-consciously aware of ...: 〜は必ずしも常に(人によって)自覚されているとは限らない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 31
feel a sort of amused self-satisfaction: 一種の小気味のいいおかしさがある
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 151
some people’s appearance is at war with their self-image: 人によっては、自分自身のイメージと外観がまるでずれていることがある
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 107
be a self-professed exponent of the arts of ...: 〜というテクニックの主唱者をもって認じる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 503
an atmosphere of self-conscious boosterism: 〜をしっかり意識して盛り上げた雰囲気
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
complete with attendants at self-serve islands: 従業員をセルフサービスのスタンドにおく
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 20
beaming self-satisfaction: したり顔でにやりとする
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 132
because one is self-employed: つまり(人は)自営業者だ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 40
begin self-consciously: 少し困った口調で言う
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 80
be being one’s true self: まさに(人の)面目躍如
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 267
Your investigator loses something besides his self-respect: 調査員、自尊心のみならずほかのものも失う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 179
be best left alone to enjoy one’s own self-importance: そうしてのさばらしておくより仕方がない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 181
don’t think my self bound in Honour to discover: なにもお目にかけることもあるまいと思う
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 40
like a black-eyed shadow of sb’s former self: ありし日の(人の)おとろえはてた影というありさまで
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 141
in self-appointed blaze of glory: 一人よがりな理屈をつけて栄光の炎に包まれて
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 571
feel a blip of self-irritable disgust at sth: 〜にいい加減うんざりする気持ちも、心の片隅に点滅する
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 204
stand between sb and a severe bout of self-castigation: 猛烈な自己懲罰の衝動をかろうじて抑えることができる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 81
self-conscious campaign: 隠密作戦
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
with self-confident candor: 確信に充ちた率直さで
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 145
one individual’s capacity for self-appreciation: 一個人がどこまで自分を讃えられるか
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 213
Human beings are ceaselessly ingenious when it comes to self-gratification: 古今東西、自分の欲望の満足にかけちゃあ、人間はえらく頭がいいからな
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 100
be self-centered: 虫のいい
志賀直哉著 マクレラン訳 『暗夜行路』(A Dark Night's Passing ) p. 167
childishly self-indulgent behavior: 子どもじみていて、得手勝手な態度
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 265
chilling self-disgust: 身の毛もよだつほどの自己嫌悪
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 326
self-forgiveness doesn’t come easy: 簡単にはあきらめられない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 551
shift the weight of sth on one’s shoulders self-consciously: (物の)重みをもてあましてもじもじする
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 292
give sb considerable self-respect: 自負を抱く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 238
with the self-assurance and disdain for conventional manners: 確たる自信にあふれ、旧来のやりかたを軽蔑する
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 210
loop it self about a corner of thick set spruces: おいしげったえぞ松の木立のはずれを弧をえがいてめぐる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 57
the only safe course is self-reliance and self-defense: 自立自衛以外にたのむべきものがない
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 97
a model of courteous self-criticism: 折り目正しい自己批判の鑑
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 113
self-serving crap: 自己擁護のたわごと
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 365
self-consciously declare oneself the progenitor of a new kind: 新種族の父祖をもって任ずる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 83
declare with evident self-satisfaction: 自慢する
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 23
have the tone of voice of a self-declared expert: 声はつねに、いかにもその道の権威めいた自信と自負に満ちあふれている
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 224
love sb enough to forget oneself, one’s self-pitying despairs: 〜にたいする愛情がこみあげてきて、あとに取残される自分を憐れむやるせなさを忘れる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 113
the slogan devised by some self-helper: 誰かが生き方ハウツー本の中で言った格言
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 105
self-irritable disgust at sth: (物に)いい加減うんざりする気持ち
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 204
take the first, long, self-indulgent drag: 最初の一服を思いきり長々と吸いこむ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 416
be drawn by its unflinching self-assurance: そのゆるぎない自信に魅了される
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
enough to make one drown one’s self in one’s own lock: 物寂しいとはこのことだ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 86
be entitled to self-determination: 自決権がある
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 178
He presented his natural self large, rough, expansive: そこにあるのは本来の彼、大きくて、がさつで、尊大な自己をむきだしにした姿だ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 267
face the absolute, closed self-sufficiency of sb: (人の)絶対的で閉鎖的な自己充足と顔をつきあわせる
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 239
man showing the most self-indulgent amae toward his family: 身内にべたべた甘える者
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 39
be on fire in the self-consuming fashion of the sun: 太陽さながら、みずからを消耗させて燃える火に焼かれている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
feelings of self-reproach: 自責の念
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 148
with self-conscious grace and fine form: 自分でもそれと解る程鮮やかな裾さばきで
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 48
flick one’s cigarette ash self-consciously: まだ落とすに及ばない煙草の灰を落とす
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 49
monstrous forms of self-torture and self-denial: 見るに耐えぬ、自己虐待と自己否定
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 193
Rarely did Richard Vallery break through his self-imposed code of formality: リチャード・ヴァレリーが、みずからに課した謹厳の掟を破るなど、めったにないことだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 143
speak unconsciously like one’s former, not one’s latter, self: 無意識のうちに現在の自分ではなく昔の自分に返って言う
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 58
former self: 昔の自分
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 50
The fruit of many years of pointless self-discipline: 長年にわたる意味のない自己訓練の賜物だ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 25
They were tears of self-pity he thought, and he rubbed them furiously away: 自己憐憫の涙だ、と思い、彼は荒々しくその涙を拭いた
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 358
a fussy, self-important old man: あんな口やかましい、一人天下のおやじ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 31
one’s only gesture of self-assertion: 唯一の自己主張のしるし
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 14
self-confidence would give out: 自信もつぶされてしまう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275church
ツイート