× Q 翻訳訳語辞典
uncomfortable   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いやな感じ
   
It was unbelievably cold and uncomfortable: 信じられないほど冷たくて、いやな感じでした プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 298
きまずい
   
there is an uncomfortable silence: みんな気まずく黙りこんでしまう ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 169
ぞくっとする
   
sound most uncomfortable: ぞくっとする アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 21
つらい
   
it would be more uncomfortable to do ...: 〜なほうがどのくらいつらいかしれやしない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 37
まずい
   
make sb very uncomfortable: 何となくまずい 吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 102
やりきれない
   
an uncomfortable sort of age: どうもやりきれない年頃だなあ ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 107
やりにくい
   
look uncomfortable: やりにくそうだ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 29

安心できない
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 78
間のわるい
   
feel embarrassed or uncomfortable: 間のわるい思いをする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
間のわるさ
   
this is the uncomfortable result of sb’s surprise: とっさに感じた間のわるさからだ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 29
間の悪いような
   
look acutely uncomfortable: 何とも間の悪いような顔をする 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 126
気まずい
   
uncomfortable silences: 気まずい沈黙 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 38
rather uncomfortable silence: ちょっと気まずい沈黙 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 75
just as things grow uncomfortable: 気まずくなったとき アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 105
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 185
気重さ
   
not to let sb know how tense and uncomfortable one felt with sb: 落着きのなさと、気重さを、相手にさとらせまいと 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 186
気恥ずかしい
   
be a little uncomfortable: いささか気恥ずかしい フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 257
窮屈
   
still it is very uncomfortable: それにしたって窮屈でたまらない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 52
居心地の悪い
   
an uncomfortable air of completeness settles over sb: 事が終了したときの、一種居心地の悪い雰囲気が(人の)まわりにただよう ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 45
居心地の悪さ
   
become uncomfortable with sth: 〜に居心地の悪さを感じはじめる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 354
be at turns pleased and uncomfortable to be at ...: 〜に来て、懐かしさと居心地の悪さをこもごもに感じる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 389
苦しい
   
make sb feel uncomfortable: (人が)苦しい 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
具合の悪い
   
look uncomfortable: ちょっと具合の悪そうな様子をみせる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 109
懸念がある
   
sth makes sb uncomfortable: 〜に懸念がある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 126
工合が悪い
   
be uncomfortable in sb’s company: (人の)そばにいるのも工合が悪い マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 212
座りにくい
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 87
使いにくそうな
   
filled with massive, dark, and uncomfortable furniture: 暗い色の、どっしりとした使いにくそうな家具がぎっしりつまっている ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 38
大変な
   
physically uncomfortable business: 大変な肉体労働 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 221
着心地のわるそうな
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 155
板につかぬ
   
look uncomfortable on one’s bicycle: あまり板につかぬ恰好で自転車にまたがる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 454
悲しい
   
the uncomfortable truth is that ...: 悲しいことに〜だ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
不安
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
不安を感じている
   
sth makes sb uncomfortable: (人が)〜に不安を感じている サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 140
不快な思いを味わう
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
不愉快千万
   
be uncomfortable at sb doing ...: (人に)〜されるのは不愉快千万だ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 134
面はゆい
   
feel uncomfortable with that prospect: そんなこと考えただけで面はゆい カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 102
落ち着かない
   
look childishly uncomfortable: 子供のように落ち着かない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 280
be slightly uncomfortable: 何か落ち着かない メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 93
落ち着きをなくす
   
Fowler seemed, for the first time, uncomfortable: ファウラー大佐が、このときはじめて、落ち着きをなくしたように見えた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 225

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

uncomfortable silence: 沈黙の気まずさ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 428
uncomfortable and humiliating: 肩身が狭い
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 53
seem uncomfortable: むっつりしている
川端康成著 サイデンステッカー訳 『伊豆の踊り子』(The Izu Dancer ) p. 80
make one uncomfortable: 困った
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
look uncomfortable: とまどっている
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 87
look uncomfortable: 口ごもる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 22
look uncomfortable: 自信なさそうな顔になる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 24
look marginally uncomfortable: 渋い顔をする
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 162
get uncomfortable: どぎまぎする
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 252
feel uncomfortable: 気づまり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
feel uncomfortable: 気持ちが悪い
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 12
feel uncomfortable: 気味が悪くなる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 14
be very uncomfortable: 災難もいいところだ
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 62
be so uncomfortable: 身を縮めている
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 547
an uncomfortable stirring: 下半身がむずむずする
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 55
an uncomfortable dream: 悪夢
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 308
you make me feel quite uncomfortable: あなたと話すのが、こわくなりました
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 224
uncomfortable in a suit: スーツが板についていない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 142
tend to make sb uncomfortable: どうも苦手なのだ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 27
sth make sb uncomfortable: (人は)〜が気詰まりになる
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 26
rather uncomfortable at the silence: みんながしんとしているので、ばつの悪い思いで
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 184
make one’s marriage uncomfortable: 家庭争議の種になる
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 299
feel uncomfortable in the presence of sb: (人と)接するのは気が重い
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
feel uncomfortable about ...: 面倒にもなる
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 102
feel horribly chilly and uncomfortable to one: 背筋がぞっとするし、落ち着かない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 328
begin to feel uncomfortable: 気分が悪くなるようになる
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 64
become increasingly uncomfortable about doing: 〜することに、だんだんと抵抗を感じるようになりつつある
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 50
be uncomfortable with ...: 〜が我慢ならないとおっしゃる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 266
be uncomfortable with ...: 〜に我慢ができない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
be uncomfortable with ...: 〜を手にすると落ち着かない気分になる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 325
be uncomfortable in sth: 〜が苦手だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 78
The boy looked uncomfortable but he called the cashier's name: 青年はとまどっていたが、主任の名前を呼んだ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 87
The discussion was making Sajihei more and more uncomfortable: 佐次兵衛は次第に、女たちとこういう話題でわたり合うのが気詰まりになってきていた
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 26
it is just sb’s elaborate manners that made me uncomfortable: あんまり上品に振舞われたので、かえって気が落ち着かない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 163
Enviable, and at the same time comic, he made me feel most uncomfortable: ねたましくもあり、またこっけいでもあり、私はひどく落ちつかない気分にさせられてしまった
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 57
It was a slow and physically uncomfortable business: 時間のかかる大変な肉体労働だった
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 221
Sometimes makes my marriage uncomfortable: それが家庭争議の種になることもあるがね
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 299
be the uncomfortable result of sb’s surprise: とっさに感じた間のわるさからだ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 29
I felt a bit uncomfortable with the question, but answered truthfully: この質問はいささか不愉快だったが、正直に答えた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 193
ツイート