× Q 翻訳訳語辞典
思う   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
accept
   
それもまた人の世のうちだと思う: have to accept sth as a part of normal life クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 504
admit
   
<例文なし> オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 145
anticipate
   
(人が)思ったほどは驚かずに: less shocked than one have anticipated 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 21
anticipation
   
これから起ると思うと、なんとなく心のときめきをおぼえる: for sb there is a certain pleasure in the anticipation of what sb is going to see ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 44
apparently
   
あなたの攻撃的態度についてムーア大佐が苦情を言ってきたんだと思う: Apparently, Moore complained about your aggressive behaviour デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 156
argue
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 348
ask
   
定めて変に思う: be probably asking oneself 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 170
assume
   
〜だろうと思っていたのに: would have assumed that ... トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
bear
   
(人を)悪く思う気がなくなる: cease to bear sb a grudge 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 176
believe
   
なるほどその通りだと思った: we could easily believe it メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 98
buy
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 88
concern
   
私も、〜と思いますよ: as far as I’m concerned スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 113
concerned
   
〜と思い出す: be more concerned with the problem of ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 65
conclude
   
〜と思う: conclude that ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 195
conjecture
   
ゆうべ行き倒れになってしまったものと誰もが思う: everybody conjecture that sb perished last night E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 45
consider
   
〜への影響を思うこともなしに: without considering the consequences for ... イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 239
decide
   
ウッドワードはどういうことなのか行ってみてやろうと思った: Woodward decided to walk over and find out what was happening ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
determine
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 86
dwell
   
〜を思う: dwell on sth トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 114
estimate
   
あと三か月おそかったら、とセアラは思う: Three more months, Sarah had estimated クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 95
expect
   
ふつう、剛速球投手というのは長身で手足の長い体型だと思われている: one expects terrific speed to come out of a tall, rangy frame プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 179
feel
   
きみはそれをうれしく思って当然: you should feel honoured ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 196
figure
   
きっとわたしは、〜と思ってたのね: I guess I figured ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
find
   
煙のようにとらえどころのない男だと思う: find the man as elusive as smoke トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 81
frightened
   
〜と思う: be frightened that ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345
guess
   
(人が)思っている以上に、(人の)の考え方や考えの中身を知りぬいていた: knew more of how and what sb thought than sb ever would have guessed スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
hope
   
何かうまい答えをでっちあげたいと思う: hope to conjure up some tactful response トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 290
idea
   
〜しようかと思ったりする: toy with the idea of doing 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 114
imagine
   
その心配はないと思うが: though one don’t imagine there is any cause for worry in this case 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
impression
   
〜するように思われる事さえある: can not help the impression that ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 218
judge
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
know
   
〜、と(人は)諦め半分に思う: with resignation, one know that ... アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 231
learn
   
そのとき〜と思う: learn then that ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 581
like
   
どう思う?: how do you like that? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 107
look
   
一緒にビールでもと思う: look to share a beer with you クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 376
love
   
彼はそれほどまでに妻を思っていたのだろうか?: Is it possible that he loved her? フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 55
make
   
あれをどう思いました?: what did you make of that? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 330
mind
   
なんとも思わない: don’t mind ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 117
notice
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256
occur
   
(人が)〜と思う: it occurs to sb that ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 477
plan
   
(人に)しようと思っていた質問をいくつか口にする: spring some of the questions one have planned to ask sb ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 113
pretend
   
その聖域にふみこもうとは思わない: don’t pretend to penetrate this sanctum フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 4
prospect
   
〜するかと思うと身がすくんだ: the prospect of doing terrify sb ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
qualify
   
少いどころじゃないじゃないか、とチャーリーは思った: Worse than just little, qualified Charlie: フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 36
realise
   
自分でもおかしいと思う: realise one’s own absurdity ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 399
realize
   
〜とどこかで思う: somehow one realize that ... 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 22
reckon
    辞遊人辞書
recognize
   
〜だと思う: recognize that ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 124
reflect
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 67
remark
   
〜と思う: remark to oneself that ... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 587
remember
   
〜なのだということにようやく思いあたる: the time comes for sb to remember that ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 571
see
   
これは話が通じたな、と思う: see that they understand one another ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 31
seem
   
真実だと思う: seem to have the ring of truth デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 260
sensible
   
あわてはしたが、ここはなんとしても落着きを失ってはならないと思って: confused, but sensible that something might depend upon one’s presence of mind ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 209
sound
   
あまりまともだとは思えないな: sound screwy to me デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 367
suppose
   
わが心のおののきは貴女様もお察しくだされたことと思います: I suppose you know how nervous I must be スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 144
sure
   
これで一巻の終わりかと思う: be sure that one’s number is up 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 112
suspect
   
そんなことだと思ったといいだげに、トビーはこっくりうなずいて、: Toby nodded gravely as if he had suspected as much all along ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 224
take
   
〜と思い詰める: take it for granted that ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 162
tell
   
思い、気が沈む: tell oneself with disappointment クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 317
terrify
   
〜と思う: terrify that ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 321
think
   
人は〜と思うかもしれない: you would think that ... トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
thought
   
〜してまず〜と思う: when one do, one’s first thought is that ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 256
try
   
忘れようと思う: try to forget 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 110
understand
   
健康の有り難さを思う: understand the true blessing of health 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 92
view
   
(人が)〜をどう思ってるか、感想をききたい: wonder how sb view ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
want
   
(人の)思うままに動く: move as sb want 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 62
wish
   
そいつらは、消えてなくなれと思っても消えはしない: you can’t wish them away クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 444
wonder
   
〜かしらと本気で思う: wonder seriously whether ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

思う: allow oneself to think
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 12
思う: ask oneself
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 349
思う: tell oneself hopefully
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 23
思う: get an idea
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
思う: come into one’s mind
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 191
思う: say to oneself
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 8
思う: be sure
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 95
だから良いと思う所を強いて断行する: be able to do what one thinks is right
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 185
かろうじて、これはまずまちがいないと思う: be fairly sure about
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 161
何事かと思うほどだしぬけに: with startling abruptness
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 82
仲間と思われたいこと: desire to be accepted
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 56
(人が)みえると思うんだが、部屋を一つ用意してもらいたい: I wish accommodation prepared for sb who may come here
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 33
(人が)なにかを達成すると、その分、自分の影が薄くなると思う: take any accomplishment on sb’s parts as a diminishment of oneself
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 289
やった、と思う: have a sense of accomplishment
何度となく(人に)言ってやろうと思う: ache to tell sb so plainly a dozen times
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 287
気の毒に思う:ache
辞遊人辞書
いえいえ〜だと思う: I think that ... actually
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 365
ごもっとも。おれも理論的にはそう思う: Actually, I agree in theory
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 49
こんなろくでもないもようがあるものか、と思う: one decide the pattern is actually a product of somebody’s hellish vision
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 325
まずい謙遜を言ってしまったものだと思う: rather wishing one’s modest adjective away
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 174
感にたえて思う: think with admiration
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 238
(人の)すばらしい特性だとかねがね思っている: have always admired in sb
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 141
赤ん坊を可愛らしいと思う: admire the baby
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 8
立派な男だと思う: admire sb
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 19
〜だと思うとさすがにいい気持ちはしなかった: must admit that one be rather annoyed at the idea of ...
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 79
さすがにふしぎに思う: admit to being puzzled
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 71
外気に当てるのはよくないと思う: be afraid to take sb out of the air
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 125
(人の)気をそこねてわるいことをしたと思う: be afraid that one have hurt sb’s feelings
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 34
〜と取られては困ると思う: be afraid of being taken for ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 46
〜でどんな診断をくだされるかと思うと、(人は)不安でたまらない: be afraid of what a consultation at ... may show
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
アメリカのその手に乗ってはならぬと思う: be afraid of falling into the American trap
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 74
でも、さっき一緒にお酒を飲んだときに感じたあの直感は正しいと思う: But after having drinks with him, I think our intuition is correct
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 361
思うところあり: after much thought
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 126
またしても思う: think again
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 211
もうこれで絶対終わりだと思う: swear to oneself that one will never talk to sb again
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 74
もう会うこともないんだと思う: realize that sb have never see sb again
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 140
〜してもしかたがないと思う: decide against doing ...
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 66
(人を)ますますすばらしいと思う: aggrandize sb
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 33
しまったと思う: be in agony
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 101
そうとばかりとも思えない: can’t agree with sb
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 107
その声は次第に薄れていったが、ジョナサンはその通りだと思った: The voice faded, and Jonathan agreed
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 20
その通りだと思う:agree
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 91
(人の)意見はもっともだと思わざるを得ない: have to agree with what sb say
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 253
〜は正しいと思う、と述べる: agree that ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 316
やばい、と思う: feel alarm
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
(人は)その時どんなに驚愕し恐怖するだろうと思う: imagine how alarmed this would make sb
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 172
(何かを見て)不審に思う: be alerted by sth
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 78
(人は)死なずにすんでよかったと思うくらいだ: mostly sb feel pleased to be alive
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 34
(人の)死に目には会えまいと思う: shall hardly find sb alive
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 117
それは自分の思うつぼである: that is all sb have wanted
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 271
とてもだめだと思う: know that one have no chance at all
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 460
なるほど、と思う: it all make sense to sb
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 89
〜にかりそめにも比べられるような経験はまだなかったと思う: I don’t remember another that I can at all compare with ...
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 32
少し疲れ気味かな、とは思うけれど: claim that one is just a bit worn out, that’s all
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 86
こうやって最後まで落ちこぼれなかったのは、〜のおかげだと思う: bless sth for allowing him to survive
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 23
〜とよっぽどいってよろうかと思う: almost tell sb that ...
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 27
惜しいなあと思う: it is almost a shame
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 11
きっと〜だと思う: be almost positive that ...
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 35
〜に違いないと思う: be almost certain that ...
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 47
たのむから〜してくれないか、とさえ思う: almost hope ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 90
そんなことだと思う: suspect as much all along
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 224
そう思うたびに〜を考えては自責の念に駆られる: always check the thought reproachfully, remembering ...
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 342
いつまでたってももうひとつ、足を踏み入れなきゃならぬ入口があるんだなと思う: There's always one more door you have to put your foot in, he thought
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 184
(人の)ことをかねがねあやしいと思う: always have one’s doubts about sb
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 222
〜とずっと思う: always believe that ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 99
〜したらこっちの思うようになるとは限らない: doing do not always help
〜してくれたらどんなにいいかと思う: always hope that ...
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 129
どうして〜なのか、おかしく思う: it is amazing ...
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 137
(人の)〜に対する否定的な心情を思うと: due to sb’s ambivalence in regard to ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
〜と思うと内心おかしい: be inwardly amused that ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 538
その声を聞きながらなかば笑い、なかば愕然として〜と思う: listen half amused and half shocked, and can’t help thinking, ...
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
フィルター付き煙草並みの余計なお世話だと思う: think that is just about as amusing as filtered cigarettes
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 32
そう思うと〜が全身を襲ってくる: and there steals over one ...
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
だからこそ、ぼくは真相を知らなければならないと思うんだ: And that's something I feel I have to know
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
生意気な口をきく(人を)忌々しく思う: be annoyed at sb’s impertinence
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 101
〜と思うと、どこか戸惑いもある: partly one be annoyed, feeling that ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 487
(人が)呼び出しにすぐ応じられなかったことを苦々しく思う: be annoyed at not having had sb on call
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 23
これ以上こんな暮らしをつづけていくことはできないと思う: get to feeling one can’t go it another step
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 380
もう一度やりなおしたいと思う: like another chance
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 21
声はとぎれとぎれで、なかなか思うように出なかった: one’s broken voice would scarcely answer to one’s call
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 137
〜してくれないかな、と思う: anticipate ...
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 69
ぜひ〜したいと思う: be most anxious for sb to do
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 216
〜と思う: be anxious that ...
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 249
その上役のためには犬馬の労をつくそうと思う: will do anything to please the boss
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 179
そのあたりが真相じゃないかと思う: think that’s as likely as anything
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 161
どっちみち、いいことにはならないと思う: It wouldn't be any good, anyway
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 210
申し訳ないと思う: feel apologetic for
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 244
〜したことはわるいと思ってる: do apologize for ~ing
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 63
(人が)〜をさほどに思う気色を見せない: sb’s apparent indifference towards ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 197
思うに:apparently
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 62
〜かと思う: apparently assume ...
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 164
そう思うのは(人の)気に入らないかもしれないけどね: whether the idea appeals to sb or not
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 294
(人が)これぞと思う: appeal to sb
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 48
姿を見せたかと思うとすぐいなくなってる: appear and then have gone
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 163
〜でもすると大変だと思う: apprehend ... might do
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 40
よい趣味だと思う:approve
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 60
〜をなんと不謹慎なことだろうと思う: do not approve of ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 231
〜するのかと思うといささかうんざりしてくる: cannot look forward with excessive ardor to doing ...
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 59
どうやら我々は真相を明らかにしたと思う: I think between us we’ve arrived fairly clearly at the truth
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 261
涙は(人を)とらえ、思うがままに(人を)さらう: the sobs take sb and carry sb just as they will
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
〜思う先から、〜と悟る: one knows, as he tries, that ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 489
ツイート