× Q 翻訳類語辞典

どうも  

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まで まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まず まずたいていは まもなく まるで〜よろしくといった めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

but の訳語→ ・・・が こそすれ、〜 ながら にしても もさることながら いずれにしてもだ いわば かといって が、その一方で が、だからといって が、一方で くせに これにくらべて さりとて されど しいていえば しかしどうしたことだろう しかるに すると そこへゆくと そのかわり そのじつ その代りに それが それで それでも それと それなのに それにしても それにひきかえ それはさておき それはともかく それよりも ただ〜 ただ〜の感はあったけどね だからといって だがしかし だがどうやら だけ だけどな だって だのに ではありますが でもいいんだ でもさ でもだからといって でもね でもねえ でも結局のところ といって ところが ところで として とはいうものの とはいえ とはいったものの とはいっても ともかく どのみち なにしろ なにしろ〜なもんで なにせ なのに にもかかわらず のに ばかりだ ほかに ほかは もちろん より外に 案外 遺憾ながら 一応は 一方 何はさて 実際 少なくとも 第一 同時に 反面 ...

guess の訳語→ のね あたり あてずっぽう あてずっぽうで思いうかぶ あてずっぽうで答える あてずっぽうな想像 あて推量 おおかた〜だろう たぶん〜じゃないかと思う ちらりと思う どうやら にらむ みえる みたい らしい わからない わかる 憶測 憶測する 気づく 見当 見当がついている 見当がつく 見当のつく 見当をつける 見透かす 察し 察しがつく 察している 察しはつく 察する 思う 思うに 心づもり 推しはかる 推察 推察する 推測 推理 推理する 想像をたくましくする 想像する 想像がつく 探りあてる 知らない 知る 当たりをつける 当てようとする 当てる 当推量 踏む 読む 判断する 模索する 予想

most の訳語→ 〜盛り あらかた いかにも いたって いちばん おおかたの おおむね おそろしく きわめて このうえない この上ない この世のものとも思えぬほど これほど これより〜はない ごく ごくごく しごく じつに すごく せいいっぱい たまらない とくに とびきり とびきりの とびぬけて とりわけ どうしても どう考えても どこの どんな なにより なによりも なるたけ なんとも はなはだしい はるか ひとしお ほとんどすべての ほとんどの ほとんど例外なく まことに まさに みごとに ものすごく よほど ろくに 一介の 一等 一番 往々 何とも 何よりの 何よりも 最たる 最たるもの 最も 最高 最高に 最大の 思いきり 至極 捨てがたい 世にも 世の 世界でいちばん 総じて 多くの 大いに 大そう 大半を占めている 大方の 頂点を極める 非常に 並の 余人

much の訳語→ あまり あれだけ おびただしい さして さほど さまざまな さんざん しきりだ しきりに しっかり すっかり ずいぶん ずっと そう そこまで それほど たいして たっぷり だいぶ とやかく どう〜ても はるかに へん ほとんど何も まして まんざら めきめき やたら よけいなこと ろくすっぽ 何度も何度も 過度の 幾多の 苦心の末 細心の 山のように 充分 深く 深刻な 精出す 多くを 大したこと 段違いだ 値が張る 虫がいい 特別な 片鱗 躍起になって 余計

personally の訳語→ 〜個人とは 自身 自身は 自身の手で おいてない こちらはこちらで独自に じかに じきじきに もともと わたしが思うに わたし個人としては 個人としては 個人的な 個人的な好みからいえば 個人的に 私としては 自分で 自分でも 親しく 直接 直接関係した 独自に 非公式に 腹を割っていおう 本人に

quite の訳語→ あんまり いっこうに いとも うまく うんと えらい えらく かなりの かなり手きびしく がらりと きれいさっぱり けっこう この上なく さっぱり しかと しかとは じつに驚くべき すぐ すこぶる すばらしい それこそ たいした ただ だた ちっとも ちょっとした とっくの とんだ どうにも なかなかの なんとも言えなく はっきりとは ひしひしと ひとしきり ぴったり へべれけに ほとほと ほんとに もう もっと ゆうに よくよく大した よほどの ナンバーワン 一向 何だか 完全な 完全に 顔負けの 結構 厳密に 充分ある 十分 重々 少しも 少なからず 随分 全部 相当難儀な 多少は 大した 大分 如何にも 別に 満ちる 妙に 明らかに 露ほども

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ あながち いよいよ え、ほんとですか こころから さぞかし しきりと じっさい すなわち そうか そもそも そんなに たって だいいち ついに とんと などの なんという ねえ はらの底から べつに ほんとうは まあまあ まぎれもなく まちがいなく まるきり やっぱり ようく よもや 隠さずに 俄然 掛け値なしに 完璧に 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実は 実態は 心の底から 心底 真に 真の 正式の 正真正銘 正真正銘の 正当な 積極的に 絶対 全く 全面的に 徹底的に 内心では 腹の底から 本質的な 本当 本当にそっくり 本当は 猛烈な ...

somewhat の訳語→ 〜なところもある いくぶん いくらか いくらかでも いつになく うっすらと こころもち ちょっぴり どこか どことなく なにやら なんとはなしに まずまず 一部は 幾分の 高度に 若干 少々〜なところがある 勢いで 多少

tend の訳語→ 〜しがち 主義だ いつも〜している えてして おいおい〜しがち がち きらいなきにしもあらず したい つくろう とかく 可能性が大きい 気がする 気を配る 傾向がある 仕切る 手当てをする 程度だ 得てして 得てして〜する 得てして〜勝ちである 目立つ

truly の訳語→ 〜同然 きっと このことだ それは ちょっとばかり とことん とっても 一人前の 間違いなく 事実 実際は 心底から

very の訳語→ 〜こそ すらも あまりにも いくらなんでも うら かんかんに きわだつ きわまる きわめる ことさら この〜ぶり さぞや さも それゆえに たいそう たっての たっぷりの とんでもない なんでも はなはだ ばかに ふかく まさしく めっぽう やけに バリバリに メチャ 異様に 一途 掛け値なしの 掛け離れた 肝心の 強い 恐ろしく 極めて 極端に 極度に 九分通り 見るからに 仕方がない 至って 自体 頗る 真実 耐えがたいほど 大して 大変 著しい 底まで 特に 特上の 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 豊かな 満点 目に見えて ...

simply の訳語→ 〜とだけ あっさり あっさりした口調で かろうじて さっさと さりげなく ざっくり じっと そっけなく そのまま ただ〜するばかりである ただ〜だけだ ただそれだけ ただひたすら ただ単に たんなる とばかり とりもなおさず のだ のっけから のらりくらりと はじめ ひとこと ふっと ほんのちょっと ぽつりと ぽつんと までだ まるっきり めんどうなことはせずに やっとのことで 易々と 一言だけ 一口 何もしないで 何も言わずに 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 素直に 単なる 単に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 断じて 到底 頭から 文句なしに 無言で 猛烈に 黙って

そのほかの「どう」で始まる語句・表現

どう どういう どういうわけか どういたしまして どうかしてる どうかすると どうかすると〜することがある どうかと思うほど どうかな、と思う どうかなという顔つきをして どうこう言う どうころんだって どうした どうしたことか どうしたって〜しないわけにはいかない どうしたのよ どうしたものか どうしたものか頭をひねる どうしたらよいのかわからない どうしたわけか どうして〜ではない どうしていいかわからない どうしてなかなか どうしても どうしても〜したい どうしても〜したくなる どうしても〜しない どうしても〜しないわけにはいかない どうしても〜ない どうしてもという どうしてもまだ どうしても抜けない どうしても気にかかる どうしてよいのかわからない どうしで形成する どうしましょう どうしようもない どうしようもないほど どうしようもないやつ どうしようもない生活 どうしようもない連中 どうしようもなく どうする どうするか どうすることもできない どうする事も どうすればよいのかわからない どうせ どうせ〜だから どうぞ どうぞと大きく どうだ どうだっていい どうだろう どうで どうであれ どうです どうでも どうでもいい どうでもいいこと どうでもいいような どうでもよさそうな感じ どうということはない どうとでもとれるような どうなって どうなるか どうにか どうにかこうにか どうにかしようと努力をかさねる どうにかなる どうにかものになる どうにか言いぬける どうにも どうにも〜ない どうにもならずもがいていること どうにもならないほど どうにもならぬ どうにもわけのわからない どうにも合点がいかない どうにも憂鬱な どうにも断れない どうのこうのという どうのこうの言う どうも〜 どうもいかんな どうもおかしい どうもしっくりしない どうも何だね どうも始末が悪い どうも腑に落ちない どうやって どうやら どうやら〜と見える どうやら〜のようだったな どうやら〜らしい どう猛 どう考えても どう考えてもおかしい どう考えても解せない どう見ても どう解釈したらいいか どう転んでも


ツイート