× Q 翻訳訳語辞典
A あるいは B   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

A あるいは B: either A or B
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 23
火の手が、あるいは上がり、あるいは収まるに従って: with the rising and falling of the blaze
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 90
〜は(人の)説を、あるいは裏付けているのかもしれない: only go to support sb’s belief that ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 195
善良そうな、あるいはやや意地わるげな皺だらけの顔: sb’s wrinkled, benevolent countenance--tinged, perhaps, with just a touch of irascibility
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 136
とってもくたびれてるみたいな、あるいはいかにも気乗りがしないといって格好でね: He looked like he was very, very tired or very, very bored
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 159
両親、あるいは片親のいない家庭で育つ: have come from a broken home
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 401
近視で臆病なあるいは無責任な: with bad eyesight and a fearful or unsupportive temperament
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 88
あるいは、ひょっとして、ムーアが何かの薬でハイになっていたということもありうる: And for all we know, Moore could have been flying on mind-altering drugs
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 189
宗教的、あるいは神秘的体験といった話はあまりしたくない: hesitate to talk about a religious or mystical experience
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 151
あるいは、しかじかのことが起きなかったら、解決はなかっただろう、と: Or: if so-and-so had not occurred, then there would have been no resolution
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 247
そのうちに僕は、あるいは驚くほどのことではないのかもしれないが、抑鬱症に襲われるようになった: Then, perhaps not surprisingly, I fell into a bout of clinical depression
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 548
病室の時計が、異様に大きな音で、一分あるいは二分をきざんだ: The Sick Bay clock, unnaturally loud, ticked away one minute, maybe two
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 92
Tweet