× Q 翻訳訳語辞典
dreadful
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あきれるほど
   
moving with a dreadful languidness: あきれるほど遅々とした動きで キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 157
いやな
   
dreadful feeling: いやな考え ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 34
いやになるほど
   
dreadful exhilaration: いやになるほど陽気 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 91
おぞましい
   
the dreadful fate of sb: (人の)おぞましい破滅 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 479
お話にならない
   
it is dreadful: お話にならない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 129
すさまじい
   
dreadful threats: すさまじい脅し文句 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 99
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 205
ぞっとする
   
This was a most dreadful thought: これは最もぞっとする考えだった 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 353
たいしたもの
   
must be dreadful: やはりたいしたものね 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 52
つらかった
   
dreadful economic plight: つらかった貧乏暮らし ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 160
とんでもない
   
this dreadful idea: あのとんでもない計画 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 121
ひどい
   
dreadful behavior: ひどい態度 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 289
ほんとにわるい
   
it is dreadful of me to do: 〜してしまってほんとにわるい ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 175
むさくるしい
   
a dreadful place: むさくるしいところ 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 146

気味の悪い
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
見苦しいほどの
   
dreadful quarrels: 見苦しいほどの口論 アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 307
手ひどい
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
寝苦しい
   
two dreadful nights and a bad day: 寝苦しい二夜と不快な一日 レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 114
凄まじい
   
the scream was a dreadful sound: 凄まじい悲鳴 レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 15
息づまるような
   
dreadful moment: 息づまるような一幕 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 280
妙な
   
a dreadful anxiety: 妙に不安な心持 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 27
無残な
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 429

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

how dreadful: 嫌だわ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 102
dreadful things: ぞっとしないことばかり
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 88
a dreadful hour: 遅い時間
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 161
the line is dreadful: お電話とても遠いんですが
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 64
it’s dreadful thing, but ...: 残念ながら
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 220
in a quite dreadful way: ぞくっとする
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 141
get into a dreadful state: 大仰におろおろする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 57
cannot imagine a more dreadful scene: 鬼気迫る光景だ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 221
be overcome by a dreadful need of sleep: 耐え難い眠気におそわれる
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 178
be in dreadful earnest: とても熱心だ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 105
be dreadful at ...: 〜がひどいものだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 133
as though something dreadful was going to happen: 虫が知らせたのか
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 246
other world, some divine and yet dreadful place beyond their own: なにか神々しい、この世のものならぬ怖しい世界
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 71
Those dreadful bankers, boasting: あのいやな銀行家たち、得々と話すでしょう
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 88
dreadful conclusion: 恐ろしい結末
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 171
have a dreadful desire to do: 〜したいという怖ろしい衝動に駆られる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 451
be exemplars of the dreadful: 〜も〜の方で相当にひどい代物だ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 12
the dreadful return journey have to be faced: いやでもまた恐ろしい帰りの道に向かわなくてはならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 243
a hectic, dreadful ten minutes: めまぐるしく恐ろしい十分間
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 162
nothing dreadful should be done to the marauders: 略奪者たちを恐ろしい目にあわせるようなことはしない
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 163
dreadful possibility: おそろしい脅し
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 13
a dreadful sea rising: 恐ろしい高波
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 55
suffer a dreadful calamity: 大へんな災いがふりかかる
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 156
look very dreadful and white: なんとも恐ろしげで蒼白い
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 165
ツイート