× Q 翻訳類語辞典

本当に  

ありあり いかにも いっそ いと いとも おもいきり きわめて さね じつに じつは すこぶる ずいぶん ずんと そう そのじつ その実 それはそれは たいへん たっぷり とっても とっと とても はたして はなはだ ひじょうに ひっしと ほんに まことに めっきり よっぽど 世に 世にも 世に世に 事実 余っ程 余り 余程 其の実 其は 其は其は 其れは其れは 其実 大いに 大して 大変 大層 如何にも 実に 実にも 実にや 実に実に 実は 実際に 寔に 思い切り 思切 思切り 悉皆 最も 本に 本当 根から 根っから 極く 極めて 正しく 然ばかり 然許 然許り 熟熟 現に 甚だ 甚も 真に 真実 神もって 神以って 神以て 結構 絶ばかり 至りて 至極 誠に 迚も 重々 随分 非常に 頗る

まさしく まったく 全く 実以て 実際 然も 現実 純粋

事実上

絶対に

Nada の訳語→ うそじゃないよ 神かけて 神様に誓って

absolutely の訳語→ 〜そのもの にちがいない いつも おそろしく おっしゃるとおりです きっぱり このうえない このうえなく さぞかし したきり じっと すっかり ちゃんと とにかく とにかくまったく どうしたって どうしても どうしようもなく どうにも どこまでも どのみち ならない ひっそりと ひとえに ほとほと ほんとうに ほんとに ぽかんとした まぎれもなく まちがいなく まったくの まったくもう本当に まるっきり まるで もちろんです ゆえん わかった。かならず 圧倒的な 圧倒的に 一つ残らず 一切 何の〜 何一つ 完全に 極度に 決して 固く 充分 少しも 正真正銘の 生粋の 絶対に金輪際 全幅の 大抵は 徹頭徹尾 到底 百パーセント 文句のつけようがないほど 文句のつけようのない

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 滅多に

completely の訳語→ 〜しきった もいいとこ あます所なく からからに がらりと きれいさっぱり きれいさっぱりと きれいに くたくたに ぐるりと これ以上ないほど ころっと さっぱり しっかり すごく すつかり すべて ぜったいに そっくり たちまち ちっとも つきつめて つくづく とことんまで なにがあったって はっきりと まんまと みごとに みじんも みんな めいっぱい もう ゆっくり ケロリと ツルツルの 一向に 一切の 一体全体 何ひとつ 何もないところから 確実に 完璧に 疑いの余地なく 見事に 根本から 充分に 心から 寸分の隙なく 跡形もなく 全然 全能の 全面 全面的に 大〜 大きく 突然 抜かりはない 文句なしに 凡そ 綺麗に

enormously の訳語→ はるかに ものすごく 気の遠くなるような 心底 内心

enough の訳語→ 〜ぐらいの役にしか立たない なかぎりである なことに に足る に足るほど に懲り懲りする に不足はない 程度に あちこちの あるていど あれほど いいかげん いたって いたるところに かなりの かなりの数の からくも けっこう ここまで こと足りる こりごり こりごりする こりる これくらいにする これだけ〜なら さんざん ざらに しようがない じゅうぶん それぐらいにしとこう それだけで充分な それほど それほどの たくさん ただでさえ とことん とりあえず なかなかに なかなかの ひとかたならず ひとかど ひととおりは ふんだん ほどよく まだまだ もういい もういいでしょ もうたくさん もうわかった もう十分だ もう十分なだけ もう十分に わずか 一人前の 恰好の 極端に 山ほど 手ぬるい 十分 十分である 十分な 十分に 精いっぱい 相当 滞りなく 不自由はしてねえ 不足はない 明快な 用が足りる

entirely の訳語→ あげて あっさり あまり あんまり いちがいに けろりと ことごとく すべてをあげて ずくめの そんなに だけ どこから見ても どこもかも なにもかも ばかり ぴたりと まともに まんざら みんながみんな 一挙に 一切を 一途に 果して 純粋に 全部は 単独で 文字どおり 片端から

exactly の訳語→ 〜というほどの というやつだ どおりに 通り いちばん いったい うってつけの お説の通りだ かっきり かわらぬ きちんと くっきり じかに すっぽり そういうことね そうです そこ そっくりそのままに そっくり同じ そのとおり それこそ たしか たしかに ただの ちょうど つまり どおり どおりの どんぴしゃの なんの不思議もなく はっきり はっきりいって はっきり言って ぴったり ぴったりだ ほんとにそっくり ぽっきり まさしくそうだね まさに まさにそう まったくだ まったくもって ままに やかましく やっと よくよく 一体 額面以上でも以下でもない 具体的に 厳密にいうと 細大洩らさず 四角ばった 子細に 寸分たがわず 正解だ 正確なところ 正確にいうと 正確にいえば 正確には 正確に言うと 忠実に 的確に 判ってるじゃないか 非のうちどころのない 本当の 歴とした

forsooth の訳語→ もちろん

genuinely の訳語→ あまりに こんなにも しんから 心からの 心底から 真にせまっている 真顔で 真剣に 素直に 通りいっぺんでない

genuine の訳語→ いつわりのない これはまさに さも〜 なんとも まぎれもない まぎれもない正真正銘の 楽しそうに 偽りない 偽りなしだ 偽りのない 個人的な 純一無雑な 正真正銘ほんものの 惜しみない 百パーセントの 本気で 満足な

great の訳語→ 〜きり に〜する ぶかげ 伏せる あの ありがとうよ いうことなし いたく いよいよ うっかり〜する うまく うれしい ことに しごく じつに〜な すごい すさまじい すばらしいよ せっぱつまった そそられる ただならぬ たのもしい だいたい〜である できればいい はるかに大きな ばかに めざましい もろに やむにやまれぬ よい よかった よくもまあ サイコー 偉大 一大 一番の 一流 何にもまして 何よりだ 価値ある 肝腎な 強い 強力な 群れ 激しく 元気 広く 豪華な 最高 最高の 惨憺 重み 宿命の 上等 深々と 甚だしい 席捲する 絶世の 騒然 多少 泰斗 大きさに比例して 大した 大義 大物 大粒の 底知れぬ 伝説的な名〜 莫大な 比類のない 必死に 並々ならず 並々ならぬ 並たいていではない 万全 豊かな 膨大な 本〜 無数に 名〜 名だたる 役者 優しい 優れた 優秀な 有名 有名〜 立派 立派な 立派になる 歴史に名をとどめる 烈しい ...

incredibly の訳語→ とびぬけて なんともいえない へんに ものすごい やたらに 異様なほど 強烈に 胸をつかれるほどの 極めつき 信じがたいことだが 信じがたいことである 信じがたいほどの 信じられないことだが 派手に 並はずれた

only の訳語→ 〜ぐらいなもの しかない ですむことである にすぎない の域を脱していない をどうにもできない 以外立入禁止 あくまでも あとはただ〜 いつも決まって かえって〜する かぎる かりにも きり こそなれ さもなければ〜もせぬ しょせん じゃなきゃあ すくなくとも せめて そこそこしか たかが たたでさえ ただ〜である ただし ただの〜 ただもう たった だけだ だけは ちょっと〜しただけ つい でしかない でならない でも といっても とどめる なにぶんの には のみ はじめて はじめての はやい ひとつしか ほかない ほかに〜はない まだ まだほんの まだやっと までだ むろん もとより ものの やはり ようやく よく見ると ろくに 一心で 何でもない 何とか 何のことはない 却って 限らず 弱冠 初めて 辛うじて 専用 他にはない 当然 畢竟 変りはない 無二の 目標を限り 唯一 唯一の ...

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ あながち え、ほんとですか えらく かえって こころから ごく しきりと じっさい すなわち そうか そもそも たって だいいち ついに とくに とびきり とんと などの なるほど なんという ねえ はらの底から べつに ほんというと ほんとうは まあまあ まるきり もっと もともと やっぱり ようく よもや 案外 隠さずに 俄然 掛け値なしに 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実際には 実態は 心の底から 真の 正式の 正真正銘 正直 正直なところ 正直な話 正当な 積極的に 絶対 徹底的に 内心では 腹の底から 文字通り 別に 本質的な 本当にそっくり 本当のところは 本当は 満足に 猛烈な 露ほども ...

real の訳語→ 〜のなかの〜 らしい いっぱしのまともな いつわりではない いやに うんと えらい かえすがえす きびしい ぎりぎり これといった これは本物だと思われるような さも じっさいの すげえ ぜんぜん それはもう たいした たいへんな ただただ ちゃんとした とんでもない とんでもなく どう見ても なまなましい べつだん ほんとうの意味での ほんとにほんとに ほんとの まさにあつらえむきの またとない まとまった まともな めちゃ もういっぱしの やはり、なんと言っても よほど よほどの 一端の 一番 何の 外にあらわす 格別 格別である 確実な 掛け値なしの 気のきいた 現実に存在する 現実的 現実的な 現実味 根っからの 最先端 実際に起こった 実際の 申し分ない 真髄 真相 芯から 身に迫る 正真の 生々しい 生きている 生みの 生身の 絶好の 存在する 大きな 大事な 地に足のついた 典型的な 天人ともに許さざる 非常に大きな 腹を割った 本格的 本格的に 本職の 本当みたいな 本物 本物の 本来の

so の訳語→ 〜たっぷり あたり あまりにも〜 ええと、つまり おかげで かくなるうえは、というわけで かくも こう こうしていれば こうすれば ことほどさように これほど さて さてと しかたがないから じゃあ すると そうすりゃ そこで そこまで そしたら そりゃ それくらい それで それなりの それを思えば そんなわけで たいそう だから だからね だけど だのに てなわけで でしょ ということは というわけで となると とまあ、こういう次第で どうだ どうだろう なら ひときわ ふん また むやみに もどき やけに やたら やまない ように よし、これでよい 異様に 一心に 何て 何分にも 恐ろしく 結局 見本 思いきり 人一倍 甚しい 絶えず 大幅に 当然ながら 年来 ...

sure の訳語→ いいよ いいわ いただきます ええ きっと きっと〜だろう さだか そうだとも そうだよね そう思う そりゃもう それだな ちがいない でしょう ではある どうぞ ほんと まさか まちがいない もちろん思う よし よろしい わかって わかっている わかってる わかる わかるとも 安心して 安心する 何よりの 解しかねる 確か 確かだ 確たる 確実 確実に知る 確信 確信がある 確信する 確信のある 確信を持つ 確認する 気がおさまらない 決まっている 決めてる 見ただけで分かる 見とどける 思う 自信のある 信じている 心あたり 正確な 断言できる 当てにしている 道理で 把握する 不案内である 予感がする 予測 用心して

terribly の訳語→ いやというほど いろいろ おそろしいばかりの おそろしいほど しきりに なんとも言いようのない なんとも言えず ひどい やたらと 何よりも 恐ろしくも 胸がしめつけられるくらい 驚くばかりに 深く 凄さまじい程

very の訳語→ 〜こそ すらも あまりにも いくらなんでも うら かんかんに きわだつ きわまる きわめる ことさら この〜ぶり さぞや すぐ それは それゆえに たっての たっぷりの とびきりの なんでも ふかく めっぽう バリバリに メチャ 一途 掛け離れた 肝心の 九分通り 見るからに 仕方がない 至って 自体 耐えがたいほど 大分 著しい 底まで 特に 特上の 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 満点 妙に 目に見えて ...

そのほかの「本当」で始まる語句・表現

本当 本当だ 本当っぽさ 本当であること 本当ならば 本当にその気だ 本当に上出来の考え 本当に嬉しい 本当に考えてみる 本当ね 本当の 本当のところ 本当のところは 本当は 本当よ 本当らしい 本当らしさ


ツイート