× Q 翻訳訳語辞典
fantasy   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ファンタジー
   
weave a harmless fantasy: 無難なファンタジーを織りあげる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 242

絵空事
   
The whole idea of expelling the foreigners is a fantasy: 攘夷など絵空事である 司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 122
空想
   
tease oneself with fantasies: 空想をたくましゅうする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
sb’s fantasy life must be running wild: 奔放な空想をいだいているにちがいない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 231
a wild fantasy: 突拍子もない空想 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 37
幻想
   
the fantasies that preoccupied sb at age ...: 〜歳のころにいだいた幻想 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
recognize sb’s fantasies: (人の)幻想を見ぬく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
be taken up with half-drunk fantasies: 生酔いの幻想にとりつかれて トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
口実
   
Is's not just fantasy; it's worth trying: 口実だけじゃなくて、実際にもやりがいのありそうな仕事だな 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 51
独り善がり
   
it is not simply my fantasy that ...: あながち私の独り善がりではない カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 194
   
a recurring fantasy: 時につけ、折に触れて思い描く夢 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 111
夢がある
   
Foolishness and fantasy and noise: 他愛なく、夢があって、賑やかなのがいい フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 144
妄想を抱く
   
<例文なし> グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 213
恋物語
   
spin out one’s fantasies about sb: (人)との恋物語を、うっとりと語りはじめる ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 179

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the absurd fantasy: 荒唐無稽
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 284
grim fantasy: 病的な妄想
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 428
while still involved in this fantasy: 夢のような気分のまま
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 185
unswayed by irrational fantasies or unconscious fears: 夢や錯覚ではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 36
one’s most recurrent fantasy: くりかえし思い浮かべる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
not a fantasy that appealed to one at all.: 自分にとってはおぞましい妄想だ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 188
many needs and fantasies: 細々した用事
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 195
it would be fantasy to do: 〜するのは想像過剰というものだろう
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 123
in the fantasy of ...: 頭の中では、〜
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 82
get caught up in crackpot fantasies: 妄想にとらわれる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
a psychopath enacting vampire fantasy: 吸血鬼気どりの異常者
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 264
uncontrolled fantasy: 勝手気儘な想像
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 21
a vivid fantasy: なまなましい想像
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 158
ツイート