× Q 翻訳訳語辞典
random   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
思い思いの
   
three desks sit at random angles: デスクが三つ思い思いの角度で置いてある フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 11
手近の
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 63
動きを一貫させない
   
there’s some sort of random mechanism inside: 機械のなかに、動きを一貫させないメカニズムが内蔵されてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
不規則な
   
random lights: 不規則な明かり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
脈絡のない
   
<例文なし> マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 34

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

random murder: 無差別殺人
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 8
random elements: 予測不能な要因
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 317
meet at random: ばったり出会う
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 91
at random: あてずっぽうに
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 127
at random: 手あたりしだい
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 199
at random: 手あたりしだいに
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 274
at random: 適当な
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 135
at random: 無差別に
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 75
apparently at random: 一見無秩序とも見える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 350
apparently at random: 傍目には当てもないふうを装って
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 327
the tears come at random and seemingly without reason: 涙は無際限にあふれだしたがる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 158
speak at random and without wit: 口から出まかせの由なしごとをおつしやつてばかり
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 67
preface a narrative by observations very much at random: ある物語をするに当って、前文としていささか駄弁を弄する
pick up at random one after another sth: (物を)手にふれるままに取る
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 98
pick up a few at random in both hands: いい加減に両手でしゃくって差し出す
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 7
pick a few out at random: 適当に選ぶ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 237
fire off a pair of random shots: 立てつづけに引金をしぼる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 364
all just at random: いきあたりばったりに
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 168
a matter of random happenings and ...: その場の成り行きとか〜でなりたつ
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 192
on random hazard: やみくもに
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
random-seeming conversational topics: 何げない話題
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 283
some seemingly random point: いい加減なところ
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 600
ツイート