× Q 翻訳類語辞典

も  

again の訳語→ 〜にも をとりもどす あらためて いまいちど いまさら いまふたたび かなり ここでも こりずに さっきと同じように さっきも言ったとおり その後 それっきり つぐ なお なおる のみならず ふたたび ぼちぼち また また〜か また〜なおす またか またしても またぞろ またまた またも またもや また元の もう もういっぺん もうひと口 もうひと声 もう一度 もとどおり もと通り もどる やっぱり やはり ようやくまた よく よみがえる 以前に変らぬ 一方に 何度も 改めて 久しぶりに 繰り返し 繰り返す 元の〜に返る 元通り 後は 今度は 今日はまた 再び 次の 重ねて 性懲りもなく 昔どおり 前と同じで 前のように 前回同様 蘇る 相変わらず 二度と 二度目 返る 又しても 戻って 例によって

also の訳語→ だって いずれにしても おまけに かたわら これに加えて これまた これも さらには しかも そのかわりに その上 それから それだけに それとも それと同時に それに それにね それに加えて それに付け足して ついでに ついに とも ならびに ほかに まで もうひとつ もう一つ もちろん 一緒 同じく 同じように 同時に 反面

another の訳語→ 〜のひとつ あたらしい あたらしい顔ぶれ あと あらたな いまひとつ いままた おかわり おつぎ お代わり かつての このさき この次 この上 これでまた これ以上 これ以上の こんども さらに それ以上の ただの つぎ つぎの どこか他の ひとつ ひらの べつの ほかの また〜のお出ましか またがらりと またひとり また今日という まだほかにも もある もういっぱい もう一発 もう一本 もっと もはや よその よその男 違う 一方で 今度の 似たような 新しい 新たな 新たに 新らしい 前の 相も変わらぬ 相手の 他の 代りの 代理の 同士 二の舞 二人めの 別な 別の 変える 予備の 隣りの

despite の訳語→ 〜があったのに したのに しては しても だが だが、その実、 でさえ とはいえ ながら なのに なわりに に於てすら のくせに のに のわりには もかまわず をよそに を覚悟で を克服して あるのに いくら いくら〜でも うらはらに かかわりなく からみれば しながらも たしかに にも べつに 許さずに 聞きいれられない 無視する

else の訳語→ あとは かわりの さもなければ その場の それがなければ それとは別の ては ほか ほかにも よそ 他に

equally の訳語→ 〜にかけてはまったくおなじ に負けぬほど の点では〜も同じである さして それに劣らず ひとしく 一斉に 勝るとも劣らない 誰の耳にも 同じくらい 半分

even の訳語→ 〜したところで しても、まだ だに でも といえども とまで と申しても言い過ぎではあるまい ながらも にいたるまで にしてすでに にしても の癖に をもってしても 自体 あげくに あまつさえ ありながら いえども いかなる いかに〜といえども いっそう いや いやそれどころか いよいよ うえに うわずらせぬ おあいこ かえって かりに きちんと くせに こうなると こともあろうに さえ さしもの さすがに さすがの さすがの〜も さほど しまいに すでに すら せっかくの それでなくても それどころか そろった たとい たとえ たとえ〜にでも たりとも だいいち だけ ちゃんと ですら というより〜といってもいい といったものすら どうかすると にいたっては にもかかわらず のっぺりとした はたまた はては ほど ほんの まだ までが までは むしろ もって もっとも もまた よしんば バランスよく 一つに 引き分け 実は 第一 通り越して 釣り合いをとる 平静な 輪をかけた 冷静な

himself の訳語→ ご当人 当の

including の訳語→ 〜さえもが をはじめとして ごと それらに混じって たとえば とか 込みで

indeed の訳語→ 〜と云えるほどである なもんか! ありていにいって いかにも いな いやはや いやむしろ こそ ことに これこそ これはこれは じっさい じっさいに じつの話 すっかり そうか そうだ そうなったらそうなったで その言葉どおり そりゃそうだ それこそ できるとも というより とりあえず どうか どうせ どころか なにはあれ なるほど のだ ばかに ひいては ひどく ほとんど まぎれもない まさしく まさしくそのとおり まさに まったくのところ まったくもって まるで ものだ れっきとした 案の定 果たせるかな 覚悟 却って 更にまた 思ったとおり 事実 実をいうと 甚だ 早い話が 打ち明けた話 兎も角 如何にも 文字どおり

just の訳語→ 〜したて したばっかりだぜ したままぽかんと〜しているばかり なんだ に過ぎない までですよ あっさり あともう〜しかない いいから いたって いつでも いましがた おとなしく かろうじて きっと ぎりぎり ごくごく さあ さっさと しげしげと すぐ そっくりの そもそも たかだか ただ、無性に ただじっと ただひたすら たった今 たんなる だけに ちょっと ちょっぴり ついさっき つい先頃 つまり というものだ とことん とにかく どうやら なに のこのこ のも ばかり ひょいと ふつうの ほんと、いかにも まあ まず まちがいなく まったくの みすみす もっともな よりによって わずかに サシの 一介の 一足ちがいで 何をするともなく 簡単に 間をうめる 間一髪 近く 今ここで 今しがた 今しがた〜したばかり 今の 今度のは 最近 至極 失敗する 瞬間 辛うじて 正義を尊ぶ 精一杯 惜しいところで 単なる〜の域を出ない 単純に 同様に 不用意に 本能に 無造作に 黙って 要するに 要するに〜というものである 脇目もふらず ...

partly の訳語→ 〜もある いささか おぼろに けちな すべてとはいわないまでも その裏には ちょっとは どこか ひとつには 一つには 一つの 一つは 一部分は 半ばは

some の訳語→ 〜かなにか か何か というもの みたいなもの ある ある者 ある人 ある程度の いいしれぬ いくつかの いくばくの いくらか いささかの収入 いろいろ おあまりの かなりの か何処か ごろ さまざまな ざっと〜ぐらい すこし そこらの その位の たいした たっぷり ちょくちょく ちょっとした どういう どこかの どこかの誰か なかなか なかには〜ものもある なにか なにがしかの なんか なんとか むかし もう少し やや やや〜そうに ようなもの よほど高価な 或る 一つ 一掬の 一種 一端 一度ならず 一部 一部では 一部には 一部の 一部の〜 一面 何か 何かしら 何かの 何か形のある 何と大した〜ではないか 何らかの 何故か 何処か 何人か 何度か 僅かな 結構な 向き 時として 少々 少々の 少し 少しは 少しばかり 少量の 人によっては 人もあり 数あるなかには、〜もある 多少とも 多少なりと 内外 二、三 薄々 比較的 妙な 余り ...

still の訳語→ 〜であることに変わりはない でもなかなか は前と同じである あいもかわらぬ いぜんとして いつまでも いまでも いまなお いまもって おのずから が、依然として この先 さあっと走る さりとて しかし、そうはいっても しばらくのあいだ しんと じっと じっとしている じっと動かぬ そういいながら そして その後もつづけて それだって それでも それにしたって それはいいとして ただし だからといって だけど つづけていた とっさに とはいうものの とは言っても どっぷりと なおも なのになぜか ひっそりとたたえた ぴたりと ますます よどんでいる 以前と同様で 依然 依然として 依然として尽きない 一向に 一段と 現在 現在も 口をつぐむ 今でも 今にいたるまで 今も 今も〜に変りはない 今もって 今も残っている 今更 今日まで 最近も 最後に 残しながら 残る 十分に 身じろぎしない 身じろぎもせず 静かな 静かに 静まりかえった 静まり返った 静まり返り 静寂の 絶やさない 相変らず 澱んでいる 動かない 微動しない 風がそよとも吹かない 風のない 変えずに 未だに 無風状態 立派に ...

too の訳語→ 〜ない程度に ああ あまり あまりといえば あまりに あまりにも あまりにも〜すぎる あまりにも〜すぎる順調な あんな〜 あんなに あんまり あんまり〜すぎる いちいち いとも いやというほど おそろしく かえすがえすも ぐっと すぎたる すぎる ずいぶん そう そういえば それも そんなに たいして たまらない たまらん ため だいぶ〜 とても ばか〜だ むやみに もったいないくらい よっぽど 越した 根っからの 大きい 値しない 必要以上に 余計


ツイート