× Q 翻訳類語辞典

まで  

about の訳語→ 〜がどうの たつかたたぬに とあまり違わない なんて にまつわる に関する に向かって のことをめぐって の件で の点 の領分である ほど をさかなにした をだしにして をほのめかす 寸前の 前後 あまり あまりの いましも いよいよ かかる かける かれこれ がた がらみ くらい くらいの ぐるりと けはい さして ざっと ざっと数えて せいぜい そこそこ そろそろ といったところ どうのこうのという なんだかんだと ばかしの ばかしも ばかり ほどの ほぼ ぼちぼち まつわる 云々の 恰好 危うく 近い 際立った特徴 時分 前後して 前後だ 前後の 同然 様子

actually の訳語→ 〜さえ といっても とでも言うしかない はず も〜ですもん ああ見えても あのね ありありと ありていにいうと ありていにいえば いえ〜でしてね いえいえ いったい おそらく かえって かっこうの これで却って これはひとつ こんな ごもっとも さえ さよう しかし しかも じっさいの話 じつをいうと じゃう そういえば その実 そりゃ それどころか それも それより それを言うなら たしかに たんに だから ちなみに ちゃんと つい というより とにかく とりたてて どうして どうも どうもうまく どちらかといえば なるほど なんと なんとなく はっきり はっきりと ばっかり ほんというと ほんというとね ほんとうに ほんとうのことをいうと ほんとのことをいうと ほんとのところ まぎれのない まざまざと まじめに まったく まるで むしろ もっとも もっともこの場合 もっともそのときは やはり ようなことは よくよく よく見ると 案外に 何しろ 果たして 気のせいか 却って 欠かさず 結果的には 現に 言っときますけどね 事実上 実に 実のところ 実をいうと 実際に 実際には 実際の話 実物は 心から 真剣に 正確にいうと 正直 正直なところ 正直な話 声をたてて 内心 寧ろ 肌で 文字どおり 文字通り 変わりないか 忘れずに 本格的に 本気で 本当のところは 満足に 明確に 面と向かって 率直にいって 率直に申し上げて

also の訳語→ だって いずれにしても おまけに かたわら これに加えて これまた これも さらには そのかわりに その上 それから それだけに それとも それと同時に それに それにね それに加えて それに付け足して ついでに ついに とも ならびに ほかに また もうひとつ もう一つ もちろん 一緒 同じく 同じように 同時に 反面

at の訳語→ 〜あたりでは から とあって ともなると なら にあって にいたって にいた時分 に乗せられて の席で めがけて を見て 中の あたり かかっている くせに はなから 応じて 席上で 駐在の 入ってから

before の訳語→ ・・・から〜する から、また し、やがて〜 したあとで したところで したのは した末に、はじめて して〜する してから〜する しないうちに しないように しなければ、〜ない するまで するまでには する暇もなく ということになって、やっと に先立って ぬうちに まで〜しない までに よりも早くに を待たず ところで うち かつて けっきょく最後には この前 これまでに さっきまでは してはじめて すると そこへ その前に それからやっと それまでのあいだ とうに ないまま なかで にあたって には ぬ先から はじめて ひまもなく ふくまれていない まだ〜しかねているうちに まだ〜しないうちに まだ〜でなかった時代 までは もうそろそろ やおら やっと ようやく よりはやく より早く 以前 以前にも 一足先に 一度も 暇もないうちに 過去に 眼前を 後に 後まわしで 今まで 今度は 最後は 際に 真ん前に 先から 先に 先刻 前に 前にも 前もって 前回 漸く 早くに 置いて 直前 途中で 抜きで 面前で 目の前に 目の前の 目前に ...

every の訳語→ 〜ごとに しない〜はない という〜 という〜から のこらず は挙って あちこちの あらゆる あらゆる点で ありったけの ありとあらゆる いたるところの いちいち いついかなる瞬間でも いつも いろいろ かたっぱしから くまなく こぞって ことごとく ごとに すっかり ずつ そこかしこの そっくり それぞれ たびに だれもかれも どこからどこまで どの〜でも どれもこれも どんな どんなにわずかなものであれ なかなか なべてありとあらゆる ひと ひとこと洩らさず ひとりとして ひとりひとりの ひとり残らず みな みんなの アメリカじゅうの 一つたりとも残さず 一つ一つに 一本一本 何から何まで 何度となく 皆口をそろえて 細心の 残らず 事あるごとに 自分の 十二分の 尽くし 全〜 全〜ことごとく 全域 多めに 体じゅうの 代々の 必ず 片っぱしから 片っ端から 片端から 毎回 毎年 余すところなく 例外なく

for の訳語→ 〜から見れば が大事 すべく する見返りとして での ではありませんか ということになれば というもの という気持ちから にしては にしてみれば には持ってこい にわたって に似合わず に比して に備えて のお礼に のくせに のせいで のため のもとで のわりに のわりには の場合に の長きにわたって の提出を求める の癖に ふうの むけの めがけ も出すんだから をめざして をもってすれば をよこせ をエサにして を考えると 専門の 分の 容疑 来の してみれば あいだ がかりで がわりに くれる させてほしいと そなえて それが証拠に だったら つもり というのは というのも なぜかというと〜からである なぜなら なにしろ のぞむ の手前 ふるまう ぶりを まるまる 依頼を受けた 何しろ〜なのですから 何となれば 近くの 好きな 賛成する 思って 似つかわしい 薦める 対象に 代って 代りに 通算 当の〜にすれば 頭上に 容疑で

from の訳語→ 〜からやって来た から遠来の から寄せられた から仕入れた としての によると に関係した に出てる のかぎりでは のかなたから のせい のために を起こして を代表して 関係の 産の から借りてきた すぎれば なかから みると ゆえに 見ていると 限り 限りでは 手前 手前で 出身 先を 伝いに 発信 範囲で 方から

into の訳語→ 〜あたりに の内側に 越し うなだれて もぐりこむ トラブる 陰に 下に 中央へ

near の訳語→ 〜あたりの きわで にひとしい のわき 寄り 近傍の 付近 いい線いっている しそうになる すれすれまで そば そばに といってもよいほど ぴったり ほとんど まずは みたいだ 遠くはない 界隈 間近 危機一髪 寄って 近づく 近所 手近の 徐々に 親しみを感じる 方向に 脇に

over の訳語→ 〜から がかり ごしに ではない にかぶせて にもめげず にわたり に広まる のあいだに のあたりが のかなた のそばに の上から の真上に をめぐって を押しきって を相手にして を通じて 越しに ぱくつきながら おさまる おしかぶせて おしまい おしまいだ おわり お開きになる かけて かたがつく くぐる これっきりにする すぎ たいし とまれ まざって まわる むこうじゃ もう一回 もとに やってくる ゆくりと わたる チョンになる 以上 一件で 押しきって 何度も 介して 寄る 後方に 向こう 終わった 終わっている 終わり 大昔の 念を入れて 膝に 負ける 片がつく 万事 枕元で 明ける 優に 落着する 話の種にして 2階

through の訳語→ 〜から・・にかけて が終わるまで によって に隠れて に分け入って のあいだから のあいだをとびぬける のむこう の外に の世話で の名の下に をくぐり をすかし をすかしみると をついて をやぶって を介して を介する を割って を潜る を通る を透かして を抜ける を縫って を浴びて を裂いて 内に あびながら かきわける きちんと くぐりぬけ じっと じゅうに すっかり見おわる つらぬく とことん どこまでも ながらに のなかにつづく のゆえ もうずっと 一気に 陰から 繰る 効かない 向こうに 考える 済む 使って 次々と 失格で 吹きこむ 潜る 中を 通りぬける 透かして 濡れ 病状が進んでいる 負う 縫うように 無事に務める

till の訳語→ 〜したら して しないうちは なくらい あれでは そのうち ならぬうちに やがて 前には

towards の訳語→ 〜のほうで のほうで までには 向き合う 方に 方へ

to の訳語→ 〜すべき するべく する思い入れで する手段として にあてる のほうは の奥にむかって の方角を あてがう とばかりに につれて 宛の 宛先 遣った 向かって 手に 承知で 目当ては〜

until の訳語→ 〜し、〜する したあとまで したとき するうち〜 するほど する段になると ときは ならないうちは が、やがて〜 こんどの したときには しないうちから しなければ しまいには そのうちに ついには ついには〜 と、 と〜するうちに とうとう ところが とたん ほどに までの間 やがて〜 気がついてみると 遂には 突然

while の訳語→ 〜しながら しながらも するあまり する横で する間にも すれば て、実は とはいえ ながら 癖に あわせて うちに これに反して しつつ しばらく すきに ずいぶん そのあいだに そのひまに その席で ちょっと でも ところへ ともかく とりあえず なかに にしても ひきかえ ひとしきり 一方 引きかえて 間に 最中に 手間 瞬間を 少し 前で 続けられる間に 他方 途中 当座 当分

そのほかの「まで」で始まる語句・表現

までだ までですよ までになる までは まで引きかえす


ツイート