× Q 翻訳類語辞典

ほんの  

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんだか なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ まあ まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 何となく 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 実際に 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

an の訳語→ 〜というやつ たんなる ひとりぐらい

brief の訳語→ あっけない あっけないほど短い かいつまんで さっと すこしだけ ちらりと つかのま 異議 一瞬 引き継ぐ 簡単な 訓示 軽く 後くされのない 暫時の 手みじかに 手短に 準備書面 書面 丈の短い 状況を話す 状況説明をする 説明する 訴訟摘要書 束の間の 短い 長くはつづかない 弁論趣意書 報告が届く 報告する 報告を受ける

but の訳語→ ・・・が こそすれ、〜 ながら にしても もさることながら いずれにしてもだ いわば かといって が、その一方で が、だからといって が、一方で くせに これにくらべて さりとて されど しいていえば しかしどうしたことだろう しかるに すると そこへゆくと そのかわり そのじつ その代りに それが それで それでも それと それなのに それにしても それにひきかえ それはさておき それはともかく それよりも ただ〜 ただ〜の感はあったけどね だからといって だがしかし だがどうやら だけ だけどな だって だのに つい ではありますが でもいいんだ でもさ でもだからといって でもね でもねえ でも結局のところ といって といっても ところが ところで として とにかく とはいうものの とはいえ とはいったものの とはいっても ともかく どのみち なにしろ なにしろ〜なもんで なにせ なのに にもかかわらず のに ばかりだ ほかに ほかは まったく もちろん もっとも より外に 案外 遺憾ながら 一応は 一方 何しろ 何はさて 実際 少なくとも 第一 同時に 反面 ...

desperately の訳語→ あくまで ありありと ぐったりと けんめいに このうえもない さじを投げたかっこうで しきりに しゃかりきに しゃにむに じりじりと すがる思いで すさまじい たまらない どうしても どうしようもなく なにがなんでも なりふりかまわず やみくもに 何とかして 危うく 祈りつつある 逆上して 狂おしい 苦しむ 激しく 最初から 思いあまった 死ぬほど 手のつけられない 随分骨を折って 切ないほど 切に 煩う 必死だ 必死で 必死に 必死になって 必死の面持ちな 夢中で 無我夢中で

even の訳語→ 〜したところで しても しても、まだ だに でも といえども とまで と申しても言い過ぎではあるまい ながらも にいたるまで にしてすでに にも の癖に もある をもってしても 自体 あげくに あまつさえ ありながら いえども いかなる いかに〜といえども いくら いくら〜でも いっそう いや いやそれどころか いよいよ うえに うわずらせぬ おあいこ おまけに かえって かりに きちんと こうなると こともあろうに さしもの さすがに さすがの さすがの〜も さほど さらに さらには しまいに すでに せっかくの それでなくても それどころか それに そろった たとい たとえ たとえ〜にでも たりとも だいいち ちゃんと ですら というより〜といってもいい といったものすら どうかすると なお にいたっては のっぺりとした のみならず はたまた はては まだ までが までは もって もっと もまた よしんば バランスよく 一つに 引き分け 実は 通り越して 釣り合いをとる 平静な 輪をかけた 冷静な

fairly の訳語→ いたって かろうじて きれい ごく しかも すこし すっかり ずいぶん それこそ たいそう とくに どうしてなかなか どちらかといえば なるべく まっさかさまに もの静か わけへだてのないように わりあい わりと わりに 充分 相当 比較的

just の訳語→ 〜したて したばっかりだぜ したままぽかんと〜しているばかり なんだ に過ぎない までですよ あっさり あともう〜しかない いいから いつでも いましがた おとなしく きっと ぎりぎり これこそ ごくごく さあ さっさと しげしげと すぐ そっくりの そもそも たかだか ただ、無性に ただじっと ただの ただひたすら たった今 だけに ちょっぴり ついさっき つい先頃 つまり というものだ とことん とりあえず どうせ どうやら なに のこのこ のも ばかり ひょいと ふつうの ほんと、いかにも まさに まちがいなく まったくの みすみす もっともな よりによって わずかに サシの 一介の 一足ちがいで 何をするともなく 簡単に 間をうめる 間一髪 今ここで 今しがた 今しがた〜したばかり 今の 今度のは 最近 至極 失敗する 瞬間 辛うじて 甚だ 正義を尊ぶ 精一杯 惜しいところで 単なる〜の域を出ない 単純に 同じように 同様に 不用意に 本能に 無造作に 黙って 要するに 要するに〜というものである 脇目もふらず ...

merely の訳語→ 〜したまでである じゃないかな だけの なり じゃ ただ ただ〜したかったまでである ただの〜だ ちらりとでも ばっかり 辛うじてかすかに 単なる

mere の訳語→ うっすらと すぎない すむ たあいのない たかが 一〜 一介の〜にすぎない 一介の〜風情 表向きの

only の訳語→ 〜ぐらいなもの しかない ですむことである にすぎない の域を脱していない をどうにもできない 以外立入禁止 あくまでも あとはただ〜 いかにも いつも決まって かえって〜する かぎる かりにも きり こそなれ さもなければ〜もせぬ しょせん じゃなきゃあ すくなくとも せめて そこそこしか たたでさえ ただ〜である ただし ただの〜 ただもう たった だけだ だけは ちょっと〜しただけ でしかない でならない とどめる なにぶんの には のみ はじめて はじめての はやい ひとえに ひとつしか ほかない ほかに〜はない まぎれもなく まだほんの まだやっと までだ むろん もとより ものの やっと やはり ようやく よく見ると ろくに わずか 一心で 何でもない 何とか 何のことはない 却って 限らず 弱冠 初めて 専用 他にはない 当然 畢竟 変りはない 無二の 目標を限り 唯一 唯一の ...

precious の訳語→ いとしい おそろしく だいじだいじの 虎の子の 折角の 素敵な 大事な 大切な

really の訳語→ 〜でたまらない なもんですよ あながち いったい え、ほんとですか えらく きわめて こころから さぞかし しきりと じっさい じつに すごく すなわち そうか そんなに たしかに たって ついに とびきり とんと などの なるほど なんという ねえ はっきり はっきりと はらの底から べつに ほんというと ほんとうに ほんとうは ほんとに まあまあ まるきり もともと やっぱり ようく よくよく よもや 隠さずに 俄然 掛け値なしに 完璧に 強いて 元来 現実に 今度こそ本当に 細部まで 実に 実際には 実態は 心から 心の底から 心底 真に 真の 正式の 正真正銘 正真正銘の 正直 正直なところ 正直な話 正当な 積極的に 絶対 全く 全面的に 徹底的に 内心では 非常に 腹の底から 文字通り 別に 本気で 本質的な 本当 本当にそっくり 本当のところは 本当は 満足に 猛烈な 露ほども ...

relatively の訳語→ あまり くらべればまだしも どちらかというと まだまだ 割に

very の訳語→ 〜こそ すらも あまりにも いくらなんでも うら かんかんに きわだつ きわまる きわめる けっこう ことさら この〜ぶり さぞや さも すこぶる それは それゆえに たっての たっぷりの とっても とびきりの とんでもない なかなかの なんでも はなはだ ばかに ふかく まさしく めっぽう やけに バリバリに メチャ 異様に 一途 一番 掛け値なしの 掛け離れた 完全に 肝心の 強い 恐ろしく 極めて 極端に 極度に 九分通り 見るからに 仕方がない 至って 頗る 真実 世にも 多少 耐えがたいほど 大して 大分 大変 著しい 底まで 特に 特上の 如何にも 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 豊かな 満点 妙に 目に見えて ...

そのほかの「ほん」で始まる語句・表現

ほんと ほんというとね ほんとう ほんとうだ ほんとうに ほんとうに! ほんとうの ほんとうの友人 ほんとうはそうではない ほんとだよな ほんとに ほんとにする ほんとにそっくり ほんとにもう ほんとにわるい ほんとに好き ほんとに必要とする ほんとの ほんとのこと ほんとのことはいわない ほんとのところ ほんに ほんのいっとき ほんのちょっと ほんのり ほんのわずか ほんのわずかの ほんの一部 ほんの出来心 ほんの少し ほんの少ししかない ほんの少しだけ ほんの少し身じろぎする ほんの少量 ほんの心もち ほんの昨日 ほんの申しわけほど ほんの申し訳程度の ほんの腰掛け ほんの軽く ほんま ほんものの


ツイート