× Q 翻訳訳語辞典
threat   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おどし文句
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 37

威嚇
   
it is amazing how easily a threat to it intimidates: それへの威嚇にはいかに簡単に屈するかはあきれるほどだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 542
脅し
   
the arguments mount to the crescendo of a threat: 言い争いがどんどんエスカレートしていって、脅し文句の応酬になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 262
脅しの言葉
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 334
脅し文句
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 169
脅威
   
sb’s reckless threats and attacks: (人の)あからさまな脅威や攻撃 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 223
present no threat: なんら脅威を与えない 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 43
present a significant threat: 容易ならざる脅威になる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 277
environmental threats: 環境への脅威 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 7
be too old to be a threat: 歳が歳だから、相手は脅威を感じない バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 149
脅迫
   
pass for a credible threat: 効果的な脅迫になる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
one’s words are meant as obvious threat: 明らかな脅迫のつもりだ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 30
enforce the threat: 脅迫を実行に移す ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 245
deliver threats before one leave: 脅迫の捨てぜりふを吐く トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 166
警告
   
have ended that threat: その警告には終止符が打たれた クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 397
痛い
   
be the real threat: 〜が一番痛い ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 350
   
amount to a threat: 〜は危険な敵だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
敵意
   
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 99
恫喝
   
the gentle threat had made one drunk: このやさしい恫喝に(人は)酔った 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
gentle threat: やさしい恫喝 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 139

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

make blackmail threats: 脅し文句をならべる
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 303
death threat: 死刑宣告
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 145
constitute any threat for anyone: 仇をなす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 134
be a threat: 不都合だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 355
with threats upon one’s tongue: いつでも恐ろしいことをしゃべりちらせるぞといわんばかりに
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 132
try an Al Capone threat: アル・カポネばりにすごむ
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 33
threat of violence make sb’s spine tingle: 殺気が(人の)背すじを寒くする
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 84
represent the most basic kind of a job threat: 失業の憂き目に遭う
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 29
mistake a threat for a deed: 脅迫を本気にとる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 132
be no small threat: 穏やかではない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 138
be hardly a threat: 恐るるに足りない打者だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 291
an implicit threat from the head of one’s family: 一族の長としての威嚇のようなもの
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 159
belong both a reward and a threat: 報酬がつき脅迫がつく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 473
a brand-new threat: 新手の脅迫
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 232
death threat: 殺しの脅迫
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 63
I detected an implicit threat from the head of our family: 一族の長としての威嚇のようなものが感じられた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 159
I have always found such liaisons a serious threat to the order in a house: 雇人どうしの結びつきは、お屋敷の秩序にとって一大脅威ともいえるもので、
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 68
the threat of losing half of one’s meager assets to sb: なけなしの資産の半分を(人に)とられることへの恐れ
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 411
pose no threat: なんら脅威とならない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 94
a serious threat: 一大脅威
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 68
veiled threat: それとない脅し
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 89
ツイート