× Q 翻訳類語辞典

何となく  

うすうす なにがなし なんとなく ぼうっと ぼやっと ぼんやり もやもや 何がなし 何が無し 何と無く 何処となく 何処と無く 杳として 茫と 薄々 薄薄

たまさか たまたま つい ついつい はからずも ひょいと ふいと ふっと ふと ゆくりなく 不図 何気無く 偶々 偶さか 偶偶 偶然 偶発的 図らずも 巧まずして 思いがけず 思い掛けず 思い掛ず 思わず 思掛けず 思掛ず 端無く 計らずも 適々 適さか 適適

どういうわけか どうしたものか なにかしら なんだか 何か 何かしら 何か知ら 何か知らん 何だか 何となしに 何と無しに 何故か 如何で

almost の訳語→ 〜かける ぎみ さえ さながら しようとする し損なう するようだ せんばかりにする ちかく でさえある というに近い といっていいほど といっていいほどの といってもいいほどの ところだった とも言える とも言えるほど〜だ と云ってよいほど と言った方がいい と言ってもよいほど なまでの に近い に見えるほど のようだ のようなものだ のように みたいなもの も同然である 近く 同然で あぶない あやうく いいほど いささか いまにも いまや〜ばかりだ おおかた およそ かならずしもよく かなり かれこれ くらい すら すれすれ すんでに すんでのところで そのもの そろそろ たいていの だいたい ちょっと でもないけど といってもいいくらい といってよい とても とも ともいえる どうにか どうも どこか〜さえ なかなか なかば なんとか はや ひどく ほとんど ほとんど〜せんばかりである ほとんど〜と言ってもいいほどの ほとんど〜に近い ほとんど〜に等しい ほとんど〜ばかりにして ほとんど〜も同然 ほど ほぼ ほんの まあ まざまざと まず まずたいていは まもなく まるで まるで〜よろしくといった むしろ めったなことで もう〜も近い もうすこしで もうそろそろ もうちょっとで〜するところ もう一歩で もう少しで もう大分 もっぱら よく よっぽど 一種の 一種の〜にも似たもの 皆目 危うく〜しそうになる 近い 似た 実際に 手がとどく 十中八九 少し 情報源 真実〜しそうになっている 寸前までいく 大半 同然 半ば 負けないくらい 本当に 滅多に

certain の訳語→ ある ある種の ある程度の ある程度はっきりした あれこれ いくつか いくつかの いくつも いくらか いささかの かなりの きまった さぞかし さる しかと しかるべき すくなからず すこし そういうこと その どこか どこそこの どことなし なにか特別な はっきり はっきりさとる はっきりして はっきりわかっている ひんぴんと まぎれもない まちがいない やや よっては わかる 一種 一定の 一部 一面で 確実 確信 感ぜられる 間違いない 疑いない 決まっている 語気が強い 考えられる 思い知らされる 自信ありげなようす 自信がある 捨て難い 少々 深く 多少の 定められた 二つ三つ 不審な 癖である 別の 妙な

extremely の訳語→ 〜すぎる あっぱれなほど いかにも おそろしく ことのほか このうえもない ごく さぞ じつに すぐれて すこぶる すっかり ずいぶん ずばぬけて そりゃもう それはそれは たいした たいそう たいへん たまらなく とてつもなく どうしようもない どこまでも どん底の はなはだ ばかに ほれぼれするような まことに まずなによりも やけどしそうに やけに やたらに 異常に 過ぎる 極まりない 極めて 極端 極端なまでに 極度に 決して 至って 十分に 甚だ 世にも 全くの 素晴らしい 測り知れない 非常に 並みはずれて 並み大抵ではない 優れて 余程

indefinable の訳語→ 言うに言われぬ 実感のない 得体の知れぬ 訳のわからぬ

somehow の訳語→ 〜だが でまた ある意味で いずれは〜だろう いつかは いつのまにか かえって そしてなんとなく それでいて それとなく つくづく とかく とにかく とにもかくにも ともすると どういうものか どういう方法でか どうかこうか どうかすると どうしてか どうしてかはわからんけど どうしてだか どうしても どうにかこうにか どこかで どこからか どことなく どことはなしに どこをどう迷ったものか なぜか なにかの折に なんとかして なんらかのかたちで なんらかの形で なんらかの手段で なんらかの方法で ひょっとしたら ひょっとして もしかすると ようやく 何かの拍子で 何らかの 奇妙に 気がついたときには 懸命に 心なしか 多少 多少なりとも 必死で 不思議に

something の訳語→ 〜じみたもの というような意味のこと のような存在 めいたもの ある感覚 ある程度は いくばくか いくらかは足しに うっすらと こと これ すごい たいしたやつ ちょっとした ちょっとしたこと ちょっとしたもの つねに とか ところ とてつもないこと なにか なにか〜こと なにか〜なこと なにごとか なにやら なにやらの なんであったか なんらかの措置 はしくれ ひとかどの ひとかどの〜 ひとこと ひとつ めぼしいもの もしものこと もの やつ コツ モノノケ 悪くない 意地悪 一端なりとも 英才 何々 何かひとつ 何とか 何とはなく 何ほどかのもの 何やら 何やら〜するもの 何らか 何事か 価値あり 過ぎ 概略 材料 算段 事柄 出たもの 情報 真似 凄い 相当なもの 大した 大物 特別 物質 物体 雰囲気 問題 有望な線 余韻 要素 話題 憑きもの

vaguely の訳語→ あいまいな あいまいに いい加減に いくぶん うっすら おぼつかなく おぼろげに かすかな そこはかとなく ちょっぴり はっきりした約束ではないにせよ ほのかに よくは知らないが 遠くで 形だけ 心ここにあらずといった調子で 心もとない 漠とした 漠然と 漠然とした 曖昧である

very の訳語→ 〜こそ すらも あまり あまりにも いくらなんでも いたって いよいよ うら えらく かんかんに きわだつ きわまる きわめる けっこう ことさら この〜ぶり さぞや さも すぐ それは それゆえに たっての たっぷりの だけ とっても とびきりの とんでもない なかなかの なんでも ふかく まさしく めっぽう バリバリに メチャ 異様に 一途 一番 掛け値なしの 掛け離れた 完全に 肝心の 強い 恐ろしく 極端に 九分通り 見るからに 仕方がない 至極 自体 実に 頗る 真実 全く 耐えがたいほど 大して 大分 大変 著しい 底まで 特に 特上の 如何にも 飛切り 並はずれて 並みの〜じゃない 豊かな 満点 妙に 目に見えて ...

そのほかの「何と」で始まる語句・表現

何という形のいい 何といっても 何とか 何とかして 何とかして〜したいと思う 何とか捕まえる 何としても 何としても〜してみたい 何とぞ 何となく嬉しい 何となく話す 何となれば 何とはなしに 何とまあ 何とも 何ともいえない 何ともいえぬ 何ともいえぬ慚愧 何ともときがたい 何とも不思議な 何とも云いようのない 何とも名状し難い 何とも形のつかぬ 何とも形容しがたい顔で 何とも知れぬ 何とも答えない 何とも言えない不思議な 何と大した〜ではないか 何と思ったか 何と言っても


ツイート