× Q 翻訳訳語辞典
annoyance
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
むっとなる
   
suppress one’s annoyance at sth: 〜されてむっとなるのを(人は)抑えつける マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 274

苛立ち
   
in the midst of one’s annoyance: 苛立ちながらも セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 181
懸念
   
annoyance is beginning to form in one’s mind: 頭の中に懸念がきざす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
嫌味
   
be a little too hot to be dismissed as mere annoyance: たんなる嫌味と聞き流せないような棘がふくまれている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 349
口惜しさ
   
grit one’s teeth in annoyance at one’s own carelessness and stupidity: じぶんのうかつさと甘さに、今更歯ぎしりしたい口惜しさだ 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 103
当惑
   
a faint tinge of annoyance: いささか当惑したような表情 アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 35
煩わしさ
   
get away immediately and completely from all the annoyances: 急に一切の煩わしさから離れる 井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 21
不機嫌
   
His British accent didn't hide his annoyance: イギリス訛りは彼の不機嫌を隠しおおせていなかった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 30
不愉快
   
be overcome with annoyance: 急に不愉快になる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 219
迷惑
   
petty annoyance: 些細な迷惑 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with some annoyance: 小さく舌打ちして
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 16
with annoyance: むっとして
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 55
with annoyance: 少々ムッとして
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 174
look of annoyance: 眉をひそめる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 176
in annoyance: 煩わしげに
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 468
with no show of annoyance: 腹も立てずに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 267
with an expression of annoyance: うるさそうに
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 33
with a touch of annoyance: いささかぞんざいな口ぶりで
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 247
to sb’s annoyance ...: 〜で、(人を)いっそうかりかりさせる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 138
sharp as must have been one’s annoyance: くやしさで煮えかえるようだったにちがいない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 103
see ... as a minor annoyance: 〜を見くびっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 136
retire from ... in a capricious moment of annoyance: 気紛れの腹いせから〜を罷めてしまう
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
nor could one hide one’s annoyance whenever ...: 〜とき、露骨にムッとした顔になる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 51
go humph in annoyance: フンと小さく文句を言う
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 15
a flash of annoyance crosses one’s face: 一瞬、当惑の色が浮かぶ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 463
expression of annoyance: 当惑のてい
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 27
ツイート