× Q 翻訳訳語辞典
master   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜君
   
Master Magnifying Glass: 虫めがね君 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 58

ご主人さま
   
Show me to the bedroom, Master, I will go quietly: ご主人さま、寝室はどちらですか、わたし、すぐにでもそちらへ…… スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56

〜が身についている
   
<例文なし> 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 65

うまい
   
a master surgeon: うまい外科医 スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 92
やってのける
   
have mastered the art: この芸当を見事にやってのけている オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 18

ボス
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 492

会得する
   
"You must master ma," Oh was told: 「間を会得せよ」と王は命じられた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 174
悟る
   
<例文なし> カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 77
高いだけ
   
just master the barricade: バリケードよりいくらか高いだけだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
克服する
   
master these matters on one’s own: こうした問題は自分で克服する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 112
裁判官
   
Special Master: 特別補助裁判官 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 153
旨い
   
be by no means a master of ...: 決して〜が旨い方ではない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 168
習熟する
   
master the arts of mooring and warping and towing: ロープの保管や甲板内の雑用に習熟する 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 21
習得する
   
To use statistical quality control, every production worker must master it: 統計的品質管理を実施するためには、ひとりひとりの労働者が統計的品質管理の方法を習得しなくてはならない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 227
上手
   
be a master of ...: 〜が大変上手だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 213
身につける
   
have never really mastered ...: 〜を身につけていない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 288
天才的な
   
a master book designer: 天才的なブック・デザイナー ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 33
頭に入る
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 191
名人
   
have the disposition of a master: 名人気質である 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 27
名人上手
   
To imagine he can touch the Master!: たわけ、名人上手の球に触れうると思うか プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 170
抑える
   
In Louisville, for the first time, he seemed to master his wildness: だが、マクダーモットはルイビルでようやく、なんとか自分の粗さを抑えられるようになった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 318
抑制する
   
master one’s anxieties: (人の)内なる不安を抑制する トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 94

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Zen master: 禅師
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 282
the cool of the master: 名人芸
our masters: お偉方
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 230
master puppeteer: 人形使い
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 176
master plan: 総合計画
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 65
master craftsman: メカいじりの名人
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 190
Master at Arms: 先任衛兵伍長
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 17
acknowledged master: 自他ともに認める(〜の)名人
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 163
study and master all of sth: 〜を研究し尽くす
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 377
make oneself master of the country: 天下をとる
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 90
keep a master chart: 予定表にする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
fail to appear to greet one’s master: ついに出て来ない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 54
be the master stroke: 〜こそ最大の武器となる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 60
be master of ...: 〜を制している
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 33
be a master of ...: 〜を好んでつかう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
be a coolheaded master of logistics: 冷静で行き届いた考え方ができる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 278
a master and servant linked by bonds of affection: 仲のよい主従
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 182
The master craftsman smiled benignly: メカいじりの名人は穏やかに笑った
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 190
examine one’s master’s table-drawers and pockets: 雇い主のテーブルの引出し、さてはポケットまで捜索する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 116
do not wish to fret the master: ご主人の気に触れまいとする
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 58
says the imperturbable master: 侯爵は悠然としていう
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 214
master-servant relationship: 主従の関係
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 142
"He's all in, poor devil," muttered the master: 「すっかりまいってしまっていますよ、かわいそうに」と、主人が小さい声で言った
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 306
old master: 老大家
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 367
be a past master at sniffing out ...: (〜を)古ギツネのごとく捜しだす
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 101
a past master: 堂に入つてゐる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 32
I'm master of only about five per cent of what I survey: 自分が責任を持たされている物のわずか五パーセントの主人にすぎないんだ
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 74
ツイート