× Q 翻訳訳語辞典
Father   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いる
   
father a bastard: 隠し子がいる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
おやじ
   
my father: うちのおやじ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
my father: おやじ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 68
お父さん
   
just see the first man who would make one wish for a different father: こんな人がお父さんだったらいいだろうなと、生まれて初めて真剣に思う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63

親父
   
my father: うちの親父 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
my father: 親父さん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
   
want one’s father: 父恋しさに(人は)身をよじる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
父上
   
your father’s condition is serious: お父上の容体が深刻である セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 110
父親
   
sb’s own father: 実の父親 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
grow up under the firm hand of a father: 厳格一点張りの父親のもとで育つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 136
follow in one’s father’s footsteps: 父親の後に続く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
be still as ... as one’s father: 父親ゆずりの〜に変わりはない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
be claimed by one’s father: 父親から息子として認められる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
a father figure: 父親的人物 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185
Tweet