× Q 翻訳訳語辞典
Father   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いる
   
father a bastard: 隠し子がいる 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
おやじ
   
my father: うちのおやじ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
my father: おやじ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『ツェねずみ』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 68
お父さん
   
just see the first man who would make one wish for a different father: こんな人がお父さんだったらいいだろうなと、生まれて初めて真剣に思う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63

親父
   
my father: うちの親父 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
my father: 親父さん ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
   
want one’s father: 父恋しさに(人は)身をよじる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
父上
   
your father’s condition is serious: お父上の容体が深刻である セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 110
父親
   
sb’s own father: 実の父親 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 117
grow up under the firm hand of a father: 厳格一点張りの父親のもとで育つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 136
follow in one’s father’s footsteps: 父親の後に続く クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
be still as ... as one’s father: 父親ゆずりの〜に変わりはない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
be claimed by one’s father: 父親から息子として認められる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
a father figure: 父親的人物 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 185

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

your father: お父上
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 168
one’s mother’s father: 母方の祖父
one’s father’s father: 父方の祖父
my father: 親父
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 11
it does not seem a very manly thing for a father to do: 〜するのは親子とはいえ男同士としてはすこし気の引けることだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 85
father, mother, and son: おやこ三人
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 107
because of one’s father and mother: 親の七光で
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 149
be soon to be a second time father: もうすぐ二児の父親になる
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 384
go down to my Father: 親父の家へ帰る
スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 13
Talese had won a Pulitzer Prize for his study of the mob, Honor Thy Father: タリーズは、マフィアに材をとった著書『汝の父を敬え』でピューリツァー賞を得ている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 334
The fact is, Father has become increasingly infirm: 父さんは最近とみに弱ってきました
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 91
Father ... of ...: 〜を主宰する〜神父
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 190
Well, one thing led to another, Father: つまり、自然の成行きというやつです、神父様
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 210abnormal
Actually, his father had been a man of some refinement: 父は、どちらかといえば枯淡の人であった
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 203
shiftless loquacious alcoholic father: 口ばかり達者で甲斐性なしの、飲んだくれの父親
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 7
In his father's presence, Isao had always been reticent and deferential: ふだん勲は父の前で、寡黙で恭倹な息子であった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 186
And in my view, at the peak of his career, my father achieved his ambition: そして、執事としての円熟期に入った頃、その望みはかなえられたと思います
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 52
overly proud father that I am, I secretly applaud sb: こころの中で親ばかふうの拍手をおくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 214
My father was reading the newspaper in bed when my elder brother arrived: 兄が帰って来た時、父は寐ながら新聞を読んでいた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 124
an average father: 世間なみの父親
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 195
since one’s father died sixteen years before: 十六年前に父親が逝ってからこのかた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 166
there you can see the working of one’s father’s blood: お父上の血を受けついでいる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 346
my father wanted to be bold: 父は男っぽくありたいと思っていたんだっけな
カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 151
Her father or brother had probably stayed up one night making them for her: 父親か心やさしい兄貴かが彼女のために夜なべ仕事でこしらえたものだろう
小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 20
Most of the money had been extracted from his father’s contacts: その金額の大部分は、父親の知合いから引きだされたもので
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 109
at the death of one’s father: 父を喪って
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 209
Her father couldn't fire her, and she had developed a power base of her own: 父親は娘を追放できず、そのうえ彼女は自分自身の力の場をすでに築いていた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226
one’s father have died when one is still in one’s formative years: そんな年齢で父親を亡くす
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 72
After his father's fatal coronary, the Bazun rod and reel had disappeared: 冠不全で父が死んだあと、ベイザンのロッドとリールはどこかに消えてしまった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
foolish doting father: バカ親
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 103
drunken father: 飲んだくれの父親
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 116
'I want to do what my father considers best,' replied the boy, dutifully: 「父が最善だと考えることをやりたいんです」青年は素直に答えた
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 265
Quickly she hugged her father before he could expostulate: そして説教がはじまらぬうちにさっさと父親を抱きしめた
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 39
And for Isao to go against his father like this was most extraordinary: 勲が乞うまで父親に抗うことも、亦珍らしかった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 186
one’s father’s tiny close-set eyes: 父親ゆずりの小さな目
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 37
one’s father-in-law: 岳父
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 286
He and Nariaki were fellow daimyo as well as father and son: 父子とはいえ、それぞれ独立した大名である
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 58
Finally, my father lost his patience: とうとう父は堪忍袋の緒を切らせた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 281
it was love at first sight when they met at his father’s funeral: なれそめは、新郎の父の葬式で出会って一目惚れしたんです
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 128
Yes, but your father may not be out fishing at all, you know: ああ、だけどねえ、おとうさんは漁へ出ていないかもしれない
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 60
feel like one of the founding fathers of ...: いわば自分が育ての親とも思われる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 49
the founding fathers of the place: その土地に礎を築いた人
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 115
a good father: よき父親
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 197
sb’s grave, mustached father: 口髭をはやし、重々しい顔をした(人の)父
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 12
happy-go-lucky father: 脳天気な親父
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 42
Debbie Sue asked how Sidd got along with his father: お父さんとは、どんな感じでつきあっていたの、とデビー=スーが訊いた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
ruin a father’s image: 父親としては面目丸潰れだ
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 125
imposing father-in-law: 尊大な義父
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 146
"Fish aren't born gutted and sliced," Tatsuko's father interjected: はじめから切身の魚はいないよ、と父がまぜ返した
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 101
Then, too, he would become a son who knowingly betrays his own father: 自分はそれと知りつつ父を裏切った息子になるだろう
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 240
understand a father’s love as sb does: 父親として、(人の)気持ちはよくわかる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 145
'I can't imagine,' said her father mendaciously: 「さあ、わからんな」父親は白ばっくれた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 93
It was your mistake to think your father's eyes were like two knotholes: 父親の目を節穴だと思っていたのはお前の手抜かりだ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 426
Naturally, I accompanied my father on these outings: 当然のことながら僕は父のそのような遠出の買い物につきあった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 272
Then I remembered that nonsense Midori's father had babbled at me: それから僕は緑の父親がわけのわからないことを言ったのを思い出した
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 87
like any normal father: 世間一般の父親のように
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 423
as my father once said: うちの親父がよく言っていたが
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 390
Vladimir's father was an Estonian and a passionate Bolshevik, Oliver,: ウラジーミルの父親はエストニア人で、熱心なボルシェヴィキだったんだ、オリヴァー
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
what a father and husband had done to their daughter in the name of the greater good, in the name of career advancement and positive public images: 大義名分の名のもと、昇進と良き対外イメージ保持の名のもとに娘に対してやった行為
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 306
As you say, his father's death was rather providential: 父親の死が、むしろもっけの幸いだといったのはきみたちだ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 280
How could Honda question father and son about such a matter?: どうやってこの父子から、訊き質すべきであろうか
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 47
Quickly, without warning, my father offered to buy me a chemistry set: 出し抜けに、なんの前触れもなく、父が僕に化学実験セットを買ってやると言い出したのだ
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 51
be ready for a father figure: 父親像を求める
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 75
Are such reflections abnormal for a father?: 父親としてなみはずれた心理だろうか
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 56
That was my father's regiment: それなら父の師団だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 311
watch sb’s father regularly appear in: 父の姿がたびたびあらわれたから
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 151
"You must consider your father's reputation too," said my mother: 「御父さんの顔もあるんだから」と母がまた付け加えた
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
Shortly, her father and mother came upstairs with the guest: しばらくして、客と、父と母とが、奥二階へあがって来た
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 131
He had wanted to show it to his father: ブライアンはこのカードを父親に見せびらかしたいと思っていたのだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 100
Sometimes I even say him: 'my father.': ときにはほんとに、「親父さん」とよぶこともあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 153
ツイート