× Q 翻訳訳語辞典
言う   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
accuse
   
不満をほかのことでまぎらわせているのだろうと言う: accuse sb seeking substitute gratification ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 181
acquiesce
   
ため息をついて言う: to acquiesce with a sigh 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 42
add
   
それから彼は「おみやげは?」と笑わない顔で言いました: Without so much as a smile, he added, "Bring me anything?" 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
admit
   
自嘲気味に言う: admit wryly バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 275
admonish
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 61
announce
   
じつにすっきりと明るくさわやかな口調で言う: with no hesitation announce in bright, pretty voice 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
answer
   
(人を)睨みつけるようにして言う: answer, glaring at sb 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 216
ask
   
そういうつもりで言ったわけじゃないんだよ: That wasn't why I was asking 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 72
assert
   
言っておくが、〜だ: I will take occasion to assert that ... ポオ著 中野好夫訳 『黒猫・モルグ街の殺人事件 他五篇』(Murders in the Rue Morgue and other Stories ) p. 78
begin
   
少し困った口調で言う: begin self-consciously フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 80
blurt
   
急に言う: suddenly blurt 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 206
call
   
腰抜けといわんばかりのけんまくになる: virtually call sb a coward ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 80
claim
   
〜とまで言う: in fact, one claim ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 391
comment
   
頬をなでて、きれいな肌だなどと言う: stroke sb’s cheek and comment on its smoothness ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 40
confess
   
あんただから言うけれど: I do not mind confessing you that ... ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 74
contend
   
〜と言う: contend that ... トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 151
declare
   
涙なんか一滴だって流すもんかって言う: declare one would never shed a tear ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 244
deliver
   
勲はそこまで一気に言った: Isao delivered all this in a single burst 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 297
demand
   
相手の言う値でそっくり(物を)買い取る: buy all sth at whatever price sb demands 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 20
describe
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 25
discuss
   
(人と)会って実は〜しているのだが、〜できずにいると言う: discuss with sb some of the problems of trying to do ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 591
exclaim
   
癇癪を起こして言う: exclaim, flaring up in anger 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 39
explain
   
何も言わなくていいの: you don’t have to explain クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
express
   
〜のことで失望を感じていると言う: express one’s disappointment in doing ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 503
have
   
南部なまりのアメリカ合州国英語で言う: have a Southern drawl 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 19
imply
   
〜とでも言うように: as if to imply that ... オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 62
indicate
   
(人に)〜してもらいたいというようなことを言う: indicate that one will like to sb to do ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 479
insist
   
〜だって言う: insist ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 235
instruct
   
明るい声をつくって言う: instruct, trying to sound cheerful バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 112
mention
   
したがって、〜は言わずもがな: therefore, not to mention ... E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 74
mouth
   
口を慎め、と動かぬ唇が言う: silently mouth the word “Polite.” ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 146
mutter
   
「どうもどうも……」などとあいまいなことを言う: mutter a banal “Thank you” 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 81
name
   
〜を言ってみなよ: name ... カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 63
note
   
うれしさと悲しさこもごもに言う: note with both satisfaction and sorrow クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
observe
   
感情の片鱗も見せずに言う: observe without much in the way of emotion クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 52
offer
   
すると言う: offer to do デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 73
order
   
〜するように言われる: be ordered to do 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 49
point
   
(人に)言っておきたいことがある: point out to sb one thing アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 327
profess
   
(人と)見解をともにするとまでは言わない: stop short of professing to share sb’s concerns ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 495
promise
   
おどおどした笑顔で言う: promise with an uneasy smile クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
pronounce
   
protest
   
思いやりというより破損を怖れてジャックリーンはそう言わずにはいられなかった: Fear of breakages rather than altruism had prompted Jacqueline to protest レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 60
put
   
一言で言えば: to put it briefly 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 12
read
   
「〜」と言いかえてもよい: can be changed to read ‘...’ 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 33
recall
   
〜と言う: recall ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 169
refer
   
ここで言おうとしていることは、〜: ... to which one is referring here 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 85
relate
   
〜を言う: relate sth クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
reply
   
「ええ、まあ」と言う: reply vaguely 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 423
report
   
せいぜい柔順な声音で言う: report in a remarkably docile voice クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 135
respond
   
あいさつぬきでいきなり言う: respond, bypassing the formality of returning sb’s greeting グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 261
return
   
「ちょっと考えさせてくれる、頭を整理したいので」ダヘーアは言った: "Let's see if I've got this straight," he returned セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 256
say
   
すぐ口癖に言う: would say at one time ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 379
sell
   
〜に向かって言う: sell sth to sb クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 84
show
   
〜な場合にでも言いそうな、いかにも不承々々といった恩着せ顔のお義理愛想: with a far more grudging condescension and patronage than one could have shown if ... ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 203
sound
   
妙なことを言うようだが: this may sound strange 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 34
speak
   
こんなに正直なことを言ったのはたえて久しくなかった: truer word was never spoken サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 198
state
   
分かりきったことを言う: state the obvious クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 231
submit
   
何とかして言わずにいたいと思う: be determined not to submit 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 71
suggest
   
押しつけ口調で言う: suggest eagerly バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 177
talk
   
これだけ口を酸っぱくして言う: talk to sb until one be blue in the face ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 172
tell
   
まさか〜と言っているんじゃないだろうな: you’re not telling us ..., are you? トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 90
think
   
〜だろうと言う: think ... ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 434
unload
   
(人に)愚痴を言う: unload one’s gripes on sb 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 61
venture
   
「まず無理じゃないかな、そりゃ」と僕は言った: "Pretty much out of the question," I ventured 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 60
whisper
   
低く言う: whisper in a low voice 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 45
word
   
(人が)何と言ったか一言ひとこと正確に思い出す: recall sb’s exact words カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 141

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

言う: bring sth up
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 139
言う: call out
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 37
かろうじて聞き取れるくらいの小さな声で、(人が)言う: one’s voice is now barely above a whisper
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 458
ふと思い出したように言う: say abruptly
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 38
ポツンと言う: speak abruptly
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 77
薮から棒に言う: say abruptly
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 122
言うのをやめる: stop abruptly in midsyllable
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
こともなげに言う: say absently
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 109
上の空で言う: say absently
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 290
〜に言うべきことがまるで何もない: have absolutely nothing to say to ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 393
まことに真剣な口調で言う: say with an absolutely straight face
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 185
決して荒げたことのない落ちつきはらった声で言う: say in one’s never-ruffled, absolutely placid voice
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 103
剽軽な事をまじめな顔をして言う: the absurd stories I solemnly relate
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 17
おおいにものを言う: work like an ace
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 268
(人は)、はっきり言う: “...,” sb acknowledge
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 13
(人の)言うなりになって土地を渡す: acquiesce to sb’s land-grab
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 53
わたしの肌は淡褐灰色、ないしは、黄灰色とでも言うしかない: I'm more putty-colored, actually
それを言うなら:actually
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 402
妙なことばっかり言う: actually say something funny
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 37
(人の)言うことをまじめに聞く: actually hear sb’s message
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 54
「今のはヴェイゲイの冗談ですよ」エダが横から言った: "Vaygay is only joking," Eda added
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 194
一息に言う: add in the same breath
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 66
何かひとこと言うたびにわっと笑い出す: each remark become an excuse for additional laughter
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 57
大急ぎでそう言うと: with this hurried adjuration
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 17
弁護料をまけてやると言う: offer to adjust one’s fee
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 329
テレビを見ていて、あれは悪くない、と言う: admire on television
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
なるほど、(人の)言うとおりかもしれない: I have to admit sb has a point
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 236
妙に大人びた丁寧な口調で言う: mysteriously speak in the polite tones of an adult
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 154
いっぱしの大人のような顔をして言う: answer sb with a terribly adult expression
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
(人の)言う事を聞く: take sb’s advice
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 299
わたしはにこやかに言う、くだらん冗談はよせ、と: I tell him, affably, that's a bunch of crap
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 27
わからないことはわからないと臆せず言う: be not afraid to say when one doesn’t know
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 252
こっちが最初にそうだといってるのに、その上におっかぶせて、こんなふうに二度言うんだからな: When people say something twice that way, after you admit it the first time
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 19
言うなれば: after all
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 298
ぷいと〜と言う: state as an afterthought that ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 489
繰り返して言う: say again
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
重ねて言う: say again
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 154
〜だろうとうるさく言う: ask sb over and over again whether ...
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 215
(人の)ことをとやかく言う筋はない: have nothing to say against sb
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 96
(人に)ずけずけと文句を言う: aggressively express one’s complaints to sb
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 240
居直った気持で言う: speak aggressively
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 62
不興げに言う: say in an aggrieved voice
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 183
〜してもいいと即座に言う: readily agree
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
口をそろえて言う:agree
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
親の言うことかて、納得せんと、聞きよらしまへん: He doesn't listen to anything we say unless he already agrees
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 75
どうぞ、と言う: agree to this
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 378
ごく天然自然なので文句を言う気にもなれぬ自画自賛: the natural air of self-sufficiency and self-congratulation
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 111
最後の切り札をひきだすかのように言う: say with the air of producing the last shot in one’s locker
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 218
〜という口調でそう言う: say with the air of ...
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 32
それだけ言うのがやっとだ: it is all sb have found to say
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 311
(人が)必ず言う言葉だ: be what sb ask all the time
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 9
僕がそう言うと、直子は少しがっかりしたみたいだった: Naoko seemed almost disappointed at my answer
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 41
本当にすまなそうな顔をして言う: say almost apologetically
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 222
おそるおそる言う: say almost fearfully
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 18
さりげなく言う: add almost in passing
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 84
何かと言うと〜する: be always doing
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 221
口ぐせのように言う: always say
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 27
(人は)口癖のように言う: sb always say
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 18
きさまの言うことは、決っている: always the same with you people
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 209
素人が何を言うかというように: showing the professional’s scorn of the amateurish statement
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 119
天国をどうこう言う: analyze heaven
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 56
〜とにやにやしながら言うばかりである: would simply smile and say ...
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 76
(人が)大声でつんけん言う: sb’s voice rises in anger
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 70
腹立たしそうに言う: demand, with hot anger
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 44
怒りを込めた口調で言う: snap angrily
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 93
怒気を含んだ声で言う: speak angrily
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 498
カッとなりながらも、幾分心配そうに言う: say with signs of angry apprehension
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 287
おとなしくて言うことをよくきく馬: a calm, friendly animal
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 75
フンと小さく文句を言う: go humph in annoyance
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 15
もうひとつ意外なことを言う: make another unexpected comment
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 197
口々に〜と言う: whisper to one another that ...
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 16
なんだかあいまいなことを言う: one’s answer is evasive
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 145
(人と)の接触は、それがどのようなかたちであれ、遠慮してもらいたいと言う: indicate that any communication with sb is unlikely
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
(人の)機先を制して言う: say before sb can say anything
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 147
〜と言うものに御縁がない: have never had anything to do with ...
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 33
すこしすまなそうに笑いながら言う: say with an apologetic smile
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 182
申訳なさそうな声で言う: ask in very apologetic tones
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 170
(人は)素直に詫びる口調でこう言う: a serious, apologetic sb who apeak to sb
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 228
恐縮して言う: say apologetically
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 327
弁解するように言う: say apologetically
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 332
弁解口調で言う: say half apologetically
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 368
皆、いかにも気の毒がっているみたいに慰めを言うのよ: Everyone kept apologizing, as if they were genuinely sorry
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 221
(〜した)詫びを言う: apologize for doing
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 134
詫び言を言う:apologize
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 140
くどいほど詫びを言う: keep apologizing profusely
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 98
詫びと礼を一緒に言う: apologize to sb and thank sb in the same breath
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
ほとんど顔色も変えずに言う: say with little apparent emotion
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 105
単刀直入に言う: the direct approach
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 234
精いっぱい穏やかにきこえるような口調でこう言う: say with as close an approach to mildness as one can manage
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 78
常套的な順序で(人の)特徴を言うと: to speak of sb’s points in approved order
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 196
(人は)何かの拍子にふと言う: apropos of nothing, sb suddenly says ...
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 12
少しはしゃいだ口調で言う: ask rather archly
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 113
世間の人々は専門家のすることをとやかくいわないもんだ: People never argue when they're confronted with a trained man,
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 122
熱っぽい口調で言う:argue
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 28
文句は言わない: don’t argue
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 63
ツイート