× Q 翻訳類語辞典

すると  

after の訳語→ 〜うえで うちに から解放される がすぎた頃 がすむと が一通り済むと が済んで が終わってしまうと したあげく したあと したあとでは した以上 した頃 した直後 してから してしまえば してたんだもん してるうちに してるのに する途端に せいか に入ると のあと のすえに の末 の末に をきっかけに をまわると を過ぎて を出て〜後に を待って 以外に 果てに 終えるのを待って あげく あけたあと あげくに あげくの あと あとで あとでは うえに から さがしている さっき すえに すぎて すむと せっかく そういう ため なにしろ〜ただけに ねらう はさんで ひとしきり〜した まわった まわっている めあて もとづいて 過ぎる 帰りに 求めている 経過しても 後まで 後ろ姿を 後部の 考えてみると 差し引いて 済むと 時から 手配が回った 先は 狙う 狙って 大分まわったころ 遅れて 中で 追う 熱をあげる 背に向かって 背後で 末に 矢先 弄して

and の訳語→ 〜が、 が、〜 したまま しては〜し しても だが〜 と〜の別なく ながら のうえ の上で〜する もあり〜もある あるいは いいえね いいかい いましも いやそれより いよいよ おかげで かつ が、その実〜 けれど ことに さて さらにいうなら さらに付け加えさせて頂くなら しかも したがって してみれば しながら じっさい するとどうだろう そういえば そういったとたん そうなったら そうなれば そこへもって来て そしてついに そのあとで そのうえ そのくせ その間 その瞬間 そもそも それからな それだけならまだしも それで それでも それとても それなのに それにさ それにね それに何といっても それも それ故 たびに だいたい だからこそ だけど だの ついては つと つまりな ですから では というわけで とくに ところで とたん とはいうものの ともども どうやら なににもまして なのになんだ なるほど なんで にも ので ふうん まあいい またあとを まだある もうひとつ もちろん やおら やはり ようやく ブレンド プラス 以下 以来 一所に 一方 加えて 果たして 含めて 共に 結局 兼ねる 実際 上に 第一 同時に 頼りに ...

before の訳語→ ・・・から〜する から、また し、やがて〜 したあとで したところで したのは した末に、はじめて して〜する してから〜する しないうちに しないように しなければ、〜ない するまで するまでには する暇もなく ということになって、やっと に先立って ぬうちに まで〜しない までに よりも早くに を待たず うち かつて けっきょく最後には この前 これまでに さっきまでは してはじめて そこへ その前に それからやっと それまでのあいだ とうに ないまま なかで にあたって には ぬ先から はじめて ひまもなく ふくまれていない まだ〜しかねているうちに まだ〜しないうちに まだ〜でなかった時代 まで までは もうそろそろ やっと よりはやく より早く 以前 以前にも 一足先に 一度も 暇もないうちに 過去に 眼前を 近い 後に 後まわしで 今まで 今度は 最後は 際に 真ん前に 先から 先に 先刻 前に 前にも 前もって 前回 漸く 早くに 置いて 直前 途中で 抜きで 面前で 目の前に 目の前の 目前に ...

but の訳語→ ・・・が こそすれ、〜 にしても もさることながら いずれにしてもだ いわば かといって が、その一方で が、だからといって が、一方で くせに これにくらべて さりとて されど しいていえば しかしどうしたことだろう しかるに そこへゆくと そのかわり そのじつ その代りに それが それと それにしても それにひきかえ それはさておき それはともかく それよりも ただ〜 ただ〜の感はあったけどね だからといって だがしかし だがどうやら だけ だけどな だって だのに つい ではありますが でもいいんだ でもさ でもだからといって でもね でもねえ でも結局のところ といって といっても ところが として とにかく とはいえ とはいったものの とはいっても ともかく どうも どのみち なにしろ なにしろ〜なもんで なにせ なのに にもかかわらず のに ばかりだ ほかに ほかは ほんの まあ まず まったく もっとも より外に 案外 遺憾ながら 一応は 何しろ 何はさて 少なくとも 反面 ...

once の訳語→ 〜しさえすれば してしまうと してみると あるとき ある時 いちど いちどだけ いったん いったん〜したら最後 いっぺん いつか いつかなんかも いつかの いつかは いつだったか ことがある したぎり その昔 ただの一度も たまには ついいましがたまで でも のみならず ひところは ひと声 みると もとは もともと もともとは よく 以前の 以前は 一回 一口 一時 一時期 一瞬 一生に一度 一度 一度〜したが最後 一度などは 一度なんか 一度は 元は 言下 今回 最後 子どものころ 初めは 生前の 昔は 即座

so の訳語→ 〜たっぷり あたり あまりに あまりにも〜 あれほど あんまり いたって いとも ええと、つまり およそ かくなるうえは、というわけで かくも こう こうしていれば こうすれば ことほどさように これほど こんなにも さてと しかたがないから しごく じつに じゃあ すごく そう そうか そうすりゃ そこで そこまで そしたら そっくり そのもの そりゃ それくらい それなりの それを思えば そんなわけで たいそう だから だからね てなわけで でしょ ということは とっても となると とまあ、こういう次第で どうだ どうだろう なら なんとも はなはだ ひときわ ふん ほとほと ほんとうに また むしろ むやみに もう もどき ものすごい ものすごく やけに やたら やたらに やまない ように よし、これでよい よほど 異様に 一心に 何て 何分にも 恐ろしく 極端に 極度に 見本 思いきり 実に 心から 人一倍 甚しい 世にも 絶えず 大いに 大幅に 当然ながら 年来 本当に 猛烈な ...

suddenly の訳語→ ある日突然 あわてて いきなり いちどきに いつしか いつになく いつのまにか いつの間にか いつ考えたのか いまにも がくりと がらりと この時ばかりは これまた突然 ころりと さっと すぐに そのうち そのとき そのとたん たちまち だしぬけだ だしぬけに ついに つぎの瞬間 と、 とたんに とっさに ともすれば と思う間に どういうわけか なんの前ぶれもなく にわかに はたと はっと はっと気がつくと ぱたりと ぱっと ひょいと ひょっくり ひょっこり ひょっとした ぴたりと ふいと ふいに ふっと ふと ふとして ふらっと まったく唐突に やにわに やみくもに ゆくりなくも 意表をついて 一気に 一挙に 一度に 一夜にして 堰を切ったように 何としても 何の前触れもなく 俄かに 俄に 急に 急速に 急転直下 急遽 見るま 言い出す 忽ち 忽然と 思わず 取って付けたように 出し抜け 出し抜けに 出抜けに 瞬時に 瞬時にして 掌を返したように 勢いよく 性急に 前ぶれもなく 前触れもなしに 卒然 打って変わって 大急ぎで 途端に 唐突 唐突に 突然 突如 突如として 反射的に 不意に 刹那に 咄嗟に

then の訳語→ が、たちまち〜 あとから あとは あのころ ある日のこと おまけに が、それもつかのま けれども ここにおいて この際 これでも こんどは さらに しかし しかるのち しばらくすると じゃ すぐ すぐまた そういっていただくと そうこうするうち そうしておいて そうすれば そこまでいって そして そしてほどなく そのあとは そのうちにまた そのたびに そのときになって その後 その頃 その場合 それ それから先は それが済むと それでいて それでは一つ それを聞くと そんなら だが だったら だとすれば ついで つづけて と、そこで ところが、そのうちに ところがつづけて ところがどうだ とすると とすれば と言う傍から と思ううちに と思うと ふたたび ほどなく もうあとは もしそうだったら やがて ややあって よしよし 一瞬、間をおいて 間もなく 結局は 後は 最後に 思いなおしたように 思うと 次には 次の瞬間 次の瞬間には 少したってみると 続いて 遅まきながら、やっと 二度目は 年月が流れ ...

though の訳語→ 〜しているくせに だというのに だとしても とはいいながら と前置きしたうえで ながらも のわりには ああ いいえ いや しかしながら ただ ただし だけどね だだし ではあったものの というのに どうも何だね ないにしろ むろん 元来〜であるが 他方

until の訳語→ 〜し、〜する したあとまで したとき するうち〜 するほど する段になると ときは ならないうちは ほど が、やがて〜 こんどの したときには しないうちから しなければ しまいには そのうちに ついには ついには〜 と〜するうちに とうとう ほどに までの間 やがて〜 気がついてみると 遂には

when の訳語→ 〜くせに したあかつきには したころ したときだった したとこで したとたん したのも した時代 した時点で してからも するにいたって する際に すれば すれば必ず ということになると というところで ときた場合 と同時に なんかの場合 におよんで のころ のには の時分 の状況において 時代 あいだ あい間に あかつき あかつきには あのときは あれば いちど〜すれば いっしょに いっぽう いつ いよいよ〜とき うちは かりに がてら ころ さすがに して するたびに するや それから そんなころ たとえ〜でも ちょうどそのころ と、そこへ とき ときに なので 一度でもあるか? 何時 頃あいに 時期 時点 時分 場合 折り 刹那

where の訳語→ おりしも このあたり そこへ行けば〜 たぐいの ところ どうして どうなるか どこ どこで どこなの どこに どこの どこへ どこまで どのあたりに 位置

そのほかの「する」で始まる語句・表現

する すること することが することがあっても することが多くなる することなすこと することにする することもある するする するすると するつもりだ するといいけどね すると忽ち するどい するどくうなる するには有効かもしれない するに至る するに足る するのがいやならば するのがふつうだ するのが筋だ するのにまかせる するべきだ するものだ するものである するやいなや するようだ するような気さえする するようになる するりと するりとおりる するりとはまりこむ するわけにいかない するんだな する事にする する思いだ する恐れは充分ある する手もある する手段として する方がいい する方法は? する方針 する気 する気がある する気だ する気にならない する気になる する気になれる する直前 する見返りとして する間にも


ツイート