× Q 翻訳訳語辞典
hated
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

He said he'd always hated himself for marrying me: きみと結婚したことをずっと後悔していたけど、・・・
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 264
James had always hated the pretentious white uniform with the white hat: ジェームズは以前からこの奇を衒った白い制服制帽が気にくわなかった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 290
have always hated young men: 昔から若い男って嫌いだった
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 213
Most of them hated him anyway: もともとほとんどの選手がワイスを憎んでいた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 304
Fay had briefly loved the man but then soon hated him forever: フェイはひとときのあいだ彼を愛したものの、それはすぐに憎悪に変わったし、それもとことん憎み続けることになった
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 114
Yogi Berra hated catching doubleheaders, particularly in the heat: ヨギ・ベラは、とくに暑い日は、ダブルヘッダーでマスクをかぶるのを、ひどく嫌った
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 335
my choice is to be hated or to be despised: 憎まれようが軽蔑されようが、それはぼくの勝手だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 289
She hated travel, the competition, the thought of crowds: 旅がきらいで、競争がきらいで、人間の集団のことを考えるとぞっとするというのだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 139
a man she could have hated loathed, despised on sight: 出会ったとたんにいがみあい、悪口を言いあい、憎みあった男性
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 84
Christ, she hated dogs, especially the mouthy ones: ウィルマは犬が大嫌いだった。なかでも嫌いなのは、きゃんきゃん吠える犬だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 157
as the little girl hated hearing ...: 〜を聞くのが子供心に嫌だったのであろう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 129
He hated it when you called him a moron: あいつはひとから低能って言われるとおこるんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 71
He hated her: アーサーは彼女を毛嫌いしている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 262
God, how I hated him: チキショウ、癪にさわったな、僕は
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 67
hated sb: 憎き(人)
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 16
He hated everybody's guts, damn near: ストラドレーターに限らず、誰でも腹のすわった男のことはきらってた、みたいだな、奴さん
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 34
He maintained stoutly to everybody who asked that he hated this,: いやだろ、そんな授業? こんなふうにたずねる人に会っても、ブライアンは平然とした態度を崩さないようにしていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 24
ツイート