× Q 翻訳訳語辞典
observation   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
のぞき
   
observation window: のぞき窓 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 313
a observation window: のぞき窓 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297

意見
   
make an astute observation: 抜け目のない意見を述べる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 89
感想
   
simple observations: 短く感想 マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 34
sb’s comments and observations are insightful: (人の)コメントと感想が当を得ている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 592
観察
   
apology for frank observations of a white girl: 白人の娘がこういう観察をしたことへの詫び トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 111
見かた
   
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 587
光景
   
one’s observation through ...: 〜ごしに見た光景 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 275
考察
   
thinkers come up with astute observation about this fever: この情熱についてもっと的確な考察がなされている フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 44
参考
   
it’s an observation only, mind you: これはあくまでも参考ですよ 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 145
指摘
   
make two observations concerning sth: 〜について次の二点を指摘したいと思う 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 29
主張
   
commonplace observation: 月並みな主張 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 58
断言
   
downright observation: あからさまな断言 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 27
展望用
   
the observation scaffold: 展望用の足場 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 516
目配り
   
be conveniently situated for observation: 目配りに都合のいい位置にある セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 152

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s knowing observation: 知ったかぶり
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 31
make observation: 記述する
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 183
from indirect observations: 状況証拠を照合して
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 11
be brilliant observations: まことに鋭い洞察を含んでいる
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 170
sb’s observation is correct: (人の)見間違いでない
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 13
preface a narrative by observations very much at random: ある物語をするに当って、前文としていささか駄弁を弄する
it has been my observation that ...: いままでずっと見てきたんですけど
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
be new to the observation of one: (人には)初めてで珍しい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 42
block observation of which one disapprove: 反論は容赦なく切り捨てる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 223
extraordinary powers of observation: おどろくばかりの観察力
huskily whispered observation: 押しつぶされたような声で言う
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 97
with a single, incisive, pithy observation: 寸鉄詩風に
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 135
a observation window of smoked glass: スモーク・ガラスのはまったのぞき窓
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 297