× Q 翻訳訳語辞典
talent   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
やつ
   
local talent: 地元のやつ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 325

才能
   
sb’s artistic talents bloom like mad: (人の)画家として才能が恐ろしいくらい見事に花開く ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
in terms of supplying talent: 才能の供給源ということでいえば プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 309
have the talent to make such an ambition work: 〜をやりとげるだけの才能が(人に)はある ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 287
have the talent of ...: 〜する才能の持ち主なのだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 257
don’t really have the talent: 才能がおよばない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 289
be blessed with a talent for one’s work: しごとの才能もめぐまれる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 210
手腕
   
talent for ...: 〜する手腕 サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 59
素質
   
He knew he had a talent of disaster: 彼は自分に破滅をよぶ素質があることを知っていた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 39
He had seen talent in the young man and had hit fly balls to him by the hour: キンダーは、フレッド少年の素質を見抜き、何時間となくノックをしてくれた ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 452
能力
   
refuse to make use of one’s talents: 何か遣れる能力があるのにぶらぶらする 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
draw out the hidden talents of even desperate cases: どんな人間であれその能力を見出す 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 33
文才
   
<例文なし> ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 75
優秀な人材
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 222
腕利きの手下
   
talents: 腕利きの手下ども ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 74

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

talent agency: 芸能プロダクション
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 206
obvious talent: 有り余る才能
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 196
great talent and ability: 才器
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 48
a rising new talent: 新人
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 20
sb’s talents are marginal: 才能が乏しい
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 29
have no talent with plants whatsoever: 植物の世話はからっきしだめだ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
a talent barely indistinguishable from that of an amateur: 素人に毛のはえたような技術
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 46
attract the better class of talent to the minor role: 上のクラスの俳優でも進んで端役を演じてくれる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 17
must have been born with talent: 元来天分があったとみえる
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 8
talent for brevity of detail: 枝葉末節を切り捨てる手腕
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 59
bring sb’s talent into play: (人の)才能を発揮させる
A deep classic talent: 深くて本格的な才能
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 401
Too smooth, too clean for local talent: 手ぎわのよさ、そつのなさは、地元のやつではなさそうだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 325
'They have a talent for diarrhoea,' a French friend observed: 「腹を下す才能がある」とあるフランス人の友だちは言った
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 168
disspate one’s talent in dribs and drabs: 才能を細かくまきちらす
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 12
talent to get along: 世渡りの才能
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『人間失格』(No Longer Human ) p. 81
dismiss that talent impatiently: そんな能力を一蹴のもとに斥ける
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 174
one’s lack of talent and intelligence: 才能もおつむも足りない(人)
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 143
blessed with loads of wonderful talent: 素晴らしい才能に恵まれる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 12
manifest minimal talent: 才能が絶望的に欠けている
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 62
noticeably soaring talent: 特に著しい才能
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 59
O'Doul recognized both the talent and the flaws in this young player: オドゥールは、若いドミニクの才能も欠点も見抜いた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 329
catch the attention of the local talent spotters from ...: 〜のスカウトたちの目に留まる
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 227
thanks to his indubitable talent he was still making a handsome living: そしてこのまぎれもない才能のおかげで、いまだに結構な暮らしをしていた
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 167
one’s talent lies in writing: (人の)才能は創作面にある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 46
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!