× Q 翻訳訳語辞典
whistling   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ひゅうっと鳴らす
   
let one’s breath out in a long, whistling sigh: 喉の奥をひゅうっと鳴らし、(人は)長い長い吐息をつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130

口笛のような
   
draw in breath over one’s teeth in a harsh, whistling gasp: 耳ざわりな口笛のような音をたてて歯のあいだから大きく息を吸いこむ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
鳴り
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 12

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

we’re whistling in the dark: こちらのひとりよがりでしかない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
Otherwise we're whistling in the dark: それ以外はこちらのひとりよがりでしかありません
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 132
Campanella was whistling to himself sadly: カムパネルラはまたさびしそうにひとり口笛を吹き、
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 111
like the wind whistling through the trees at night: 夜の木々が風でさわさわと鳴るように
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 159
ツイート