× Q 翻訳訳語辞典
Vallery  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Nicholls flushed darkly, began to stammer an apology but Vallery cut him off: ニコルスはぱっと赤面し、もごもごと詫びの言葉をならべはじめたが、ヴァレリーがさえぎった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 290
'As bad as that?' Vallery asked softly: 「そんなにひどいのか」ヴァレリーは、声を落としてきき返した
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 374
Vallery smiled briefly: ヴァレリーはちょっと笑ってつけくわえた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 72
Vallery listened calmly, patiently, as Carslake made his outraged report: カースレイクが興奮して報告するのを、ヴァレリーはしずかに、忍耐づよくきいていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 64
Carefully, he pillowed Vallery's head on the gloves, rose slowly to his feet: 彼はヴァレリーの頭をそっと手袋の上におろし、ゆっくりと立ちあがった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 245
He passed an arm round Vallery raised him carefully to his feet: 彼は片腕をヴァレリーの腰にまわし、そろそろと立ちあがらせた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 396
Vallery sounded positively cheerful: ヴァレリーの声は、ことさら快活にきこえた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 287
Vallery's voice was cold: ヴァレリーの声はひややかだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 65
Vallery's voice was flat, colourless: ヴァレリーの声は、ぼそっと生気のないものだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 211
Vallery was instantly contrite: ヴァレリーは即座に後悔した
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 278
'What would you do, sir?' Vallery countered: 「あなたならどうします」ヴァレリーは切り返した
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 143
Vallery received the report, hesitated over his decision: ヴァレリーは報告をうけ、決断をためらった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 332
Vallery shook his head decisively: ヴァレリーは、はっきりとかぶりをふった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 227
Vallery cut in desperately: ヴァレリーはすがる思いでさえぎった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 367
Captain Vallery died five minutes ago: ヴァレリー艦長が五分前に逝去された
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 432
Vallery shook his head doubtfully: ヴァレリーは自信なげにかぶりをふった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 242
He's overstating it, Vallery thought dully: 大げさな、とヴァレリーはげんなりしながら思った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 16
'Exactly,' Vallery nodded: 「まったくだ」ヴァレリーもうなずいた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 298
When Vallery spoke, his voice was quite expressionless: ヴァレリーが口をひらいたとき、もうその声にはなんの感情もなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 140
Rarely did Richard Vallery break through his self-imposed code of formality: リチャード・ヴァレリーが、みずからに課した謹厳の掟を破るなど、めったにないことだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 143
Vallery seemed genuinely amused: ヴァレリーは、心底おかしがっているように見えた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 404
Vallery turned to the Admiral, his face grave: ティンドルをふり返るヴァレリーの顔は、沈痛だった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 72
Vallery closed his eyes for a moment, turned slowly, heavily away: ヴァレリーはじっと目をとじ、やがてゆっくりと、重い足どりで出て行った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 141
'Well?' Vallery's voice was edged with impatience: 「どうだ」ヴァレリーの声に、かすかにもどかしさがまじった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
Vallery was impatient: ヴァレリーはしびれを切らした
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 307
Vallery shook his head impatiently: ヴァレリーは、いらだたしげに首をふった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 67
Incredulously, Vallery twisted round in his chair: 信じかねて、ヴァレリーは椅子に身をよじった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 304
He stopped short, looked inquiringly past Vallery's shoulder: ふっと口をつぐんで、彼は不審そうにヴァレリーの背後を見やった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 45
Vallery might never have heard him: ヴァレリーには、相手の声はきこえていないみたいだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 191
Vallery still sat motionless: ヴァレリーは、いぜん身じろぎもせずにすわっている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 30
'Nice of you to include yourself, Commander,' Vallery murmured: 「自分もふくめたのは殊勝だが、副長」ヴァレリーはつぶやくようにいった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 161
'You put thing so nicely,' Vallery murmured: 「はっきりいってくれるやつだ」ヴァレリーは口ごもった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 258
Vallery smiled non-committally, lit a cigarette: ヴァレリーもあいまいに笑って、煙草をつけた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 143
A stocky, overalled figure walked slowly forward, halted in front of Vallery: ずんぐりした作業衣の人影がひとつ、のそりと進み出てヴァレリーの前でとまった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 269
'Oh, God!' Vallery bent his head, looked up again, slowly, painfully: 「なんということだ」ヴァレリーはがっくり頭をおとし、ふたたび緩慢に、苦しそうに顔をあげた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 317
'But--but--perhaps that's exactly what he wants,' Vallery protested: 「しかし--しかし--おそらく、それこそ敵の望むところでしょう」ヴァレリーは反駁した
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 238
'So Condors they are,' Vallery repeated, smiling: 「コンドルだそうだな」おうむ返しにいって、ヴァレリーはにっこり笑った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 348
Vallery shivered in a sudden flurry of snow: 不意にさーっとふぶく雪に、ヴァレリーは身ぶるいした
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 377
'Tell them he's not available,' Vallery said shortly: 「だめだといってやれ」ヴァレリーはそっけなくこたえた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 361
Vallery turned away, sick in body and mind: ヴァレリーは、身も心も嘔吐する思いで目をそむけた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 252
'I don't know,' Vallery said slowly: 「わからん」ヴァレリーはおもむろにこたえた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 376
'Starboard 30!' Vallery snapped: 「右舵三十度!」ヴァレリーはきびきびと命じた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 208
'You dare to talk of Captain Vallery like that!' he said softly: 「ヴァレリー艦長にそのいいようは許さん!」今度は声おだやかにきめつけた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 262
The eyes were fixed steadily on Vallery: 目はじっとヴァレリーにそそがれている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 141
Vallery was unprepared for the sudden switch: ヴァレリーは、話の唐突な切りかえに用意がなかった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 293
Vallery suddenly lifted his binoculars: と、ヴァレリーが双眼鏡をあげた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 42
Vallery shook his head tiredly, angry with himself: ヴァレリーは自分で自分が腹立たしく、ものうげに首をふった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 303
Vallery was unhappy: ヴァレリーも案じた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 384
Vallery was quiet, unmoved: ヴァレリーはしずかに、臆せずにこたえた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 32
With an effort, he looked away from Carslake, looked wearily at Vallery: ようやくカースレイクから目をはなし、彼はものうげにヴァレリーの顔を見た
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 138
'You're right, Commander,' Vallery whispered: 「きみの思っているとおりだ、副長」ヴァレリーはささやくようにいった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 386
Vallery winced: ヴァレリーは顔をしかめた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 271could
ツイート