× Q 翻訳類語辞典

一種  

a の訳語→ 〜のひとつも の生まれ変り の仲間である 当たり ある ある種の いい いくらか ここ さる ざっと その辺の たゞ一人の ただの たんなる でも とある という人物 とか とんだ どこかの どこぞの どれか どれかひとつの など なにがし なるじんぶつ なる名前 ひと ひとつ ひとつの ひと筋の ふっと 一介の 一脚 一言の 一皿の 一種の 一人の 一寸 一本 一名 一夜の 何か 何某 手頃な 単独 物の 片方の

certain の訳語→ ある程度の ある程度はっきりした あれこれ いくつか いくつかの いくつも いささかの かなりの きまった さぞかし しかと しかるべき すくなからず すこし そういうこと その どこか どこそこの どことなし なにか特別な なんとなく はっきり はっきりさとる はっきりして はっきりわかっている ひんぴんと まぎれもない まず まちがいない やや よっては わかる 一定の 一部 一面で 何かしら 何となく 確実 確信 感ぜられる 間違いない 疑いない 決まっている 語気が強い 考えられる 思い知らされる 自信ありげなようす 自信がある 捨て難い 少々 少し 深く 多少の 定められた 二つ三つ 不審な 癖である 別の 妙な

kind の訳語→ 〜なところ いう そんな たぐい たぐいの ちょっと〜な といったような なかなか なにかしら なんだか まるで めいたもの もの やさしい ような男 タイプ 意味 何らか 気のいい 懸念の 好み 親切 親切そうな 親切で 親切な 親切に 人のいい 性格 大切に 暖かい 仲間

little の訳語→ 〜に過ぎる めく あまり降らない いくぶん いささか いっかな いまいち〜ない お寒い かすかな かろうじて くだらん こじんまりした こぢんまりとした こまごまとした ささやかな さほどの ずんぐり そこそこ それとなく たわいない ちっちゃな ちっとやそっと ちと ちびの ちょいとした ちょこんと ちょっとした ちょっとばかり ちょっぴりの ちらっと なおも なにか ばかり ほとんど〜ない ほのかに ほんの軽く みじんも〜するものではない ろくすっぽ ろくな〜もない わずかに チビ チビの 一口 下らん 希薄な 幾分 叫び 狭い 狭苦しい 軽い 軽く 軽少な 限られた 今少し 細い 次第に 小さく 小さな 小ぢんまりと 小ぶり 小ぶりの 小型 小体な 小柄 小柄で 小柄な 少しだけ 少しなりとも 少しばかり 少なからず 心持ち 申しわけばかり 素敵な 多少 短い 程度の 田舎の 到底 不思議な 乏しい 頬をほころばせる 幼い ...

riff の訳語→ でまかせ まね テーマ リフ リフを演奏する 気のきいたことを即座に言う 主題 主題の繰り返し 早口で即座に出る気のきいたせりふ 早口で即座に出る気のきいた言い回し 大ぼら 反復楽節 反復楽句 変種 話が脇道へ逸れること 話の脱線

some の訳語→ 〜かなにか か何か というもの みたいなもの ある者 ある人 いいしれぬ いくばくの いささかの収入 いろいろ おあまりの か何処か ごろ さまざまな ざっと〜ぐらい そこらの その位の たいした たっぷり ちょくちょく どういう どこかの誰か なかには〜ものもある なにがしかの なんか なんとか まあ むかし もう少し やや〜そうに ようなもの よほど高価な 或る 一つ 一掬の 一端 一度ならず 一部では 一部には 一部の 一部の〜 一面 何かの 何か形のある 何と大した〜ではないか 何らかの 何故か 何処か 何人か 何度か 僅かな 結構な 向き 時として 少々の 少しは 少量の 人によっては 人もあり 数あるなかには、〜もある 多少とも 多少なりと 内外 二、三 薄々 比較的 余り ...

そのほかの「一種」で始まる語句・表現

一種の〜にも似たもの 一種特別の 一種特有の 一種独得の 一種独特 一種独特の 一種異様 一種異様な 一種言いようのない 一種近寄り難い 一種雑然とした