× Q 翻訳類語辞典

の  

about の訳語→ 〜がどうの たつかたたぬに とあまり違わない なんて にまつわる に関する に向かって のことをめぐって の件で の点 の領分である ほど をさかなにした をだしにして をほのめかす 寸前の 前後 あまり あまりの いましも いよいよ かかる かける かれこれ がた がらみ くらい くらいの ぐるりと けはい さして ざっと ざっと数えて せいぜい そこそこ そろそろ といったところ どうのこうのという なんだかんだと ばかしの ばかしも ばかり ほどの ほぼ ぼちぼち まつわる まで 云々の 恰好 危うく 近い 際立った特徴 時分 前後して 前後だ 前後の 同然 様子

all の訳語→ 〜ずくめ だけが という〜 人が〜人とも あとかたもなく あらゆる ありたけ ありったけの あれこれと いかなる いずれも いっさいがっさい いっせいに いつも いろいろ いろんな おしなべて かぎり かたっぱしから きれいに けっきょく こぞって これこそ こんな さんざん すっかり すべての すべては ずっと ぜんぜん そこらじゅう そっくり残らず その他もろもろ それぞれ そろって たいへんな ただの〜にすぎない だけ だらけ だれにも つくす どう どおし どこまでも どのような どれも どんどん どんなに なにもかも なによりも なんとも のこりなく ひたすら ひとり残らず ほんとうに みな みんな〜ばっかり みんなで もっぱら もろもろ やる よく ゴマンとある 一ぺんに 一手に 一斉に 一切すべて 一同 一文残らず 何から何まで 何もかも 各種の〜のたぐい 寄ってたかって 懸命な 権化 今までの 際限なく 四方 手当たりしだい 出來るだけ 上から下まで 申し合わせたように 数々 世の中 洗いざらい 全員 全身の 全部 全部ひっくるめて 総出で 体じゅうの 大きな 大勢の 誰の目にも 逐一 度重なる 猫も杓子も 風物 並いる 片っぱしから 片っ端から 万事 本性 要は 例外なく 連中 話のすべて ...

as の訳語→ 〜ところで うちに ころになって ざま し、〜する しかたに似ている したちょうどそのとき したところ した瞬間 して している前で するあいだ するうち するうちに するたびに するなかを するなり するにつれ するほど する間に する直前 だが という理由で ところだった とともに と同時に ながら ながらの にさも似たりだ に似た に劣らず のころ のなか のように の頃 を勤めながら 然として 通り 流に 流に〜すれば せいで えてして おいて おなじだ おなじように かけ かぶって からね こう こと ころ さえ さながら ざまに しな そのあいだに そのあと その拍子に そばから そんなところへ たびに だと言う つれて でもあるかのように といった名で ときに として としての立場から言えば とたん とまあ、見てのとおり と言って どおり どおりだったから にも のに はずみに ひけをとらぬ ひどく まさしく〜ごとく まさに また まま ように らしい 何分にも 具合に 従えば 瞬間 折しも 前で 態度で 代わりとして 直後に 途中 同じ 如く 拍子に 標榜する 負けず劣らず 並み 並みの 変わらない 例にもれず

business の訳語→ 〜というのが いきさつ いざこざ お店 できごと ほう まね やってること やりとり やり口 やるべきこと よからぬもの サラリーマン ビジネス ビジネスのやり方 ビジネスマン 一件 営み 稼業 会社 肝心の話 関係 企業 業界 勤め 金を儲ける 経緯 経済 経済界 経済人 経済的 計画 権限 権利 見せかけ 行為 作業 仕事 仕事の 仕事の上で 仕事ぶり 仕事上の 使いもの 使命 市場 資格 事業 事件 事務屋的 事務的な 治療相手 実業 実業界 実務家 手はず 出来事 所作 所用 商い 商売 状況 職業意識 心づもり 正業 狙い 騒動 代物 店のあがり 頭に浮かんだこと 任務 納入 買物 売上げ 犯罪 物事 本題 問題 用向き 用事 用談 冷静 話の中心

from の訳語→ 〜からやって来た から遠来の から寄せられた から仕入れた だから としての によると に関係した に出てる のかぎりでは のかなたから のせい のために を起こして を代表して 関係の 産の から から借りてきた すぎれば なかから みると ゆえに 見ていると 限り 限りでは 手前 手前で 出身 先を 伝いに 発信 範囲で 方から

in の訳語→ 〜あたりで しては〜する なので なら にいたとき においては にくるまったまま にすがって には に身をかためる に身を固めた のうちに のこもった のさなかに のまっただなか の結果 の最中に の上に の表情で の面持ちで もたっているので をえがいて をかぶって をやっている を経て-- を借りて を振り返って を突っかけた を浴びて 以内におさまっている 後には 時代 署の 単位で 内の あと〜で いった調子で いでたちで おさめる かけた かけたまま さなかで さなかに ただなかで つっこむ では とって となると とらえられた なかに なんざ ひるがえして ふくまれる まぎれて まださなかにある まとう まともに受けて ままで まみれて まるで〜よろしくという格好で みなぎる もすれば わたって 陰に 格好 見て 見舞われると 混じる 際には 姿の 乗る 身を包んで 巣くう 巣くっている 着たまま 点で 登場する 入りこんでしまう 入れてある 忍びこむ 費やして 表情で 満たす 未決 泛ぶ

like の訳語→ 〜がえてしてそうであるように しているような じみた する思いだ という といったおもむき といった雰囲気で とか とも と同じように なみに にも似て に似て のか のつねとして のふりをして のような恰好で の態度で の例にもれず みたいなもの やその手の らしく を思わせる 張りに 例に漏れず あたかも いいと言う いかにも いやな顔はしない うける うれしい おなじ おもしろい かなんぞのように きらいじゃない このましくおもう こんなに さしずめ さながらに そうであるように その手の たとえていてば たとえば〜のように だけでなく というと とかなんとか とばかりに なかなかいい気分 ならって ひいきにする ほとんど まねる まるで〜みたいに みたいなの もどきに ような類の よからずと見る よろしく らしき 意志 意味で 楽しむ 感心する 含めて 嬉しい 気に入る 興味をもつ 見まごう 好きだ 好きになる 好ましい 好みに合う 好意 好意をもっている 好意をよせる 好意を持つ 好感をいだく 好感を覚える 参る 思わせる 似た 似ている 心を惹かれる 選ぶ 対をなす 大歓迎 虫が好かない 同じだ 同様 同類 得手 匂いがするような 如くに 買っている 匹敵するものだ 平気 慕う 望む 目がない 要請する 例に洩れず 彷彿させる ...

news の訳語→ みやげ話 ニュース ネタ 紙面 情報 知らせ 知る 天気予報 報告 報道 訃報

of の訳語→ 〜にわたる を有する 在住の あふれる ありがちな おもわせる から生じる かんする なみの 現れる 特有の 独特の

purpose の訳語→ ため ためらいのない なにか思うところ 意味 機構 決意 魂胆 人為的 必要 目的 目的意識 目標 要領 理想 理由

something の訳語→ 〜じみたもの というような意味のこと のような存在 めいたもの ある感覚 ある程度は いくつかの いくばくか いくらか いくらかは足しに うっすらと これ すごい たいしたやつ ちょっと ちょっとした ちょっとしたこと ちょっとしたもの つねに ところ とてつもないこと どこか どことなく なかなか なにか なにか〜こと なにか〜なこと なにかしら なにごとか なにやら なにやらの なんだか なんであったか なんとか なんらかの措置 はしくれ ひとかどの ひとかどの〜 ひとこと ひとつ めぼしいもの もしものこと もの やつ コツ モノノケ 悪くない 意地悪 一端なりとも 英才 何々 何か 何かしら 何かひとつ 何とか 何となく 何とはなく 何ほどかのもの 何やら 何やら〜するもの 何らか 何事か 価値あり 過ぎ 概略 材料 算段 事柄 出たもの 真似 凄い 相当なもの 多少 大した 大物 特別 物質 物体 雰囲気 有望な線 余韻 要素 話題 憑きもの

than の訳語→ 〜と違って どころか どころじゃない どころではない もしない 以上に ないがしろにして よりかは わりに 以下の 輪をかけた

though の訳語→ 〜しているくせに すると だというのに だとしても とはいいながら と前置きしたうえで ながらも にしても のわりには ああ いいえ いや しかし しかしながら しかも そして それでも それにしても ただ ただし だけどね だだし ではあったものの でも というのに といっても ところが とにかく どうも何だね ないにしろ むろん もっとも 元来〜であるが 他方 第一 反面

to の訳語→ 〜すべき するべく する思い入れで する手段として にあてる のほうは の奥にむかって の方角を あてがう につれて 宛の 宛先 遣った 向かって 手に 承知で 目当ては〜

with の訳語→ 〜がある が行けば したまま しつつ つつ と同席する と話していると に接する のことで のそばに のばあい の状況で の前に の並んだ まじりに をかけた をこめて をはたいて を引きずって を携えて を持ち出して を習った を従えて を相手にして を並べて を連れた ともに暮らした 手にして あれば おかげで かかっては こめる さげる それも〜 たたえる ついている つけた との とりつけられている による まじえて まじりの まといつかせて もって わりには をもってすれば 下げて 会談する 関する限り 掲げた 携えて 兼ね備えた 嫌悪 限って 向こうにまわして 構えている 思いで 持ち主 借りて 手に持った 受けて 従えて 従って 重なって 浸っている 組んで 組織して 相対している 蔵している 適用する 添えて 添える 当たる 同伴で 漂わせている 漂わせながら 付け合わせる 並んで 片手に 満載して 用いたる 用いる 連れだって 泛べながら 籠めて ...

wonder の訳語→ 〜かな、って思う あきれ返る あらぬことを考える いぶかしむ いぶかる うかがう うたぐる おびえる かね きょろきょろする ただいぶかるばかりだ だろうか ちょっと不審に思う つい考えてしまう つくづく考える とまどう どう考えても解せない なんで〜かしら ふしぎな気になる ふしぎな気持に襲われる ふと考える ふと思う ぼんやりと考える わからない わからなくなる わかりかけていながらもう一歩のところで判然としないもどかしさ 唖然 一級品 解せない 怪訝でならない 勘ぐる 感心 感動 危ぶむ気持ちが起きる 危惧する 気がかり 気にかかる 気にかける 気になってならない 気になる 気をもむ 気を揉む 気んなってしょうがねえ 記憶を探る 疑う 疑念を捨て去ることができない 疑問がおこる 疑問が頭にうかぶ 疑問に襲われる 疑問をいだく 疑問をもつ 疑問をわかす 疑問を持つ 疑問を抱く 興味がある 驚きの色 驚く 驚異 屈託する 恵み 御不審 好奇心 考えあぐねる 考えてしまう 考える 賛嘆する 賛嘆の思い 思いあぐねる 思いをする 思いを巡らせる 思いを馳せる 思い巡らす 思う 思案する 思案に暮れる 自分ながらふしぎだ 自問する 首をかしげざるをえない 首をかしげずにはいられない 首をかしげる 首をひねる 首を傾ける 首を傾げる 小首をかしげる 省みる 想像する 頭をひねる 頭を悩ます 内心首をかしげる 入道 悩む 判然としない 不思議 不思議さ 不思議な衝動 不審に思う 物珍しさ 夢見る 目を瞠る驚き 問いかける 理解 理由をつかみかねる


Tweet