× Q  ?  翻訳訳語辞典
bird

主要訳語: 小鳥(4)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ヘリ
   
rescue bird: 救助ヘリ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 242

小鳥
   
one’s breathing is as quiet as a bird’s: 小鳥のようにひそやかな呼吸ができる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 358
bright-colored bird: 極彩色の小鳥 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 18
be sort of like a furtive bird: 人目を盗む小鳥のようなところがある プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 73
a large stone bird bath: 大きな石でできた小鳥の水浴び場 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 60
   
This bird Koechell--I been looking for him: この男、コーチェルだが−−おれはこいつの行方もさがしている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 244
birds: 男ども トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
   
thump the bird on the top of its head: 鳥の頭のてっぺんをこつんと叩く カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 30
the high bird cries of the vendors: 鳥がさえずるような売り子の甲高い声 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
鳥さん
   
my bird my love: 鳥さん好きよ、大好きよ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 271

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

two birds with one stone: 一石二鳥 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 89
this old bird: この老人 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
terribly shy bird: 極端に内気なはにかみ屋 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 7
flip the bird: 中指を立てて「ファック・ユー」のサインを出す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 22
bird dog: 猟犬 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 247
all-unknowing little bird: 無知のひよわい小鳥 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 138
strictly for the birds: きいてあきれる サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 6
be too downy a bird to do ...: (人は)さるもので〜しない ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 301
perch there with the balance of a bird: 小鳥のようにそこにチョコンととまって体の中心をとっている カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 47
breed bird dogs: 猟犬を飼う デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 377
a bird-cage chest: 胸の骨は鳥かごのように浮き出している プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 101
bird-table:鳥寄せ台 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 250
a bird with a broken wing: 羽の傷ついた小鳥 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 276
the cry of a bird: 鳴き騒ぐ鳥の声 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 106
it is not that the bird is disquieting in itself: 気味の悪い鳥ではない 川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 11
make the sound of a bird in sb’s ear: (人の)耳もとで小鳥のさえずりを始める プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 267
strange, erratic bird: 奇矯な、狂おしい鳥 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 35
one might fancy a huge black bird that ...: まるで大きな鳥が、大きな黒い鳥が〜しているやうな ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 74
their giant hardwood tops propped open like black bird wings: 巨大な硬材の蓋が黒い鳥の翼のように開かれていた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
all huddle into the back of the bird coop: 小屋の奥の方にかたまってひっそりと身を寄せあう 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 34
just the cooked bird itself: 調理された鳥がただぽつんと ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
She kept the clock, too, dead bird and all, for a while: 時計は鳥の鳴かぬまま、しばらく妻の手もとで大事にされていた フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
limp bird: 生温かくぐんにゃりしていた鳥 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 169
be a night-bird: 夜がおそい ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 336
Without a word the bird-catcher took a small piece of paper from his pocket: 鳥捕りは黙ってかくしから、ちいさな紙きれを出しました 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 91
sb reminds me that the real cuckoo bird in the deal was ...: (人は)この話のなかの本当のカッコウは...だと言っているのだ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 149
He hunched his back slightly, like some sort of strange, erratic bird: やや背を曲げて、奇矯な、狂おしい鳥のようだった 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 35
slow-witted bird: 血のめぐりの悪い鳥 ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 71
be such an unholy bird: またとない悪党の鳥 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 9
a tough old bird: したたかな老人 ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 475
wild as wild bird: 野鳥のように奔放だ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 91
ツイート