× Q 翻訳訳語辞典
見る   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
acknowledge
   
頑として(人の)ほうを見もせず: determine not even to acknowledge sb トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
behold
    辞遊人辞書
blink
   
〜はいい、目をしょぼしょぼさせて(人を)見る: say, blinking lazily at sb ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 146
catch
   
きらめきを見る: catch the gleam winking トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 122
check
   
すでに見てある: have already checked フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 43
confront
   
啓示的な、実に金ぴかの「究極の幸福」の幻を見た: all present confronted the glittering phantom of ultimate happiness 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 176
consult
   
時計を見ながら脈を取る: find the pulse, then consult one’s watch カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 128
decide
   
自分の出番と見る: decide it is one’s turn to speak クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 400
detect
   
(人の)事務屋的眼光は〜を見る: business eye of sb detects ... ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 182
discern
   
はっきり見える: can be easily discerned フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 27
examine
   
〜をよくよく見ると: more carefully examining ... ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 38
expect
   
この種の病人に見るふるえが少しも筆の運を乱していない: sb’s handwriting shows none of the hesitancy which one might expect 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 72
eye
   
(人を)油断のない見定めるような流し目で見る: eye sb with an appraising and wary leer ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 332
find
   
日本人の間にかなり広く見られる: be fairly commonly found among the Japanese 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 123
follow
   
(人を)見る: follow sb プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 142
gauge
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 141
gaze
   
いとしみをこめた眼で(人を)見る: gaze upon sb mildly ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 45
get
   
こんなスカウティング・レポートを見たらどうします: What would you do if you got a scouting report like that? プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 42
glance
   
ちょっと(人の)顔を見る: throw a glance in sb’s direction 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
glare
   
ぎくしゃくした動きで順に周囲を見まわす: glare round in stiff phases ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 71
inspect
   
こんなところを人に見られたらどうしよう: What if they come to inspect? フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 179
inspection
   
よく見ると: on further inspection クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 47
judge
   
普通の人から見れば: judged by the standards of a normal person 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 195
long
   
(人を)じっと見つめる: look at sb for a long moment デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 375
look
   
よくよく見ても: when look closely トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
measure
   
反応を見る: measure sb’s response トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 290
notice
   
さっき見た肖像画の顔に泛ぶ得体の知れぬ表情: strange expression one had noticed in the face of the portrait ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 136
observe
   
物事をはっきり見る: observe things clearly トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 111
peer
   
うれしそうにまわりを見まわす: peer gratefully around one ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 23
peg
   
(人には)警官としての資質はないだろうと見る: peg sb as bad cop stuff エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 156
picture
   
おまえがそんな真似をしてるのを見る: picture you doin’ it タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 121
read
   
(人の)表情を見る: read sb’s look トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 20
realize
   
〜を見る: realize that ... 大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 6
reckon
   
(人の)見るところ: by one’s reckoning トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 70
recognize
   
そこに最大の皮肉を見る: recognize the greatest irony of all クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 532
regard
   
しばらくのあいだ黙って(人の)顔を見る: regard sb quietly for a moment ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 542
scan
   
見て頭に入れる: scan and memorize クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
scrutinize
   
〜をじっと見る: scrutinize carefully ... 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 39
see
   
幽霊でも見たような顔をしている: you look as though you’ve seen things ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 128
seem
   
不幸につけ幸福につけ、傍から見ればいつも理由の薄弱なこの人の: though one’s reasons for sorrow or joy rarely seem convincing to the observer 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 118
sight
   
見ただけで気を失う: the very sight of it would make a strong man faint 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 7
size
   
性根を見る: size up one’s nature 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 435
spot
   
つまようじをつんと上向きにくわえて、それを見せびらかすようにしてる選手も見たことがあるな: I have spotted a player who sports a toothpick at a cocky angle プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
stare
   
〜の窓から外を見る: stare out of the window of ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
state
   
いくらひいきめに見ても: to state the case as mildly as may be ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 315
study
   
しみじみと写真を見る: study the photograph more closely フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 28
suggest
   
〜と見て過言ではない: it is no exaggeration to suggest that ... 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 55
surmise
   
〜と見ている: one surmise that ... フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 81
survey
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 109
turn
   
突然、〜の方を見る: turn all at once toward ... 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 37
view
   
(人を)疑いのまなこで見る: view sb with suspicion トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
wait
   
まあ見ていろ: just wait トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 128
watch
   
同じ場面を19XX年に、混乱し、怒りを感じながら見た: watched this footage back in the daze and fury of 19XX ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 553
witness
   
(人の)成長を見る: witness the coming of age of sb トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

見る: be the judge
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 234
見る: stare at
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 112
ひとを見る目だけは、育ててきた: if nothing else, one value one’s ability to judge other people
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 165
しかも、(人が)今やこじあけにかかったのを見ると: and see sb about to wrench sth open
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 293
空から見ると世界は変わる: the world looks different from above
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 391
見るともなしに:absent-mindedly
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 211
ちょっと見ると、ばかばかしいほど簡単だ: it seems absurdly simple
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 169
地獄をかいま見る: have a glimpse into the abyss
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 143
映画で見るとおり、〜: the movies are accurate: ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 134
知っている顔を見ると挨拶する: acknowledge the people one know
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 196
よく見ると:actually
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 25
たいしたもんだというように、ちらちら(人を)見る: snatch admiring glances at sb
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
〜と見るまに: immediately after ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 49
(人を)以前に変らぬ一人の男と見る: look sb as a man again
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 51
状況不利と見る: see that the case against sb is so strong
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 190
(人を)〜にぶつけて様子を見る: put sb in against ... to see what happens
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 156
あっけにとられたようにぽかんと口をあけて(人を)見る: look at sb, one’s mouth agape
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 390
(人の)成長を見る: witness the coming of age of sb
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 102
信じられないというように唖然として(人を)見る: look at sb, aghast
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 181
目がじっとまっすぐ前方を見る: the eyes stare straight ahead
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 151
よっぽど汚らわしいものでも見るように(人を)まじまじと見つめる: look at sb with an air of the deepest disgust
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 134
(人の)ぎらぎらしている目を見る: catch sb’s alert glance
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 107
(人の)中に自らの分身を見る: see something of oneself coming alive in sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 180
年じゅう〜を見る: see sth all the time
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 78
(人の)顔をとくと見る: look at ... all right
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 266
〜をとっくりと見ることができる: allow oneself a good study of sth
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 12
大目に見る: make allowance
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 246
ただでさえ〜を見るのが余り好い心持ちではない: have already come to regard ... with some discomfort
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 207
〜を見ると〜は〜するしかないという結論に達する: leave no alternative to ... than do
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 221
年寄りの脛って、海辺やなんかで見るけど、きまってなまっ白くって、それに毛が生えてないみたいに、つるんとしてやがるじゃないか: Old guy's legs, at beaches and places, always look so white and unhairy
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 14
見るたびにぎょっとする: always surprise sb
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 102
見るからに従順そうに: look amiable
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 194
〜している(人を)可笑しそうに見る: seem both surprised and amused when one sees sb doing
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 44
が、そのたびに目の前に見る正真の(人の)姿に、ハッとなっては、いっそう強くすがりつき、いっそう強く恐怖に震える: and then one cling to sb’s real presence and tremble more
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 189
つと(人の)顔を見る: and look at sb
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 154
見るからにかんかんに怒っているようす: evidently sb is very angry
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 108
ぶれいな、と見る: feel a little annoyed
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 10
口をつぐんで、長いあいだ(人の)顔をじっと見る: study sb’s face for many moments before answering
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 112
物を見る目が違う: can provide an answer to one’s own question
暗い明かりの中で見ると、立派な骨董品だ: in the dim light it gives off an appearance of antiquity
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 477
おびえの影をちらりと浮かべた瞳に力をこめて、(人を)見る: look at sb with earnest and slightly anxious eyes
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
見るからにフリークのなりをしたその女: an apparent freak
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 259
はじめて〜を見るように: for the first time apparently, sb notice ...
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 13
見るからに〜そうな:apparently
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 104
見るまに生気のなかった幼児が息を吹きかえし、けたたましい泣き声をあげる: bring the apparently dead child swiftly and noisily back to life
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 78
見るからに怪しい状況: a very unlikely appearance
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 170
見るからにイギリス人の風貌: a patently British appearance
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 259
自分自身にもこんな術をほどこせたらどんなにか素晴らしいだろう、と夢見る: wonder whether it is an art one might apply to oneself
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 114
おやというように(人を)ちらりと見る: glance at sb apprehensively
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 501
〜のほうをこわごわ見る: glance apprehensively at sth
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 112
よしよしという顔で見る: look on approvingly
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 158
機を見る: as the occasion arose
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 96
〜を想像して見るといかにも不憫だ: the thought of ... arouse sb’s compassion
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 272
見るからに〜然としている: look as one should look
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
〜なんじゃないの? という眼で(人を)じっと見る: look at sb as if ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 187
見る見る: even as one watched
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 85
〜が見るところ: as sb see it
〜を透かし見るような眼つきだ: as if sb expect to see ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
〜から見るかぎり: as far as sth is concerned
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 275
〜を見ると、いままでに経験したことがないほど強く自分をあさましく思う: never felt more heartily ashamed of oneself in one’s life than when one saw ...
自分の頭がどうかしたのではなかろうかと疑って見る: ask oneself whether one has lost one’s sanity
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
うまくいっているかどうかを見るひとつの目安: one aspect of success
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 46
(人を)じっと見ている: be assessing sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 192
〜と見る: assume that ...
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 94
(人を)甘く見る: assume sb be a fool
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 120
あきれたといった風に(人の)顔を見る: stare at sb in astonishment
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 82
政治を見る目はすぐれて鋭い: be a highly astute political observer
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 347
〜しようとする(人の)魂胆だと僻目に見る向きもある: charge that this is merely an attempt by sb to do
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 93
じろじろ見て彼をますますその気にさせる: encourage him with one’s attention
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 125
(人に)対する他人の反応を見ること: the attention sb attracted
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
仔細に見る: examine sth more attentively
三島由紀夫著 ドナルド・キーン訳 『宴のあと』(After the Banquet ) p. 36
話を聞こうとばかり(人を)見る: offer audience to sb
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 306
実物を見る: have an authentic encounter
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 336
〜を見ると、本当に偉いと思う: live in awe of ...
見るも無惨な光景: it’s an awful sight
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 90
(人と)(人の)顔を交互に見る: look back and forth between sb and sb
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 213
(人の)顔と(人の)顔を順番に見る: look back and forth between sb and sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 265
ちらっと(人を)見る: glance up barely
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 291
様子を見る: touch base
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 57
(人が)テレるほどしげしげと〜を見る: gaze at ... until sb feels quite bashful
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 63
見るからに強そうなお侍だ: he looks like a tough bastard
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 42
〜を見るのが辛い: can not bear the sight of ...
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 126
まれに見る美人: an exceptional beauty
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 280
まもなくブラウンがあなどりがたい強打者であることがわかると、周囲の見る目も違ってきた: The suspicions about Brown quickly eased because he was a formidable hitter
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 62
〜した頃から見るとずっと成人する: become more mature since ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
だが、見るまでもなく、彼にはわかった: But he knew who it was before he saw him
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 472
〜は始めて見る: never see sth before in one’s life
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 139
自分の眼で見るのはこれが初めてだ: don’t think sb have ever seen sth before
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229
(人の)厳粛な顔は、見る者を惑わせる: sb’s solemnity is beguiling
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 96
日裏から見る: with the sunlight behind sth
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 53
見るも気の毒なくらいだ: be pitiful to behold
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 68
見る人:beholder
辞遊人辞書
見る人しだい: be in the eye of the beholder
ただし(人の)見るところ〜: though it’s one’s belief ...
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 54
ツイート