× Q 翻訳類語辞典

ぜんぜん  

all の訳語→ 〜ずくめ だけが という〜 人が〜人とも あとかたもなく あらゆる ありたけ ありったけの あれこれと いかなる いずれも いっさいがっさい いっせいに いつも いろいろ いろんな おしなべて かぎり かたっぱしから きれいに けっきょく こぞって これこそ こんな さんざん すっかり すべての すべては ずっと そこらじゅう そっくり残らず その他もろもろ それぞれ そろって たいへんな ただの〜にすぎない だけ だらけ だれにも つくす どう どおし どこまでも どのような どれも どんどん どんなに なにもかも なによりも なんとも のこりなく ひたすら ひとり残らず ほんとうに みな みんな〜ばっかり みんなで もっぱら もろもろ やる よく ゴマンとある 一ぺんに 一手に 一斉に 一切すべて 一同 一文残らず 何から何まで 何もかも 各種の〜のたぐい 寄ってたかって 懸命な 権化 今までの 際限なく 四方 手当たりしだい 出來るだけ 上から下まで 申し合わせたように 数々 世の中 洗いざらい 全員 全身の 全部 全部ひっくるめて 総出で 体じゅうの 大きな 大勢の 誰の目にも 逐一 度重なる 猫も杓子も 風物 並いる 片っぱしから 片っ端から 万事 本性 要は 例外なく 連中 話のすべて ...

bit の訳語→ いくらか いささか かすか かなりの きれっぱし きれはし こころなしか しばらく すこし だいぶ ちょいとのま ちょっと ちょっとばかり ちょっぴり どこか〜臭い なにか なんだか なんとなく はした ぼんやり もどき やや 一画 一向に 一瞬 一節 何やら 記述 所々 小さな 少々 少し 寸々 風味 毛筋ほども

ever の訳語→ 〜したおぼえは? したためしがあるか あくまでも あとにも先にも いずれ いちどでも いつになく いよいよ かりそめにも ついぞ ほんとに ますます 暇なく 後にも先にも 根っからの 史上 生まれてこのかた 絶対に 相変わらず 断じて 底抜けに

never の訳語→ 〜したこともない したためしがない したためしはない ない主義でして はたえてない いかなるときも いくら〜しても いささかも〜ない いちども いっかな いっこうに いっさい〜しない いっときも〜ない いつでも いつの場合も いつまでたっても〜ない いなかった いまだに いまのいままで かいもく かつて〜ない きざしもない しまい じまい ぜったい そよとも それきり〜しない それぎり ただのいちどもない ためしがない ちっとも ちっともない ついぞ〜ない ついに ついに〜しなかった ついに一度も〜しない つゆ〜ない とうてい とうてい〜しきれない とうてい〜ない とうとう とても とてもとても どうしても どうしても〜しない どうしても〜できない どうしても〜ない ない なかった なかなか〜ない なれない のぼらない ひとことも ひとつも〜しない まず〜しない ません まったく まったく考えられない まるで〜ない めっそうな もともと〜でない ゆめゆめ〜ない よもや ろくすっぽ わかんなかったなあ わけじゃないの 一ミリも〜ない 一生 一滴だって 一度も 一度も〜しない 一度も〜なかった 一度もない 永遠に 縁のない 何度聞いても〜ない 皆無 皆目 頑として〜ない 禁物だ 金輪際 金輪際しない 決して 今まで〜ない 最初から 最初から〜ない 試しがない 瞬時も〜ない 生まれてはじめて 生まれて初めて 絶えてない 絶対に〜しない 絶対に〜できない 絶対にやらかさない 絶対にやらない 賭ける 到底 二度と 片時も〜しない

nope の訳語→ ありえない いや 全然 駄目だ

real の訳語→ 〜のなかの〜 らしい いかにも いちばん いっぱしのまともな いつわりではない いやに うんと えらい えらく かえすがえす きびしい ぎりぎり これといった これは本物だと思われるような さっぱり さも しっかり じっさいの すげえ それはそれは それはもう たいした ただただ ちゃんと ちゃんとした とびきり とんでもない とんでもなく どう見ても なかなか なまなましい ひどく べつだん ほんとうの意味での ほんとにほんとに ほんとの まさにあつらえむきの またとない まとまった まともな まともに めちゃ もう もういっぱしの ものすごい やはり、なんと言っても よほど よほどの 一人前の 一端の 一番 一番の 何の 外にあらわす 格別 格別である 確実な 掛け値なしの 気のきいた 偽りない 現実 現実に存在する 現実的 現実的な 現実味 最先端 実に 実際に 実際に起こった 実際の 心からの 心底 申し分ない 真の 真剣に 真髄 真相 芯から 身に迫る 正真の 正真正銘 正真正銘の 生々しい 生きている 生みの 生身の 絶好の 存在する 大いに 大事な 地に足のついた 典型的な 天人ともに許さざる 非常に 非常に大きな 腹を割った 別に 本格的 本格的に 本質的な 本職の 本当に 本当みたいな 本物 本物の 本来の

strictly の訳語→ あくまで きちんと そのもの たしかに とどのつまりは〜と寸分ちがわない ぴったり まじりっけなしの まちがいなく やかましく 一点張りの 完全に 堅固な 高度に 純粋に 純然たる 正確に 文字どおりの 万事が

whatever の訳語→ 〜はどうあれ いくばくかの いっさい ことごとく それはともかく たとえどんな〜 とにかく ともかく どうあれ どういうことか どうころんだって どちらにしても どんな どんな〜だか知らないが どんなふうに どんなものであれ なんだか知らないけどなにか なんでも なんと まるで 一片の 何か 何でもいいが 何によらず全部 出来るだけ

そのほかの「ぜん」で始まる語句・表現

ぜんぜんの ぜんぜん無名の ぜんぜん狂いがないこと ぜんぶ ぜんまい


ツイート