× Q 翻訳訳語辞典
distinction   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
そつ
   
without distinction: そつなく ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 129

区別
   
observe no distinction between home and workplace: 家庭と勤務場所との区別をつけていない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 200
appreciate the distinction: 区別がきく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 471
   
a thin distinction: 差は紙一重だ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 92
人並みではない
   
claim a certain distinction for this: これは人並みではなかったと自負している ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 140
他とはくらべようがない
   
have distinction: 他とはくらべようがない ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 71
非凡
   
the easy distinction: 見るからに非凡 ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 158
分け方
   
distinction between A and B: AとBという分け方 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 41
名誉
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 480

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

there is distinction here: こいつはちがう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
sb holds the possible distinction of being ...: 〜となったであろう人物である
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 221
make careful distinctions between A and B: AとBの見分けがつく
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 77
be a person of no particular distinction: 別に大した人物ではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 63
another distinction of ... is that ...: 〜のいいところはもう一つ、〜
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 133
There is an absolute distinction: こいつは頑としてちがう
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 77
a fine distinction: 些細な違い
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 98
ツイート