× Q 翻訳類語辞典

これまでの  

behind の訳語→ 〜のかげ のかげに のむこう のむこうに の蔭から の奥の の奥から の奥 の向こうで をあとにする をこめて を前に あとから あとには あとの うしろに そのあとには ついている むこうに やることはない 一皮むけば 奥へ 奥の 奥に 奥で 陰に 下で 肩ごしに 後から 後に 後ろ 後ろの 後ろ手に 後続の 後方 後方に 後方の 向う 車のケツ 守られて 終わった 先の 前に 釘づけ 内側に引きこもって 二の次、三の次 背後 背後で 背後に 飛び越して 裏の 裏手 裏手の

old の訳語→ 〜じいさん のやつ ありきたりの いいとし いつかの いつもの おいぼれ おとといの おなじみの おんぼろの お手のものの かっての かびっぽい しのぶ じじい ずいぶん前 それまでの としをとる ばあさん ひところのような ふるい もとの わかりきった 以前の 一人前の 往年の 過ぎ去った 記憶の 旧式の 古い 古き 古びた 古めかしい 古色蒼然 古代 荒れはてた 最初の 歳をとる 思い出の 時代物 従来通りの 上の 昔から 昔からの 昔ながらの 昔の 昔気質の 前の 大きい 脱皮した 着古しの 年かさだ 年かさの 年とって 年を取っている 年を食っている 年寄り 年寄りの 年増 年代物の 年長 年配 年配の 年老いた 肌になじんだ 由緒ある 履きふるした 履き古した 例の 齢をとる 老〜 老い 老いがくる 老いさらばえし 老いた 老いて 老いぼれ 老いぼれの 老けこみ 老けこむ 老けた 老けて 老けている 老け込む 老け込んだ 老け込んでいる 老巧 老人っぽく 老年の方に近い ...

other の訳語→ 〜をはじめとする〜 あいているほうの いくたびも いつも いままでの かえても そなたの知らない その外には その他 その他もろもろの それ以外の だれかほかの どっかの などの ほか ほかにも ほかの まだまだ まわりの みんな むこう むこうの もう一人の もう一方の やはり よその 以外に 以前とは異なった 逆の 近隣 今一つの 自分と同じように 自分以外の 新しい 新手の 世間 相手 相手の 他に 他人 仲間 同乗者 反対側 連中

past の訳語→ 〜ごしに のそばを のそばを通りすぎる を横目に かつての から ここ この これまで すぎ すぎる そばを通りすぎる もうない やりすごして よけて 以上 以前 越えた 押しのけて 横の 横を 過ぎの 過去 過去の 今までの 思い出 身の上 先まで 前から 前を 通りすぎていく 通りすぎる 無視し

previous の訳語→ この前 この前の これまでに さっきの 昨年の 先立つ

traditional の訳語→ きわめて これまで続けてきたような しきたりにのっとった つきものだ 一般的な 従来の 常套 通常の 年に一度の

yet の訳語→ 〜のくせに いまのところは いまもって が、それはさておき このごろになって こんども しかし しかしながら しかも そうかと思うと そこそこ そのうち そのくせ それでいて それでも それにしても だが だがしかし だって といって ところが ところがまたもや とて とはいえ にもかかわらず またぞろ まだ もっと もっとも やっぱり 当分 反面 目下

そのほかの「これ」で始まる語句・表現

これ これから これからさき これからどうしたものか これからの これから先 これから発達する これが これきり これこそ これさいわいに これだ〜だ これだけ これだけ〜なら これだけの これだけのこと これだと悟る これっきり これっきりにする これっぽちの これっぽっち これっぽっちも これで これでも これでやっと これといった これといった出来事はない これといった面白味のない これといって これといって特徴のない これと言って これなら これにくらべて これに反して これは これはこれは これはだめだと思う これはと これはという これはというもの これはひとつ これはまさに これは本物だと思われるような これほど これまた これまた突然 これまで これまでとちがう これまでどおり これまでに これまでになく これまでのところ これまでの人生 これまでの半生 これまでの通例 これみよがしに これみよがしに行う これも これより これより〜だ これより〜はない これを見れば〜がわかる これ以上 これ以上ないほど これ以上の これ以上の〜はない これ以上削ることができない これ努めている これ努める これ幸いと これ見よがし これ見よがしなところ これ見よがしに これ見よがしの これ見よがしの態度 これ見よがしの様子で


ツイート