× Q 翻訳訳語辞典
punch
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
なぐる
   
punch sb solidly: ゴツンとなぐる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 336
ぶつ
   
punch sb sharply on the arm: (人の)腕を強くぶつ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 355

キーを叩く
   
punch at the computer: コンピューターのキーを叩く トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
ダイヤルをまわす
   
punch 0: ダイヤル・ゼロをまわす タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 170
パンチ
   
deliver a punch: パンチをくりだす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 469
フック
   
be halfway through a roundhouse punch: 大きなフックをかまそうとする デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 25

一発みまう
   
have a momentary desire to punch sb in the face: 一瞬、(人の)鼻っ面に一発みまってやりたい衝動を覚える イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 222
一発見舞う
   
punch sb in the mouth: 口に一発見舞う レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 333
押す
   
punch sth quickly and confidently: 〜を自信に満ちた手つきでてきぱきと押す スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
殴る
   
punch sb hard: 思いきり(人を)殴る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 213
punch sb good: どんどん殴る 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 173
拳骨を振り回す
   
<例文なし> フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 237
検札の鋏を入れる
   
be duly punched: きちんと検札の鋏を入れられる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 157
打撃を加える
   
thrust out one’s fist and punch sb between the eyes: 拳をのばして(人の)眉間に打撃を加える 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 359

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the punch line: その先
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 271
punch tickets: 組織を固める
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 141
punch sb one: (人を)なぐる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 32
punch sb’s ticket: (人の)しっぽをつかまえる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
punch line: オチ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
punch away tears: はらはらと涙をこぼす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
punch sb across the ear: (ひとの)横っ面を張る
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 107
punch away at a keyboard: せわしげにキーボードを叩く
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 110
do not pull any punches: 遠慮はせんからな
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 177
deliver the rabbit punch: ラビットパンチを浴びせる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
beat sb to the punch: 先回りする
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 380
an important ticket to punch: 大事な昇進切符
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
land as sweet a punch in sb’s eye as I’ve seen: (人の)目にあんな小気味のいい一撃をくらわす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 307
the punch line: そのさき
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 271
are you mixing that other bowl of punch: おい、頼んだポンチ、こしらえてるのかい
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 248
which would make sb’s slow punch-drunk brain suspect a thing or two: そう聞きゃ、(人も)とぼけた頭でちっとは怪しむだろう
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 35
ツイート