× Q 翻訳訳語辞典
pitching
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ピッチング
   
the tremendous pitching: 艦のはげしいピッチング マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157

投球
   
wide assortment of pitching: 多彩な投球 ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 123
投手陣
   
Pitching was a perennial problem with the Red Sox, however: 投手陣がレッドソックスの長年の悩みの種だった ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 35

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

speed pitching: 速球を投げること
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 181
real pitching: 生きた球
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 236
marvelous pitching staff: 強力な投手陣
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 11
when the pitching gets really bad: 船も揺れだすと
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 111
such innocent pastimes as nickel skat or pitching pennies: ささやかな小銭を賭けたトランプ遊びやコイン投げといった罪のない博奕
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
pitching against sb: (人との)投げ合い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 440
pitching alley: ピッチャース・マウンドとホームプレートとの間
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
pitching jostling crowd: 押し合いへしあいする人込み
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 158
Page was pitching without deception on this day: きょうのペイジは、小細工などまったくなしだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 404
these strange pitching freaks: こういう変わり種投手
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
a yacht pitching in a heavy sea: 波の高い海で縦揺れをくりかえしているヨット
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 176
with their marvelous pitching staff - including sb and sb: (人)ら、そうそうたるメンバーが名を連ねている
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 11
be pitching one’s youthful passions: 若き情熱をたぎらせている
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 178
pitching performance: 投球
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
pitching rubber: ピッチャース・プレート
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
one’s own pitching days: 自身がピッチャーだった日々
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 182
be not ready for real pitching: 生きた球にはまだ手が出ない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 236
a deeper pitching staff: 層の厚い投手陣
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 379
The Yankees remained a tough team, with a deeper pitching staff: 層の厚い投手陣を擁するヤンキースは、依然として隙がなかった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 379
pitching through the head seas on her new course of 350゜, when the gate of the bridge crashed open and: 新針路三五〇を進みはじめたときだった。艦橋ゲートがいきおいよくあいて、
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 406
ツイート