× Q 翻訳訳語辞典
だろう   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
apparently
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 142
bet
   
〜と関係あるんだろう: I bet that it’s something to do with ... クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 14
deduce
   
〜したのだろう: deduce that ... デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 18
evidently
   
体の無理が重なったのだろう: and the strain was evidently too much for him 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 45
likely
   
〜だろうと思う: think it likely that ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 168
may
   
他から見たら〜にも解釈できるだろう: some may say that ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 275
must
   
〜たのであろう: must have done ... 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
perhaps
   
これが〜だろう: such perhaps is ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 122
probably
   
〜と思うだろう: probably think ... 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 125
see
   
だろう、思ったとおりだ: See, that's what I thought トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 40
seem
   
おそらく〜だろう: seem the more likely explanation クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 468
seemingly
   
その下に、よほどおこって書きくわえたのだろう、「猿は絶対にお断り」とあった: And underneath, seemingly added in a fury, 'No bloody monkeys.' ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
suppose
   
〜だろうが: I suppose that ..., but ... 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 75
surely
   
〜だろう: surely ... 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 60
think
   
それはきかずともわかるだろう: I think you know the answer クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 385

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

だろう: no doubt
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 41
だろう: don’t you think that ...?
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 14
手はじめにアル中更生会なんてのはどうだろう: how about that Thursday-night A.A. meeting over in Greenspark for a start?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
目もあてられぬことになっていただろう: would have been abject
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 150
父親としてなみはずれた心理だろうか: Are such reflections abnormal for a father?
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 56
それに向かって野球はどう対応すべきなのだろう: What was baseball going to do about it?
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 210
「だろうな」キャリントンは、うわの空でこたえていた: 'I'm sure you do,' Carrington said absently
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 423
〜にすっかり気が行っていたのだろうか: absently ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 314
どんなにか官能を満たす日々であることだろう: be a period of absolute sensual fulfillment
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 71
さぞかしいやらしい顔になるだろうな: Yes, you'll look absolutely revolting
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 186
何を馬鹿なことを、とお思いだろうか: guess that sounds absurd, doesn’t it?
指定の時間よりずっと早く着いただろう: would still have been absurdly early
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 147
〜を認めるのはさほど抵抗を感じないだろう: can probably accept the idea ...
鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 136
どんなに悪い知らせだろうと驚くものではない: be resigned to accept whatever bad news lies in wait
彼ら--どう言ったらいいだろう?--つまり、われわれより偉大な存在は、われわれ地球人をねんごろにもてなしてあげるよ、と匂わせているんだろう、きっと: There's a hint of acceptance by--how to put it?--greater beings
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 321
せいぜいこの事件のわき役ぐらいのところだろう: could hardly have been more than an accessory to the crime
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 173
果たしてうまくいくのだろうか、: Could this actually be accomplished?
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 347
〜していったい何が得られるだろう?: what would that exercise accomplish?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
どうしてこんなに執着するのだろう: what accounts for one’s obsession?
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 82
不満をほかのことでまぎらわせているのだろうと言う: accuse sb seeking substitute gratification
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 181
手を打つなら打ったほうがいいだろう: If you're going to act, you'd better act quickly
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 64
彼女は性的に放縦だったんだろうか?: Was she sexually active?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 119
おそらく〜だろう: actually, one think ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 310
ちゃんと見えているんだろうかね: I wonder whether sb can actually see anything
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 20
いたずら心がむっくりと頭をもたげるただろうか(人は)こうつけくわえる: some dancing, interior imp make sb add
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
だがそれなら〜といってもいいだろう: I would add that ...
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 11
世界の富裕国の上位20位までに食いこむのはもう無理だろう: there are unlikely to be additions to the list of the twenty wealthiest countries in the century ahead
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 294
競争優位を勝ち取るために、日米欧はたがいに相手のほうこそ譲歩すべきだと言い合うだろう: In jockeying for competitive advantage, they will force each other to adjust
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 29
〜したところでなにになるだろう: what advantage could there be in doing
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 71
せいぜい〜がいいところだろう: hardly afford to do
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 82
やはり〜だろう: so ... after all
池波正太郎著 フリュー訳 『後は知らない』(Master Assassin ) p. 183
〜していたせいだろう: after ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 335
そのあとは、一週間の仕事の疲れが口実になってくれるだろう: Afterwards, the weariness of the work week could overcome him
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289
〜だろうとうるさく言う: ask sb over and over again whether ...
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 215
( 人に)かかっちゃ、〜など、目もあてられやしないだろう: would have no show against sb
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 258
世が世なら、さしずめ〜というところだろう: in another age one would have been ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 102
居合わせた一同もそんなとこだろうと言いあったが、江口はそうではないと思った: Everyone else agreed, but Eguchi thought differently
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 52
あまり--なんというか--とっつきのいい人じゃないだろう: Not a very--ah--approachable customer, is he?
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 128
(人は)その時どんなに驚愕し恐怖するだろうと思う: imagine how alarmed this would make sb
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 172
しかしトビー、全部が全部つくりごとでもなかっただろう: It wasn't all fabrication, though, was it, Toby?
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
これで文句ねえだろう?: You do all right, huh?
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 26
いったい、どこをどう押したら〜どう言葉が出てくるというのだろうか?: what is all this noise about ...?
ま、立ち上がりはそれでいいだろう: that’s all right for a start
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 261
第二面のトップにでかでかと写真が載ったことだろう: pictures all over the front page of the second section
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 50
おそらくそうだろう: in all likelihood
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 264
最初から言ってるだろう: I told you all along
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 353
たぶん〜だろう: for all one know
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 330
いったいどうしてこんな結果に終わってしまったんだろうと深く思い苦しむ: feel tormented as to why all of this has happened
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 315
理屈はそうだろう: all very logical perhaps
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 78
わかってるんだろうね: all right
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
この地上のどこだろうと: all over the planet
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 240
そうだろう、彼らは〜すればそれでいいのだ: after all, they only want to do ...
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 67
わめいていたと言った方がいいだろうな: I was almost bawling
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 70
〜したときにはすでに終わっているだろう: 〜until it’s already over
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 82
おそらくもうふけてるだろう: be probably out of town already
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 325
もっとも〜だろうが: --although ...
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 82
〜くらい時間を完璧に象徴するものがあるだろうか: have always struck me as a perfect symbol of the times
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 39
きっと度肝を抜かれるだろうよ: be confident sth will amaze you
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
と、これはどうしたことだろうか:amazingly
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 76
ざっと見積もっても一年分の給料がふっとぶだろう: it might easily amount to a years pay
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 20
なぜだろう、どうしてだろうといっぱい考えこむ: do a fair amount of soul-searching
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 212
さあ、そうなったら、〜はどうするだろうか: and what would ... do
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
するとどうだろう:and
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
そういったとたん、いたずら心がむっくりと頭をもたげたのだろうか、アランはこうつけくわえた: And some dancing, interior imp made him add
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
そうなったら最後、ぼくは考えたくもないようなトラブルの渦に巻きこまれてしまうだろう: And that could lead to kinds of trouble he didn't even want think about
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
それにしてもポリーは、なぜこんなに時間がたってから町へもどって住みつこうなどという気を起こしたのだろう?: And why had she come back here to stay after all the years?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 54
恨みはいつまでも尽きないことだろう: sb’s souls would have been in anguish
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 106
正直、また惨敗だろうと思っていた: he feared it would be another humiliating defeat
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 190
次の瞬間にも(人は)〜することだろう: in another moment sb will do ...
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 157
この世に(人の)ような女性がふたりといるだろうか: is there another woman in the world like sb
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 51
そうだろうと思って: I had anticipated that problem
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 316
〜の砲弾は一発でもあったただろうか: wonder if one have registered any hits
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 253
〜もそうだろう: any more than ... is
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 204
誰だろうと文句をいってやるつもりで: ready to find fault with anybody
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 189
だれかに見られているのではないだろうか: if anyone have noticed sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 126
それにまあ、悪用されるとしたってシステムの数からいえばたかだか何百だろう: Anyway, it's only on a few hundred systems
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
黙示録に出てくる不倶戴天の宿敵同士が野球の姿を借りて戦うと思えばよいだろうか: featuring the old apocalyptic rivalry, that baseball avatar
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
スターンが前に考えていたのとおなじことを考えているのだろう: Apparently, she now shared some of the same thoughts Stern had had earlier
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
物が落ちて--たぶん瀬戸物の小さな立像とかマグだろうが--ちりりんと音を立てるのがわれわれの耳に入った: We heard the tinkle of falling pieces--china figurines, apparently, and mugs
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 195
おそらく〜だろう: apparently ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 340
捜査令状がわいて出ることだろう: the warrants would appear
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 66
なんて馬鹿げた姿だろう: how ludicrous a sight one must appear
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 29
自分自身にもこんな術をほどこせたらどんなにか素晴らしいだろう、と夢見る: wonder whether it is an art one might apply to oneself
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 114
(人にも)異論はないだろう: sb would have approved
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 18
(人の)顔を見たらいい顔をしないだろう: would not approve of sb’s presence
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 232
〜をなんと不謹慎なことだろうと思う: do not approve of ...
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 231
まあいいだろう: as you wish
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 172
〜という気がして元気と正義感がわいてくるしくみだろう: as if they feel braver and righter knowing ...
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 42
「彼は何をよそおってくるだろう」ギラムは疑問を口にした: "What cover will he use?" he asked
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 506
もしいやでなかったら〜してもらえないだろうか: ask sb if sb will do ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
どうしてこう手間取ったんだろうと思う: ask oneself why it have taken so long
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 37
ご足労願えないだろうかという: ask if sb would come down
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
仕事のことだろうと察して、問いただすことはしなかった: She assumed it had to do with work and didn't press the point
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 260
ツイート