× Q 翻訳訳語辞典
outrage   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
けしからん
   
it is an outrage: これはけしからん ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 260

逆上する
   
Hugh had been outraged: ヒューは逆上した スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 88
逆鱗に触れる
   
outrage sb: (人の)逆鱗に触れる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 303
興奮
   
His placidity added fuel to Grigoriev's outrage: その冷静がグリゴーリエフの興奮に油をそそいだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 463
激怒
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
辱める
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
人を馬鹿にした話
   
It's an outrage: こんな人を馬鹿にした話があものか メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
腹を立てる
   
out of either eagerness or outrage: 物に憑かれたか、何かに腹を立てたかして フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 114
憤怒
   
remarkable tale of outrage and devastation: 憤怒と荒廃した心についての見事な物語 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
憤懣やるかたない
   
say in an outrage: 憤懣やるかたないといった調子で言う アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 89
無慈悲
   
the outrage and unfairness of being beat: 無意味に無慈悲に打たれたこと ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 194
話のほか
   
an act like ... is an outrage: 〜などは話のほかだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 405
癇癪
   
in Welsh outrage: ウェールズ人の癇癪をむきだしにして ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 263

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I was outraged: なんだこれはいったいどうなっているんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
be outraged: (人に)雷を落とされる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 207
be an outrage: けしからぬ
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 66
tremble with outraged dignity: いきなりどやしつけられて体をふるわせる
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 195
stare at sb in outrage: 形相すさまじく(人を)にらみつける
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 340
outrage against public order: 公序良俗を乱すもの
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 240
glare at sb in baffled outrage: どぎまぎしながら、(人を)にらみつける
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 76
be outraged that ...: 〜だと思うと、はらわたが煮えくりかえりそうだ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 53
be outraged at sb’s victimization: (人の)悲運に心を引き裂かれる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 382
the atmosphere of outrage and frustration is oppressive: 怒りと焦慮のたちこめる空気は重くよどんでいる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 125
an outrage against public order: 公序良俗を乱すもの
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 240
ツイート