× Q 翻訳訳語辞典
breeze   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おしゃべり
   
bat the breeze: あれこれとおしゃべりをする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
そよ風
   
in the sunshine and freshening breeze: 陽の光とさわやかなそよ風を受けて スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
drying quickly in the breeze: そよ風を受けて急速に乾きつつある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
ゆるやかにうねる
   
<例文なし> カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 5

苦もなくパスする
   
breeze through the membership committee interview: 入会審査委員会の面接に苦もなくパスする デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 50
   
the flame flares red and black in the breeze: 炎が赤黒く風にゆれる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 75
light breeze blowing off the water: 多少の海風 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 84
in the breeze: 風に吹かれて メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 106
flutter victorious in the breeze: 風に誇らかにひるがえる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 239
faint breeze: かすかな風 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
breeze have now utterly failed: いまは風がまったく止んでいる スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 110
an ocean breeze covers the city: 海からの風が街を覆う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 336
a dank, malodorous breeze comes blowing across ...: 臭気と湿度の高い風が渡って来る 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 168
a breeze passes: 風が渡る ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 382
風みたいなもの
   
fresh breeze come to sweep through sb: 新しい風みたいなものが体内をかけめぐる 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 93

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shoot the breeze: とりとめのない世間話をする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 313
breeze through life: ごまかしながら世渡りをする
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
a light breeze: 微風
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 135
the breeze whisks through ...: なぶるような風が、〜を通りすぎる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
sway in the breeze: ひらひらする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 97
rustle in the breeze: 風にざわざわ鳴る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 14
breeze through customs and immigration: 税関・入国審査の窓口を飄々と通り抜ける
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 9
be not fluttering in the breeze at all: 少しも翩翻とひるがえってくれない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 77
adhere to the breeze: 風ににじむ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 88
sit around drinking beer and bat the breeze: ビールを飲みながらあれこれとおしゃべりをする
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
sb’s hair blows gently in the breeze glowing in the sunlight: (人の)おくれ毛はさらさらと陽に透けて風になびく
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 7
the sky-fringed, breeze-fooled leaves: 風にそよぎながら空をふち取っている樹々の葉
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 63
clammy sea breeze: べたつく潮風
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 128
the delicate breeze: あるなしのそよ風
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 19
delicious breeze: 心地よい風
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 21
It flapped on three lines in the sunshine and freshening breeze: 陽の光とさわやかなそよ風を受け、三列にならんだ洗濯物は軽い音をたててはためいている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
flap in the breeze: 風にばたばた鳴る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 22
be flung to breeze: 微風にはびくともしない
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 17
fling to the breeze: そよ風に踊る
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 6
A faint breeze outside stirred a loose halyard above-decks: 甲板でゆるんでいる帆策を、かすかな風が揺らした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
home-made breeze: 人工の微風
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 76
almost nonexistent breeze: あるかないかの風
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 147
come floating on the breeze: 風につれて流れて来る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 103
with only a warm whisper of a breeze: あるかないかの暖かなそよ風が吹いている
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 21
a light breeze passes: 微風が立つ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 135
the rustling of the breeze: ざあざあ吹いている風
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 109
a slight breeze: ちょっと風が吹いて
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 114
slightest breeze: わずかな風
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7
a soft warm breeze: 生温かいそよ風
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 47
a stiff breeze come in from the north: 北の方からひやっとした微風が吹いてくる
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 88
Suddenly a soft warm breeze picks up: 急に生温かいそよ風が吹き上がる
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 47
warm spring breeze: 心地の良い春の風
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 195
wave in the breeze: そよ風になびく
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 48
ツイート