× Q 翻訳訳語辞典
consciousness
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
意識
   
one’s drug-suppressed consciousness: 麻酔で鈍った意識 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 200
lose consciousness: 意識が薄れる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
   
deep in one’s consciousness: 心の深いところ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 122
目の奥
   
be etched in sb’s consciousness: 目の奥に焼きついて離れない 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 55

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s own consciousness: 潜在意識
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 435
win for the proud consciousness of the well-won victory over a worthy foeman: 好敵手として堂々とした勝利を勝ちえる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 403
Western consciousness of the dual meaning of words: 西洋人が得意な言葉の二義性の認識
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 19
one’s consciousness rapidly fades: わからなくなる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
dozing in and out of consciousness: 半睡半醒の状態でまどろみつづけている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 258
stand above consciousness: 意識を超越する
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 46
without a hint of self-consciousness: まったく臆するふうもなく
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 91
But the whiteness of the coattails is indelibly etched in my consciousness: でもその裾の白さだけがいつまでも目に焼きついていて離れない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 55
expand one’s consciousness by living: 自らの才覚によって意識を拡張する
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・グッド・トリップ』(Wind's Twelve Quarters ) p. 179
pathetic self-consciousness: 湿っぽい自意識
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 367
a last dissolving remnant of consciousness: 消えかかる意識の最後のひとかけら
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 25
He was not a natural cyclist, she could tell from the self-consciousness: もともと自転車乗りでないことは、その人目を気にした乗りかたでわかる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 430
with self-consciousness: きまり悪そうに
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 270
status consciousness: 見栄
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 112
ツイート