× Q 翻訳類語辞典

一介の  

a の訳語→ 〜のひとつも の生まれ変り の仲間である 当たり ある ある種の いい いくらか ここ さる ざっと その辺の たゞ一人の ただの たんなる でも とある という人物 とか とんだ どこかの どこぞの どれか どれかひとつの など なにがし なるじんぶつ なる名前 ひと ひとつ ひとつの ひと筋の ふっと 一脚 一言の 一皿の 一種 一種の 一人の 一寸 一本 一名 一夜の 何か 何某 手頃な 単独 物の 片方の

junior の訳語→ 後輩 若〜 若いほうの 若い第二の 若手 年下

just の訳語→ 〜したて したばっかりだぜ したままぽかんと〜しているばかり なんだ に過ぎない までですよ あっさり あともう〜しかない いいから いたって いつでも いましがた おとなしく かろうじて きっと ぎりぎり これこそ ごくごく さあ さっさと しげしげと すぐ すでに そっくりの そもそも たかだか ただ、無性に ただじっと ただひたすら たった今 だけ だけに ちゃんと ちょっと ちょっぴり ついさっき つい先頃 つまり というものだ とことん とにかく とりあえず どうせ どうやら なに のこのこ のも ばかり ひょいと ふつうの ほんと、いかにも ほんの まあ まさに まず まだ まちがいなく まったくの まるで みすみす もっともな よりによって わずかに サシの 一足ちがいで 何をするともなく 簡単に 間をうめる 間一髪 近く 今ここで 今しがた 今しがた〜したばかり 今の 今度のは 最近 至極 失敗する 瞬間 辛うじて 甚だ 正義を尊ぶ 精一杯 惜しいところで 単なる〜の域を出ない 単純に 同じように 同様に 不用意に 本能に 無造作に 黙って 要するに 要するに〜というものである 脇目もふらず ...

most の訳語→ 〜盛り あらかた いかにも いちばん おおかた おおかたの おおむね おそろしく およそ きわめて このうえない この上ない この世のものとも思えぬほど これほど これより〜はない ごく しごく じつに すごく せいいっぱい たいていの たまらない だいたい とくに とびきり とびきりの とびぬけて とりわけ どうしても どうも どう考えても どこの どんな なかなか なにより なによりも なるたけ なんとも はなはだしい はるか ひとしお ほとんど ほとんどすべての ほとんどの ほとんど例外なく まことに みごとに もっぱら ものすごく よほど ろくに 一等 一番 往々 何とも 何よりの 何よりも 最たる 最たるもの 最も 最高 最高に 最大の 思いきり 捨てがたい 世にも 世の 世界でいちばん 総じて 多くの 大いに 大そう 大半 大半を占めている 大方の 頂点を極める 非常に 並の 余人

そのほかの「一介」で始まる語句・表現

一介の〜風情


ツイート