× Q 翻訳類語辞典

なにからなにまで  

everything の訳語→ あたり あとのこと あとは あらゆる〜 ありとあらゆる ありとあらゆること ありとあらゆる面 ありのまま いちいち いっさい いろいろ いろんなこと いろんなもの かぎりのこと きれいに くわしく ことごとく すっかり すべて すべて、ひとつ残らずだ すみずみ することなすこと ぜんぶ そっくり その他もろもろ できるだけ どこにも どれもこれも どんなこと なにに なににつけても なにもかも なにもかもみんな なんでも なんでもかんでも のこらず みんな ものごと もろもろの携帯品 よろず クールに見つめる マニア 一〜残らず 一から十まで 一語ももらさず 一時が万事 一切 一切の〜 一切のもの 一切合財 一通りのこと 一部始終 何から何まで 何でも 何でもかんでも 何にせよ 何もかも 何事 何事によらず 隅から隅まで、どこをとっても 見るのものすべて 見境なく 細かいところ 細大漏らさず 事情 詳しく 情勢 世界 洗いざらい 洗い浚い 全て 全部 全部のこと 全貌 逐一 片っぱしから 万物 万全 万事 様々な試み

outright の訳語→ 〜の前で あからさまな あからさまに あたりはばからず いきなり きっぱり たちまち にべもなく はっきり 口に出す 出す 積極的に 大きな 露骨に 露骨な

throughout の訳語→ 〜じゅうに の間じゅう 終了まで いつも その間ずっと ひとかたならず 一貫して 終始一貫 全域 全体で 全土に 中へ 長い〜を通じて

whole の訳語→ 〜ごと じゅう あそこいらの あまさず ありったけの ありのままの いっしょに いっぱい がらりと くまなく ごと ずっと ぜんたい そのまま そのもの そもそもの だいたい だいたいの だれもかれも ちゃんとしている どこもかも どちらか ばかり ひと ひとそろい べた一面に まるごと まるまる みななべて 一切すべて 一切の 一般 一面 一連の 完全に 完璧な 自体が 全額 全体 全体として 全般 余すところなく

そのほかの「なに」で始まる語句・表現

なに なに、どうせまた なに、静かなものである なにいってんだい なにか なにか〜は? なにかある なにかあると なにかいいようのない なにかが欠けている なにかしら なにかと なにかといえば なにかと助け舟を出す なにかにつけ なにかに惹かれた なにかに蹴つまずく なにかに驚いているような なにかのまちがい なにかの折に なにかもの問いたげに なにかを期待するように なにかを答える なにか不吉な なにか奥歯にもののはさまったような なにか実体のないもののように見える なにか思うところ なにか特別な なにか考える顔で なにが なにがあったって なにがあっても生きていく人 なにがし なにがしか なにがしかの なにがなし なにがなんだかわからない なにがなんでも なにくそ なにくわぬ顔して なにげない なにげない口ぶりで なにげなく なにげなく洩らした なにごとにもわずらわされない なにごともなく なにしろ なにしろ〜ただけに なにしろ〜ので なにせ なににもかえがたい なににもまして なにはあれ なにはともあれ なにひとつ なにひとつない なにぶん なにぶんにも なにぶんの なにも〜ない なにも〜なくたって なにも〜に限らず なにもかも なにもかもぶちこわし なにもかも任せて なにもすることがないらしく なにものか なにものにも動じない なにもわからない なにも書いていない なにも書かれていない なにも知らずに なにも知らぬ なにも知らぬふうを装って なにも考えず なにも芸のない なにやかにやと世話を焼く なにやかやと なにやかやと話しかける なにやら なにやらおそろしい なにやらおそろしげだ なにやらの なにやら書きこむ なにやら決意をうかべた なによ なにより なによりも なによりもまず なにより好きだ なにより嫌う なにをさしおいても なに恥じることのない なに気なしに洩らす なに食わぬ顔で


ツイート