× Q 翻訳類語辞典

ここ  

a の訳語→ 〜のひとつも の生まれ変り の仲間である 当たり ある ある種の いい いくらか さる ざっと その辺の たゞ一人の ただの たんなる でも とある という人物 とか とんだ どこかの どこぞの どれか どれかひとつの など なにがし なるじんぶつ なる名前 ひと ひとつ ひとつの ひと筋の ふっと 一介の 一脚 一言の 一皿の 一種 一種の 一人の 一寸 一本 一名 一夜の 何か 何某 手頃な 単独 物の 片方の

here の訳語→ いいかい いまは えい おい こうして ここで ここに ここにいても ここにいるかぎり ここへは ここら こちら こちらの世界では こっちへ この このゲームで この際 この場 この場所 この中に この辺 こんなとこ こんなところに そこ そこから先 そのば その辺を そば そろってる ただいま ちょいと どうぞ どうです なあ なかに まわりの やってみますから よし よし、これで 眼前のこと 現に 今度の事件に 次に 次は 耳にする 手もとに 当地に

last の訳語→ いちばん奥 いまの いよいよという がかり ぎりぎりの これきり しまい しまいの しんがり しんがりに しんがりの せんだって それまで つづく で終わる なごりの はずれ ぴんとしている まっとうする もっとも〜ない もつ やっと ようやく 何よりも 過去 解けぬ 去り際に 見おさめとなる 今年の 最期の 最近の 最後 最後に 最後の 最後のひとり 最後の生き残り 最後の部分 最後部の 最終 残った 死ぬ前の 切れ端 先ほどの 先刻の 先年の 続く 長つづきがする 長持ちする 直前 直前の 吐きすてる 別れの 亡くなる 末っ子 末期の 唯一の

now の訳語→ 〜が済む あたり あとは あらためて いい? いいから いい加減に いつしか いまこの瞬間 いまさら いまだから いまとなっては いまにして いまにも いよいよ おやおや が、いまは こうなっては ここから先は ここでは ここは このとき この期になって この時点で これで これでやっと こんどはやおら さあってばさ さて さてと しばらく前から すでに そういえば そうよ そこにゆくと そして そのため そら行け それでは そろそろ ちょっと とうとうきたよ ところが とりあえずは なら はじめる はやくしろ まあ まずは もう もうすっかり もとより もはや やがて よーし ようやく〜になる んーと 一刻も早く 何はともあれ 近ごろ 近頃 現在 現在では 現代では 後で 此の頃は 今から考えると 今こそ 今さら 今でも 今となっては 今にして思へば 今になって 今の 今のところ 今は 今はもう 今や 今後は 今更 今度こそ 今度は 今度ばかりは 今日 最近では 事情を聞いてみれば 早くも 待て 当面の 目下 ...

past の訳語→ 〜ごしに のそばを のそばを通りすぎる を横目に かつての から これまで これまでの すぎ すぎる そばを通りすぎる もうない やりすごして よけて 以上 以前 越えた 押しのけて 横の 横を 過ぎの 過去の 今までの 思い出 身の上 先まで 前から 前を 通りすぎていく 通りすぎる 無視し

there の訳語→ あすこに あすこは あちらで あの場 いま いる この世に そこで そこに そこの そこらを そこを そっち そっちへ そのあたり そのまま その場で その場に その辺 その辺に そら それで そんなところに できた ほうら むこうじゃ 噛んでいた 現地 四通八達している 事実だ 所定の場所

そのほかの「ここ」で始まる語句・表現

ここいら ここぞという ここちよく ここで ここでも ここで言う〜とは、〜のことである ここにおいて ここの ここのところ ここは ここまで ここまでやってくる人間 ここまで来る ここみたいに ここらで こころ こころから こころづけをはずむ こころない こころなしか こころの中で こころの働きに関する こころぼそさ こころみる こころもち こころもとないような こころゆくまで味わう こころよく こころよく思っていない ここ数年来