× Q 翻訳類語辞典

あらゆる  

all の訳語→ 〜ずくめ だけが という〜 人が〜人とも あとかたもなく ありたけ ありったけの あれこれと いかなる いずれも いっさいがっさい いっせいに いつも いろいろ いろんな おしなべて かぎり かたっぱしから きれいに けっきょく こぞって これこそ こんな さんざん すっかり すべての すべては ずっと ぜんぜん そこらじゅう そっくり残らず その他もろもろ それぞれ そろって たいへんな ただの〜にすぎない だけ だらけ だれにも つくす どう どおし どこまでも どのような どれも どんどん どんなに なにもかも なによりも なんとも のこりなく ひたすら ひとり残らず ほんとうに みな みんな〜ばっかり みんなで もっぱら もろもろ やる よく ゴマンとある 一ぺんに 一手に 一斉に 一切すべて 一同 一文残らず 何から何まで 何もかも 各種の〜のたぐい 寄ってたかって 懸命な 権化 今までの 際限なく 四方 手当たりしだい 出來るだけ 上から下まで 申し合わせたように 数々 世の中 洗いざらい 全員 全身の 全部 全部ひっくるめて 総出で 体じゅうの 大きな 大勢の 誰の目にも 逐一 度重なる 猫も杓子も 風物 並いる 片っぱしから 片っ端から 万事 本性 要は 例外なく 連中 話のすべて ...

complete の訳語→ 〜し切る あまりの おえる おく きわまる さらに完璧にする すむ そなえた できあがる どこへ行っても ならびない なんの ぱったりと ほとほと まみれる まるきり まるで やりとげる 一から十まで 一切 一通り〜をしてしまう 完投する 含めた 隙間のない 見事に 済ませる 手をつくす 終了する 書き上げる 真の 世にも 絶対に 絶対の 全幅の 百パーセント 文句のつけようのない 片付ける 明らかになった

considerable の訳語→ いかにも かなり かなりの かなり大きな すくなからず ずいぶん だいぶ なかなかいい ひとかどの 恵まれ 激しい 見ちがえるように 充分 少々〜ぐらいは 少なからず 少なからぬ 深い 人並み以上の 甚だしい 非常に 並々ならぬ 無上の

every の訳語→ 〜ごとに しない〜はない という〜から のこらず は挙って あちこちの あらゆる点で ありとあらゆる いたるところの いちいち いついかなる瞬間でも くまなく ことごとく ごとに ずつ そこかしこの そっくり たびに だれもかれも どこからどこまで どの〜でも どれもこれも どんな どんなにわずかなものであれ なかなか なべてありとあらゆる ひと ひとこと洩らさず ひとりとして ひとりひとりの まで みんなの アメリカじゅうの 一つたりとも残さず 一つ一つに 一本一本 何度となく 皆口をそろえて 細心の 残らず 事あるごとに 自分の 十二分の 尽くし 全〜 全〜ことごとく 全域 多めに 代々の 必ず 片端から 毎回 毎年 余すところなく

そのほかの「あら」で始まる語句・表現

あら あら、そう あら、そんな あらあらしい あらあらしく あらかじめ あらかじめ必要な あらかじめ決まっている あらかじめ用意してあった あらかた あらかた想像がつく あらがう あらくれ者 あらす あらすじ あらずもがな あらそい あらそう あらたな あらたまった あらたまったものになる あらたまった口調で あらたまって あらためて あらためていう あらためる あらっぽく あらぬ あらぬことを考える あらぬ事 あらぬ方向を あらぬ方角に脱線する あらまし あらましの あらましを説明する あらゆる〜 あらゆる〜に登場する あらゆること あらゆる人たち あらゆる所を あらゆる角度から論じる あられ あられもない あられもなく あらわ あらわしている あらわす あらわな あらわに あらわにする あらわになる あらわれ あらわれて あらわれている あらわれる あら挽き あら捜しする あら探し あら探し屋 あら? という


ツイート