× Q 翻訳類語辞典

たんなる  

an の訳語→ 〜というやつ ひとりぐらい ほんの

a の訳語→ 〜のひとつも の生まれ変り の仲間である 当たり ある ある種の いい いくらか ここ さる ざっと その辺の たゞ一人の ただの でも とある という人物 とか とんだ どこかの どこぞの どれか どれかひとつの など なにがし なるじんぶつ なる名前 ひと ひとつ ひとつの ひと筋の ふっと 一介の 一脚 一言の 一皿の 一種 一種の 一人の 一寸 一本 一名 一夜の 何か 何某 手頃な 単独 物の 片方の

just の訳語→ 〜したて したばっかりだぜ したままぽかんと〜しているばかり なんだ に過ぎない までですよ あっさり あともう〜しかない いいから いたって いつでも いましがた おとなしく かろうじて きっと ぎりぎり これこそ ごくごく さあ さっさと しげしげと すぐ すでに そっくりの そもそも たかだか ただ、無性に ただじっと ただひたすら たった今 だけ だけに ちゃんと ちょっと ちょっぴり ついさっき つい先頃 つまり というものだ とことん とにかく とりあえず どうせ どうやら なに のこのこ のも ばかり ひょいと ふつうの ほんと、いかにも まあ まさに まず まだ まちがいなく まったくの まるで みすみす もっともな よりによって わずかに サシの 一足ちがいで 何をするともなく 簡単に 間をうめる 間一髪 近く 今ここで 今しがた 今しがた〜したばかり 今の 今度のは 最近 至極 失敗する 瞬間 辛うじて 甚だ 正義を尊ぶ 精一杯 惜しいところで 単なる〜の域を出ない 単純に 同じように 同様に 不用意に 本能に 無造作に 黙って 要するに 要するに〜というものである 脇目もふらず ...

mere の訳語→ うっすらと すぎない すむ たあいのない たかが つい 一〜 一介の〜にすぎない 一介の〜風情 表向きの

ordinary の訳語→ ありきたりの ありふれた ごく当たり前の ざらにいる平凡な そこらの並みの どこにでもある どこにでもいそうな なんでもない なんの変哲もない ふだん ふだんなら まともな 一般 一般の 一般的な 何の変哲もない 既成の 月並み 十人並みの 常軌 身のまわりの何気ない 尋常 尋常の 世のつねの 世の常の 単なる 陳腐だ 当りさわりのない 当り前の 日常の 日頃食べ馴れている 特殊性 非日常的な 平均的 平均的な 平俗な 平凡な 並みの 変哲もない 法則 凡庸な

simply の訳語→ 〜とだけ あっさりした口調で あながち あまりにも さりげなく ざっくり じっと すっかり そっけなく そのまま ただ ただ〜するばかりである ただ〜だけだ ただそれだけ ただ単に とても とばかり とりもなおさず どうしても どうも なんとなく のだ のっけから のらりくらりと はじめ ひとこと ほんのちょっと ぽつりと ぽつんと まったく までだ まるっきり めんどうなことはせずに もう やっとのことで 易々と 一言だけ 一口 何もしないで 何も言わずに 皆目 簡にして 簡潔に 苦もなく 忽然と 思い切りよく 〜してしまう 質素な 質素に 手っ取り早く 勝手に 尽きる 素直に 単に 単簡に 単純にいって 単刀直入に 断じて 到底 頭から 文句なしに 無言で 猛烈に

そのほかの「たん」で始まる語句・表現

たんす たんと たんなる偶然 たんなる物体 たんに たんねんに たんねんに読む たんのうする たんのかたまり たんぱく質 たんま たんまり たんまりある たん瘤