× Q 翻訳訳語辞典
anonymous
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
ありきたりの
   
just one more anonymous face: ありきたりのひとつの顔でしかない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 379
めだたない
   
a anonymous sort of man: (人が)めだたない感じだ フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 138

作者不詳
    辞遊人辞書
人目に立つところでもない
   
be too anonymous: 人目に立つところでもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 380
贈り先不明の
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
中途半端な
   
an anonymous time: 中途半端な時刻 マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 131
特徴のない
   
anonymous black Ford: 特徴のない黒塗りのフォード ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 37
表情がほとんどわからない
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 311
不特定ユーザー
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 36
   
anonymous source: 某筋 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 30
名もない
   
<例文なし> イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 17

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

anonymous voices: 主体性のないいわゆる多数の声
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 138
feel anonymous and alone: 誰からも忘れられ、孤独だ
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 43
be the most anonymous: 〜なんてざらにいる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 106
police has responded to an anonymous call: 匿名の電話が署に入る
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 23
ツイート